営業組織の記事一覧

リクルート・マネーを3000万円だした、おまけにオフィスと秘書をつけて。

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

結構なタイトルでしょ、驚いた?

 

昔の話なんだけどね、30数年前に遡る。

当時の僕は教材屋の企画部長兼会員サービス部門最高責任者兼旅行代理店社長の
三足のわらじを履いていた。

 

オフィスは、東池袋、市ヶ谷、六本木と三ヶ所ににデスクを置いて。

一つの体ではせいぜい二ヶ所のオフィスにしか行けない。
しかも携帯電話なんぞの便利なものは無い、アナログ時代です。

 

そんな中で、一番気を使ったのが「リクルート」。

同業他社からマネージャーごと引っこ抜くのがリクルートだった。

 

何人の部下を持っているのか?

何人の部下を一緒に連れて来れるのか?

 

この二点だけが、必要重要事項でしか無い。

 

 

一人あたりの売上と粗利益が、即計算できた。

セールス一人が一週間に一本のオーダーを上げると月に四本契約獲得。

仮に一本@10万円の粗利益があれば、月間40万円をもたらせてくれる。

 

 

10人のセールスだと400万円、20人だと800万円、30人だと1200万円。

この数字がハッキリと読めれば、幾らまでリクルートマネーが出せる?

 

 

フルコミセールスは、マンパワービジネスの典型である。

どのフルコミ業界でも必ず一人頭の売上と粗利益が読めるから面白い。

一度組織を作ったら、トップ自らの報酬もハッキリと決められる。

 

 

僕の手元には当時の東日本と西日本のトップマネジメントの営業諸制度

というものがある、これはアドミ部門の幹部だけしか知らない極秘事項。

教材屋を辞める時に返還を求められたが、とぼけて持ち続けている。

流石に外資系というか、ユダヤ人のトップ直伝の組織づくりマニュアル。

 

これは、色々な成功や失敗のエレベーター人生の中で手放せなかった、
いわば宝物なのだ。

 

一時期、女房や子どもたちを捨てたように思われた時でさえ持ってた。

 

 

銀座のママの「黒革の手帳」のような、お金で買えない貴重な財産なのだ。

 

2000年頃、光通信の代理店をしていた時代に営業マンに貰ってこさせた
のはコレの一部をパクって作ったものだったから、笑えた。

 

 

 

訪問販売の営業というのは、昭和30年代にミシンのセールスから始まり、
我々外資系ブックという教材屋が国際百科事典で隆盛を極めた。

 

その中でも「割賦販売」という月払いのローンを組んでくれる信販会社が
後押ししてくれたのが重要な点だ。

 

 

マンパワーセールスが、信販会社を育てたとBOSSはよく言ってた(笑)

 

 

当然、うちのグループでも自社ローンという形態で信販部門を持っていた。

トップしか知らない秘密、一般の信販契約書が再販売されるという現実。

「ファクタリング」ということで。

 

 

会社が苦しくなった時に、このファクタリングで急場をしのいだりもした。

それともう一つ、信販会社はキックバックをくれるということ。

 

コレは現実に僕も貰ってた、池袋サンシャイン60にあった信販会社の
営業担当副社長と組んで僕の関係する販売会社をここに繋いだ。

 

 

50万円の販売商品の場合には、2%KBで@1万円が秘密口座に振り込まれた。
そして、@5000円を副社長の秘密口座に振り込む。

 

例え時効になってると言っても、可笑しな話があるのが現実だ。

 

 

渋谷にある某国営放送局の関連法人の専務との時もそうだ。
コレはキャラクター使用のロイヤリティーをシェアしてくれた。

 

秘密口座から秘密口座への「大人の秘密」が面白いのだ。

 

 

 

 

チョッと横道にそれたが、セールスには間違いなくお金が出た。

組織ごと持ってくるトップにまとめて全額を現金で支払う。

 

このトップが、傘下のマネージャーに幾らか渡す、また下にと。

全てが、トップダウン方式である。

 

 

