夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約されるとディズニーは言った。

夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約されるとディズニーは言った。

おはようございます、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

僕は、ウォルト・ディズニーが大好きです。

ディズニーランドが好きというのとは少し違いますが、経営者として。

『夢を持つことができれば、夢は叶う!』

と教えてくれたのが、好きになったきっかけで不屈の精神で銀行との
融資に成功したところを尊敬しています。

ディズニーランドを開設するまでの100回にもわたる銀行折衝などは、
僕にはできなかったことで、自分の未熟さを教わりました。

 

 

 

そんな中で、夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約されるとも
言ってたことを知りました。

それは、

「Curiosity – 好奇心」

「Confidence – 自信」

「Courage – 勇気」

「Constancy – 継続」

であるとのことです。

この4つのCは、経営者としての資質であるようにも思います。

 

 

 

 

 

僕が色々と失敗をしてきた過去を振り返ってみて、何かが足りない、
いつも出来なかったことは、「継続」でした。

 

一つ目の「好奇心」は、興味を持ったことは何でも直ぐやる。

例えばスポーツ、YOGA、合気道、念力気功、ゴルフ、テニス、スキー、
ダイビング、モーターボートなど。

熱しやすく冷めやすいのか、3年も続いたものが何一つありません。

 

 

 

二つ目の「自信」は、生まれたときからの天才肌、自信過剰男。

自惚れ屋で自分に「不可能」という文字はないというナポレオン型。
そして何より何でも人並み以上に成果を出してみせます。

ネット関連は最近特にハマっているから、SNSは何でも来いです(笑)。

 

 

 

三つ目の「勇気」は、義を見てせざるは勇なきなりの男気が強い。

これが、欠点でもあり長所かも知れません。

新しいことに挑戦する、颯爽と荒野を切り開いていくところがある。
先ずは行動する、この行動力は半端じゃなく何処へでも行きます。

 

 

 

最後の「継続」は、ビジネスにおいても3年以上続いたモノが無い。

自慢じゃないけど、見切りをつけるのが早すぎる。
変なところで先を読む悪癖が災いしているのかも知れない。

それと、「死ぬこと以外はかすり傷」のような気持ちを持つ。
本当にポジティブ過ぎるところがある。

 

人の傷の痛みは定かじゃないけど、自分の痛みは幾らでも我慢できた。
決してマゾではないが、そこそこの損失でも諦めが早かった。

 

 

 

 

こうして書きながら自己分析すると、変なところで発揮した勇気と
継続が出来ない僕がいたから沢山の失敗をしてきたようだ。

 

だが、子供が生まれ「子供が趣味」と言い切っていた時代は別だった。
二人の子供がいるが、共に小学校を卒業するまでは共に遊んだ。

 

 

遊びだから継続出来たかも知れないが、あの12~3年間は貴重な時だ。

他の趣味やスポーツは全てやめて、子どもたちとの遊びに没頭した。

毎週土日は、自分のために絶対に必要な時間でもあった。

 

 

 

 

僕は、どうやら自分が主役というより伴走者として支える側の人?

適度な知的好奇心を持ちながら、自信を持ってもらい、勇気を与えて、
一人じゃないことを確認しながら一緒にビジネスを大きくしていく。

 

 

これだと、継続していくことも可能のようだ。

 

 

 

 

あなたがファンクラブを簡単に作れるように、SNSの効果効能を最大限
引き出して、しっかりとファンを集め、一緒にフォローしていき、
ファンから感謝され、新しいファンが生まれ、夢が叶うよう教えます。

 

 

 

4つのCからみた自己分析もオススメします。

 

あなたの見えていなかったところも発見できるかもね。

 

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

五縁=ご縁を知っていますか?縁についての雑学を紹介します。

五縁=ご縁を知っていますか?縁についての雑学を紹介します。

 

おはようございます、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

縁について僕が最初に教わったのが、「五縁」のことでした。

昔の水商売時代に、お客様から五円玉を目の前に見せられながら、

【五縁】

「人に縁あり」

「縁に気付き」

「縁を育て」

「縁を生かし」

「縁を喜ぶ」

 

この五縁(五円)を大切に、お客様、ホステスさん、男性スタッフとの縁を活かせと。

 

 

 

御縁と五縁 また、指を使っての『五縁』の話ですが、

親指は、まず私どもに もっとも身近なご先祖様にあたる親とのご縁。

人差し指は、多様な人たちとのご縁。

中指は、仲間友人たちとのご縁。

薬指は、夫婦のご縁。

最後、小指は子供とのご縁。

 

これら「五縁」の人たちも、それぞれが「御縁」を頂いてこの世に誕生してきているのですから、
当人とはことさらしっかりとした関係があるということです。

人間は決して一人では生きていけないでしょう。

私たちは「御縁」のお蔭で現代人として命を頂いているのだということを忘れず、
自分のまわりの「五縁」を大切に生かして日々過ごしていきたいものです。

 

 

 

 

商売においても「縁」を中心として戦略を立て、展開することをお勧めします。

すなわち、 家族や親族の「血縁」をはじめ、

地域の縁だという「地縁」、

学校や同窓生の縁だという「学縁」、

職場の縁だという「職縁」、

そして趣味の縁だという「道縁」 の五縁を持ち味とした

商売を本格的に行なうのです。

 

 

 

五縁祈願祭(美縁・良縁・愛縁・幸縁・守縁)神話の国 縁結び観光協会のお話。

五縁とは、、、?

美縁(びえん)…心身から美しくなる縁

良縁(りょうえん)…素敵なご縁に巡り会える縁

愛縁(あいえん)…愛に包まれたご縁に巡り会える縁

幸縁(さいえん)…ご縁に巡り会え幸せになる縁

 

 

 

『ぼくはね、五縁を大切にしてるんだ。』って…

(人と)出会い。

(人と)食べる。

(人と)話す。

(人と)飲む。

(人と)笑う。

そして首から下げていたお守りと五円玉を見せてくださいながら
『日々神様に感謝してる。健康なこと。生きてること。人との出会いに。』
っとおっしゃっていました!!

人生をとても愉快に生きようとしていて話していてとっても前向きな気持ちになったんです!!

 

 

 

華僑の経営手法を研究する華人の多くは人間関係を重んじます。

地縁(同郷)、

血縁(同族)、

業縁(同業)、

神縁(同一民間士俗信仰)、

仏縁(同一物産)を

「五縁」とし、ここのところを尊びます。

縁とはつまるところ絆。

その絆の相互扶助の精神で助け合いながら商いを伸ばしていくのが華僑の持ち味だと言えます。

 

 

 

里宮神社では、毎年2000個以上の「ご縁お守り」を金銭を払うことなく
参拝された方にお渡ししているといいます。

ここの五縁(ご縁)とは、

勉学、 恋愛、 健康、 金運、 商売繁盛の5つを言います。

 

 

 

如何でしたか、色々な五縁があったでしょ。

あなたのお好きな五縁を自分のものにしてくださいね。

 

お客様との話題が途切れたときにでもネタとしても使えますからね。

 

 

最後に、

あなたは徳川幕府三代の将軍(家康・秀忠・家光)に仕えた柳生十兵衛という人はご存知だと思います。

映画やテレビなどでお馴染みの方ですから一度や二度くらいはお目にしたことがあるかと。

この方の柳生家の家訓というのが大変有名なので紹介してておきます。

 

『小才は縁に出合いて縁に気付かず、

中才は縁に気付いて縁を生かさず、

大才は袖すり合うだけの縁をも生かす』

 

生活パターンの中にはたくさんの縁があると思うのですが、縁を縁と気づかなかったり、
袖が触れただけでも縁と感じ、縁を活かす方などなど、縁っていろんなところにあると思います。

 

 

 

今日のまとめは、商売人は「縁」を大切にしようねってことです。

華僑の言ってる、「ご縁=絆」ですから。

 

若しかして、僕とあなたのご縁も今日から始まるかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

唯一の弟子に最後通告をして、僕と一緒にやるのか二者択一を迫った。

唯一の弟子に最後通告をして、僕と一緒にやるのか二者択一を迫った。

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

経営者として色々と教えてきた唯一の弟子に最後通告をして、
僕と一緒にやるのか二者択一を迫りました。

 

1週間前に約束したはずだった「無料オファー」でリスト収集ツールが
貰えるから是非とも無料登録して使い倒すよとのことを教えて。

忘れてました、未だやっていません。

 

このツールは自分の下に誰かが登録して使い始めたら傘下がチャートで
見れることを僕は試したかっただけ。

本当に無料ツールでそこまで便利なものを配布しているのかの確認。

だって、25才で27億円稼いだって豪語していて弟子には必ず100万円
稼がせるってのがウリの若いけど遣り手の仕掛け人です。

 

 

一方のうちの弟子は40才過ぎて失業保険を貰って宅建の試験勉強中。

前回の電話の時に、宅建の中間試験が全然できなかったと泣きつく
ほど落ち込んでいたのをポジティブな気分にさせて勇気づけたはず。

いつも元気を貰えます、なんてのたまっていたのに何も学習しない。

 

もう一つは、万馬券自動捕獲ソフトを使ってみたいというから、
しっかりと何度も教えたはずなのにデビットカードが作れないというか
前に話をして3ヶ月以上も経過しているにも関わらず未だにヤッていない。

 

このソフトはJRAーVANと直結でDATA-Labの月々会費をクレジットカード
で引き落とされる、がデビットカードでも代用できると教えていたはず。

これもこの7月にJRAからIDが届くというので、届く前にはデビットカード
の申込をしていないと3週間位はかかるんだよとも言っていた。

この話は去年の暮にやりたいと意思表示をしたからやらせることにしたのに。

 

これ以上、彼のダメさ加減に付き合っていられないからの最後通告。

但し、一週間の考えるための猶予期間だけは与えた。

 

前に反面教師として僕は教材屋時代のボスから沢山の学びを得たと
書いたし、反面弟子というのもどこかで書いたはずだ。

 