僕たちは、トップのご機嫌取りのために舞台装置としてのオフィスと
スパイ的な活動をさせる秘書をも付けて監視もした。

 

売上が落ちたとか不穏な動きがないかとかを報告するのが秘書の仕事。
当然、信販契約書の管理は彼女たち秘書の仕事となる。

 

 

 

 

この構図って、どこかと似てるよね。

そうなんです、ホステスさんやママの引き抜きも同じってこと。

 

売上制のホステスさんは、即売上から粗利益が計算できる。

何ヶ月あれば回収できるかがハッキリと分かるよね。

 

 

資本力があるお店は、色々と嫌らしいことも出来る(笑)

秘書さんの仕事を黒服がやってくれる。

 

 

教材屋の世界には、黒服上がりが一杯いました。
勿論、ホステスさん上がりの人たちもね。

 

女性マネージャーで有能な人は、間違いなく水商売上がり。

 

フルコミセールスの世界も水商売の世界も同じ「接客」だから。

それにプロは、「口が固い」。

 

 

 

僕がこの様なことを暴露できるのも30年以上も経過した大昔のことだから。

と同時にトップの本当の仕事は、下には見せないことだから。

 

 

僕が尊敬していた半蔵門の先生は、サンシャインの会社から年間5億円もの
キックバックを貰っていた。

100億円の融資斡旋のキックバックだけで。

 

大手ゼネコンからも口利き料5%とか普通に貰っていた。

 

 

この先生は大臣でも上場企業トップでも、電話1本で利権化していた怪物。

数年前に亡くなられた時に僕は通夜や葬式に行けなかった。

香典も無ければ喪服さえ捨てた頃だった。

 

 

 

 

今日、何故この様なことを書いたのかというと、ママには間違いを犯して
欲しくないから。

 

噂だけの評判や売上を聞いても何の意味も無いこと。

 

自分で確かめるだけの「調査力」があるかってことが分かって欲しいから。

 

僕が当時やっていたのは、同業他社上位10社の幹部社員リストを作り、
常に彼ら数百人の動向をチェックしていた。

誰にも気づかれずに、BOSSにすら分からないように、忍者のごとく(笑)

 

 

 

お店に出るのが仕事としてては駄目なんだということ。

もう一つステップアップして、外に出て遊ぶこと学ぶことが絶対に必要。

 

同伴前の食事や、アフターじゃ無いよ。

自分で意識的に遊ぶ時間をとること。

 

ライバル店のチェックをする前に何かやることもあるんじゃ無いの?

車買い替えるとか、別荘でも持つかなんてのは先の先のことにして。

今、頭抜けて稼ぐ金持ちママさんになるためには外に出ようよ。

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

SNSマーケティング, 営業組織

SNSマーケティング手法について書いときます。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。
SNSマーケティング手法についてパッと思いついたことを書いときます。

今の時代は情報過多であるし、情報の真贋においても疑わしいところがあるのも事実です。

だからこその、表層に流されない「本質」を見極めることが必要とされる。

特にSNSマーケティングは、スピードが早すぎるくらい早い。

ここ10年で激しい変化をもたらしている。

GREEやmixiから始まり、それなりのマーケティングが確立されるのかなという時に、Twitterが上陸しfacebookと続いたかなと思えば、
instagram、LINE、LINE@と相当に目まぐるしく変化してるよね。

 

でも手法は、所詮手法だからその時その時の時代にあった手法で流れに乗るしか無いと思う。

が、商売をしているとそう簡単なものじゃない。

何がって、このスピードに振り回されちゃ元も子もない無いからね。

 

 

でも古来より、商売の本質は「顧客管理」に尽きる。

「大福帳」の存在が如何に大きかったことか、連綿と継続してきた老舗のお店は現代においてもしっかりと「顧客管理システム」にコストを掛けることが出来ている。

 

若い世代の人たちは、「お店」をやることを夢としている方が多いようで夢が叶ったあとのことを考えていない場合があるようだ。
日々の売上に一喜一憂するだけで、ある意味満足しているようにも感じられる。

これが一概に悪いというわけではないけど、夢というか目標を見失っているからこそ、ある程度の売上で満足できている。

 
不思議なことだけど、その状態がいつまでも永遠に続いてくれるような錯覚に陥っているだけなのに気づいていない。

極端に売上が落ちて、利益も出ないようにでもなれば考えるのかも知れないが、それでは遅過ぎるのだ。

あっという間に地獄を見ることになる。

 

 

僕は、過去に幾つかのお店を自分でもやったし、やらせたお店も幾つかあるけど、地獄を見るようなことは無かった。
それは、いつも一歩先を見ていたからだと思う。

馴染みのお客様によく言われたのは「一歩先を見るな、半歩先で丁度良いから」って口が酸っぱくなるくらいの教えようだった。

だからこその、自分の我を通して一歩先だった。

 

 

この自分自身の拘りというか、自信が絶対に必要なことだと思う。

常に前を見て、先手を考える。
ある意味、無駄な投資も沢山したから予想以上に儲けは少なかった。

でも、自己満足はしている。

 

 

長い人生、どこかで帳尻は合うはずだ。

 

 

今日もSNSマーケティングの今旬を極めるための準備をしていた。

僕は、教材屋の時代に営業マンは売るのが仕事、僕は売らせるための環境を整備するのが仕事、謂わばマーケティングのプロである。
一つも英会話教材が売れなくても、僕が作り上げた会員制組織は会費収入という名目の売上を上げ続けた、業界No.1だった。

最盛期は、月会費3000円、3万人の会員、年間10億円以上の会費収入があった。

この会員制こそが、売らせるのが仕事の僕の成果だ。

 
営業とマーケティングは、車で言うところの両輪だから。

 

ボスとのケンカ別れで手放してから相当になるが、今やっている準備は誰の力も借りない、僕だけのものにする。
所詮、人と組んだからこその失敗。

誰とも組まなければ失敗は無いと信じている。

この様な意味もない自信が成功を招く。

 

 

 

フルコミ営業マンを集める前に、組織づくりを考える、これこそが先を見ての戦略だ。
下士官や兵士はいつでも集められる。

以前もどこかで書いたが、「統帥綱領」にある考え方が新事業を始める時にこそ最初に必要な要件でもある。

だから、小さな軍隊は一人のトップしか要らないのだ。
今回の将校、下士官、兵隊さんたちの集合体としての組織は初期に600名が集められれば成功だ。
集まらなければ集まるまで諦めないでやるだけ。

この先は総員3100名の組織となる。
ここまでを3年以内に構築するのが僕の仕事。

 

 
だから、SNSマーケティング手法はフルに活用していく。

そして、その他の動画マーケティング、広告マーケティング、イベントマーケティング、メルマガマーケティングなども総動員体制だ。

 

マーケティングは、奥が深い世界だから組織づくりをしたことが無い人には相当に難しいと思う。

 

 
知らないことは、知っている人の跡をついて行く、兵隊さんは下士官を見習い、下士官は将校を見習い、将校は統帥綱領に学ぶ。

 

これがリアルビジネスの営業組織を構築していく上での鉄則だ。

 

 

 

最近は、幾ら稼げるとか稼げるようになったとかで節操もなく目先の収入をさも勝ち誇ったごとく言いふらしている輩が多すぎる。
アフィリエイトで幾ら稼ごうとも、リアルな組織を作れるような奴は一人もいないのが現実だ。

僕も、このアフィリエイトでも結構な無駄な投資をしたもんだ。

だからこそ、まともな奴がいなかったとはっきりと言える。
情報弱者から掠め取るだけの詐欺師もどきの奴らが多い。

 

 

 

このブログの読者さんは、真面目に勉強したい方が大多数だと思うので心配はしていませんが、何か引っかかりそうな詐欺師がいれば教えてください、しっかりとした判定をしてあげますから。

 

 

 
じゃあ、もう少しやり残した資料作りを続けます。

 

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

マーケティング, 営業組織