この反面弟子が彼そのもので、駄目な人を一から仕込むのが大変だから
色々な教える側の学びが大きいと思っているのは事実だ。

だから、2年9ヶ月くらい前に知り合い今年になって弟子入りしてきたので
少しずつ教え始めた。

 

 

ファンクラブ運営コンサルタントとしての仕事は特に慎重にやりたいので、
彼にしか詳細は教えていない。

作った資料も一切表に出していないままの状態で彼の決意を促してから
一般に配布し、営業活動をさせていくつもりだった。

 

 

ここで僕が何故、ママとやりたいのかと理由をはっきりとしておく。

それはね、男は決断力がないから。

本当にだらしないくらい決断できない、特に奴隷的な働きアリの連中だ。

会社に行きさせすれば給料だけは貰えるってぬるま湯に使ってる人たち。

会社から見れば、給料泥棒であることさえ分かっていない厚顔無恥。

 

自分と会社の雇用契約も双務契約であることさえ理解できていない。

 

 

今朝も男40にして、職業選択の自由は殆ど無いことを言ってあげたほど。

冷静に考えて転職サイトで探せる?自分のスキルもないのに。

職安に行ってどれほどの自分に合った求人があると思う?

 

仮に合ったとしても、前職より給料が高くなることなんて永久に無い。

この無い無い尽くしの中にあって、救いの手を差し伸べているのが、

「タクシー運転手さん」

「警備会社ガードマン」

「ビルメンテナンス会社」

 

 

この他は、殆どが「営業職」なんだよね。

それも生保業界のように安い保証給は数ヶ月で打ち切りの世界。

 

僕は、教材屋時代からこのことを嫌というほど言い続けてきた。

彼にもしっかりと教えたつもりなんだけどなあ。

 

僕がこれから作る組織では、彼の弟子としての出番が相当多くなる。
それに伴って、そばにいるだけでオコボレ的な果実が得られる。

組織づくりのシュミレーションなどを見せて、しっかりと頭にいれて
おくようにも指示していたはず。

 

 

フルコミセールスがひと度動き始めたら半端じゃなく早く組織ができる。
これはヤッたものにしか分からない快感でもあるのだが彼は知る由もない。

半年一年で組織が出来れば月100万円なんて誰でもなれる世界。
200万や300万円なんてマネージャークラスが簡単に稼ぎ出す。

 

ましてやこの組織のトップは日本全国に100人限定で支部長を置くことだ。
他には特別に僕の関係者が数人参加するだけ、彼もその内の一人だ。

 

日本の人口が1億3千万人弱だから、各支部長が人口120万人目安の地域を
全て統括してもらうマネージャーとして。

東京都は、人口1300万人だから10人の支部長しか作らない。

横浜市は、370万人だから3人しか作らない。

 

 

日本全国の都道府県や政令指定都市などの主要都市も、全て人口バランスを
考えてのエリア制支部長の利権でもある。

徳川幕府を作り、全国に大名を置くようなイメージだ。

第1期募集、20名限定。
第2期募集、20名限定。
第3期募集、60名限定。

これは僕の限界を考慮してからの組織づくりの方法論だ。
一人で教えられることには最初から限界がある。

 

例えばスカイプで1時間教えるとしも、1日10人が限界だ。
LINE@でちょこまか相談を受けるとしても、そうそう簡単に多くの人には出来ない。

 

だから第1期のママさんたちにある程度教えて独り歩き出来るようになって次に。

第3期には、組織が出来上がっているので僕の手からは離れる。
優秀なスタッフがあとを引き継いでくれるはずだ。

 

 

一つのシステムを立ち上げれば、最低半年は掛かりっきりになる。
この時期にこそ1期、2期を育てて優秀な支部長を目指して貰う。

ビジネスは、雪だるまと一緒でコア(核)がしっかりと固められないと
決して大きくはならないし、大きくなることは無い。

 

 

 

反面弟子のことを頭にきて書き始めたが、僕が今考えていることは、

『そのことは、ママのコンサルを成功させることと、どういう関係がありますか?』

ということを元に全ての判断をし、そのための決断しかしない。

 

人間なんて所詮、弱っちい生き物でしか無い。

誰と、何を、どの様にやるのか?

考えることは単純でしか無い。

 

決断するのは、やるか?やらないか?

この二者択一でしかないのだ。

 

 

 

反面弟子の君もこのブログを読んでいると思う。

25日は友引だったから、生涯の友となるのか、赤の他人のままか?

 

 

言い忘れたけど、決意して決断してってだけじゃなく【覚悟】がいる。

この覚悟を持っていない人とは、僕は絶対に組むことはない。

 

商売人の道は、厳しいものだ。

戦いの連続なのだから、ストレスフリーでいられることはない。

覚悟が無い人が成功するほど、甘い世界じゃないことだけは覚えててね。

 

 

自己改革は自分にしか出来ないんだよ、僕のそばにいてもやるのは君だ。

自分を変えるのに覚悟もない人間が出来っこない。

 

 

じゃあ、25日の返事を待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした、