ビジネスの記事一覧

会社売買やM&Aについて、久しぶりでやる気になった。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

 

昨夜22時から1時30分過ぎまで3時間半以上も弟子と色々なことを話していて、自分の愚かさに呆れてしまった。
特に自分だけが持っているビジネスの「引き出し」についてだ。

ここ数年、全然このの引き出しから何も引き出していない。

昨夜も、香港法人「JAM-INVESTMENT.CO,LTD」とBVI法人「J-PARTNER.CO,LTD」を何故作ったのかとか、共にHSBC香港に法人口座を持っていたとかの話をしていた。
僕にとっては常識の節税対策なのだが、サラリーマン経験しかない彼には???の世界の話だった。

僕に興味を持ってくれているのは良く分かる、このブログも隅から隅までチェックしたようなことも言っていた。

が、引き出しの扉の話はしても中のことは殆ど話していない。

それは、目線の違いを意識しすぎてついてこれないと勝手に解釈していたのかもしれない。

だが本当にそんなことで良いのだろうか?

ちょっとは踏み込んだ深い話も必要じゃないかと気づかされた。

 
この2つの海外法人は、最初に香港法人を作り1年後にBVI法人を作ったのだが、その頃やっていた仕事がFX自動売買ソフトの開発と販売にファンド関連だった。
FXソフトは海外のFX会社の口座開設もセットにして売っていたから、
当然のようにこのFX会社からキックバックが来る。
そのお金を何処で受け取るのか?

日本の法人じゃ面白くない。
だったら香港法人にしてよ、とばかりに作ったのだ。

グループ会社には、香港法人とマレーシアのラブアンにも法人があったが、僕の関連は僕の口座へと振り込ませるのが当然だとの理由であった。

 

 
そして、BVIはファンドでお世話になっていた日本の法人の社長がBVI法人も持っていたので、お互いに使い勝手を考えようよとの話で。

 
この2つの法人の使い方に面白みがあることは実証済みです。

 

 

少しばかし小金持ちになってくると節税対策は絶対に必要となる。

が、僕は小金持ちになる前から準備をしておく必要があると考えていたので、バブル期前の1987年にカリブ海まで飛んで「タックスヘイブン」の研究もしてきたくらいだ。

 

当時は、教材屋の時代だったが、ボスは当たり前のように「キュラソー」にペーパーカンパニーを持っていた。

使い勝手は分かっていなかったようだが、米国本社のボスに勧められて無理強いされたようでもあった。

この教材屋のグループのタックスヘイブン活用法が、僕の原点にある、GoogleだってAppleだって使っている活用法だ。
30年以上も前のことだが、立派な引き出しだから今風にアレンジするだけで風化することは無い。

 

 

 

リーマンショック後に外資系の面白いファンドを勧められたことがあるが、ここでは最初から「ルクセンブルグ」に法人を設立してからその法人の口座に入金したあとで、ファンドを購入するようにと。
これだって立派な海外節税スキームだったのだ。

このスキームを教えてくれたのは、スタンフォード大学MBAの博士号を持っている友人だ。
受け入れる会社が日本には無くて、香港が極東支社だが面白いことに香港に法人を作れとか口座を作れと言わずに、ルクセンブルグ。

 

 

金融の世界は、日本はまだ鎖国?

 
米国に対して堂々とポチ宣言をした小泉純一郎の頃から少しずつ変わってきているようだけど相変わらずのところもある。
今のポンポン痛いって勝手に辞めて復活した安倍のおぼっちゃまなんて、小泉以下だから何一つ分かっていないからね。

 

 
やっぱり横浜にいちゃいけないような気もしてくる。

自分が引き出しを引っ張り出して何か仕掛けようとすると結構なところで妨害もされそう。

 

だからこそ、こっそりと目立たないようにしなければならない。

 

なのでその景気づけに会社売買やM&Aを裏方に徹して仕掛けようかと思い立ち、昔馴染みの友人たちにこっそりと相談をした。

結論は、「大いにやんなよ」という意見が多かったからやる。

賛成が少なくても、やる気だったけどね。

 

 

だって、海外法人を絡めての会社売買やM&Aを教えている人は少数だと思うから、僕がやる意味がある。
遊ばせている「jam-investment.com」が活きてくるから。

今は手放した海外法人でも、また香港の友人に頼めばいつだってできるんだから。

 

 
一度経験したことが、一つのノウハウとして蓄積されればそれを教えるだけでコンサルタントはできる。
このコンサルタントも会員制倶楽部で「オフショア倶楽部」とすることにしました。

そのうちにサイトも作成していきます。

 

 

 

が、先立つものは「情報」だから会社売買とM&Aについての情報は積極的に集めることにしました。
この記事を読まれた方も事業承継や相続でお困りでしたら、是非とも情報を提供してくださいね。

 

 
あなたの夢を叶えるのが僕の仕事でもありますから。

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

会社売買, 節税対策

腰が痛い、ひじが痛いと相当ガタがきているって年のせい?

おはようございます、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

腰が痛い、ひじが痛いと相当ガタがきているって年のせいかな?ってことで何とか自分を誤魔化しているんですけどね。

 
今朝も寝起きは、腰が痛くて目覚めました。

このところ毎日のように腰の痛さで目覚めています。

が、何年に一度か起き上がれない歩けないといったぎっくり腰とは違う症状なので、どの様に向き合っていいのか分かりません。

 

かといって医者に行くほどの勇気は持ち合わせていませんから。

まあ、気楽に気にしないようにしていくのがベターかもね。

 

いつもならGoogle先生に聞いてみるところなんですが、駄目ですね。

何か変なことが書いてあれば気にするほうなので、ここは我慢。

 

 

草加の時も同じような兆候があったけど、毎日仕事に行かなければという義務感がどことなく忘れさせてくれていました。

座ったままではコツコツ作業ができないというので、会議用折りたたみテーブルを会社から借りての椅子に座っての作業をしていた。
今の部屋に引っ越した時も、椅子での作業を一度は考えたけど狭いことを理由に無駄使いをしなかった。

若しかして、今の座ったままでの作業が原因かとも思ったけどこれも違うような気がするし、結局うやむやにしてします。

 

 

 
一方のひじは、昨年の11月以来ずっと続いている。

これは、警備士としての交通誘導の一つである片側交互通行の誘導をしていた時に、先輩である相手の未熟さにあきれたり車の運転手さんに早く行くように促すために誘導棒を目一杯に振っていたのが原因だと思ってる。
通常だと8時30分から17時30分までの勤務のところ、23時頃までやらされたのもある。

残業を5時間もつけたけど、日報にこの残業はないだろうと書いて日勤と夜勤の2日分を貰ったくらいの過酷さだった。

 
大昔にお店をやってた頃にテニスをしていた。

二泊三日のテニス合宿などもしたりして楽しんでいたが、終日コートで相手を替えるだけで連続プレーをしていたのにテニスエルボーなどになることはなかった。
でも今は、変な時に痛みを感じるが何故ってところです。

 

 

おかしいよね、年のせいにはしたくないのだが、確実に年を取って色々なところにガタがくるのは仕方ないことだ。
こんなことを自分のストレスとはしたくないが、何かシャキッとしない自分がいる。
もう少しで67歳、よく生かさせてもらってると思う。

 

 

 

今朝のニュースで「ゴダイゴ」育てた音楽プロデューサー山田廣作さん急死 76歳とあった。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6239086
まだ76歳だったのというのが第一印象だったけど、彼と一緒に「ゴダイゴ」をマネジメントしていたのが、元ABCプロダクション社長のO氏。

僕は山田さんのことは良く知らないが、赤坂の事務所にお邪魔してもO氏しかいなかった。

 

このABCプロダクションを4分割した時の一つが、「ライジングプロダクション」である。

当時、荻野目洋子しかいなかったけど年間200コンサートをやって借金を一気に返済できたのが平哲夫社長。
平さんは、「ゴダイゴ」のマネージャーのようなことをしていて、その頃から多方面に借りがあったようなことは聞いている。

 

 

 

どうでもいいことを書いたが、腰が痛いひじが痛いと気にしていたこともこの山田さんの記事をみてどうでもよくなった。
痛い痛いと実感できていることに感謝します。

 

 

 
今日も生かしてくれて、ありがとう。

 

 

 

 

じゃあ、またね。

芸能界

ノートパソコンとデスクトップの2馬力にやっとできた。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。
ずぼらな性格が災いして引越し以来、何も手につけなかったけどゴールデンウィークも最終日ということで、やっとノートパソコンとデスクトップパソコンがWi-Fiで使えるようにしたから2馬力にできた。

 

3月19日に引っ越してきた時は、まだ冬の防寒着を着ていたけど今はTシャツ1枚でも外に出なければ平気ですね。

エアコンも使うまででもないのですが、昨夜は一匹の蚊に悩まされたのが悔しくて、断舎離第一弾として部屋の模様替えから始める。

 

新山下のホームセンターで買ったままのカラーボックスを組み立てるところからやってみる。

奥の壁際に置いていた段ボール箱8つをまず中をチェックしながら何が入っているかの確認から、反対側の壁側に移動させる。

これを順次片付けなければ、断舎離とはならないのだ。

着るものだけは先にプラスチックの衣装箱2つで片付けたけど。

 

 

そして、一旦空いたスペースに組み立てたカラーボックスとノートPCを置いてたカラーボックスを2つ並べてデスク代わりに使う。

 

デスクトップの筐体は一番端っこのスペースに置き、デスク上は左からプリンター、その上にモニター、キーボード、マウス、ノートPC、マウスの順にしてみた。

余分なものは置かないが、ペン立てと娘の写真は立てた。

息子の写真がないけど、年賀状として送ってくれた奥さんとの晴れ姿の写真を立てるつもり。

 

 

部屋の壁が白いクロスで貼ってるけど、画鋲しか使えない。

時計の掛けられないような不便さは、次の引越しのためのモチベーションとするために、ノートPCの背景画像をその予定先にしてる。

 

山下公園が目の前に見えるマンションだけど、公園や海が見える部屋は中々空かないようだ。
分譲と賃貸があるので、分譲も視野に入れての経済力を身につけるしかない。

中華街に近いし、今建築中の「ドンキホーテ」も近いからこその「お気に入り」に入れている。

 

 

 

今の部屋は、伊勢佐木町商店街や元町商店街、横浜橋商店街の何処に行くにも同じくらいの距離なので、その日の気分で行けるのが最大のメリットなんですね。

 

年取ってくると車を運転することはないし、バイクや自転車さえも億劫になるから、徒歩で行けるスーパーマーケットなどが重宝となる。

今は、徒歩4~5分石川町駅そばの食品館「あおば」がある。

 

が、その手前の「マイバスケット」や「ファミリーマート」「ローソン」の方が利用する機会が多い。

 

ちょっと出かける時は、伊勢佐木町の「ドンキホーテ」か横浜橋商店街に行くようにもしている、散歩代わりに。

毎日、パソコンでコツコツ作業をしていると運動不足は否めないからの散歩ですね。

 

 

 

今日は、ナンだかご機嫌なのでデスクトップの方にスピーカーまで使えるようにしたので、今は「ちあきなおみ」を聞きながら(笑)

いいよね、「ちあきなおみ」さんは、本当に歌が上手いというか半端じゃない歌唱力が魅力だよね。

昔に芸能界の社長に彼女のマネジメントをやってよと言ったことがあったけど、「食うに困っていないから無理だよ」って話だった。

 

 

 

世間では、ゴールデンウィークだったようだけど僕には全然関係の無い数日間だったね。

でも、一応は2馬力になったので明日からはツールを2台のパソコンでガンガン回していくつもり。

 

もう1台ノートPCがある、間違ってWindows10にあげたら使えなくなったけど、これを何とか蘇生すれば3馬力になるんだけどね。

 

デスクトップももう1台ある、捨てようかとしてたやつだけどこっちを使えるようにして3馬力にするのもありかな。

 

 

 

何しろ気分一新して、新しいビジネスに挑戦する。

 

おなかがすいてきたので、これから買出しに行きます。

今日は、伊勢佐木町の「ドンキホーテ」に行きたくなった(笑)。

百均で息子用の写真立ても買ってこなきゃね。

 

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

横浜の思い出, 芸能界

Airbnb民泊に最適な物件があるので、色々とシュミレーションした。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。
僕は、「大家さん倶楽部」という会員制組織をインターネット上で作っていこうと考えています。

「大家さん.club」という独自ドメインも持ってます。
これは、登録された会員さんが納得できる特別な案件情報を提供する面白い放課後クラブのような存在にします。
不動産は一点ものなので、当然のごとくお一人様限りのご案内となりますので、僕の一存でエコヒイキを前提としております(笑)。

特に女性向けに、超特にママさん向けに(爆)

 
その中でも、特に力を入れて行きたいのが「Airbnb民泊」です。

民泊は、ここ最近何かと世間様をお騒がせすることが多くなって来ていますが、市場が拡大してくればそれ相応の問題も出てくるものだと自分なりには弁えております。

昨日、Airbnb民泊に最適な物件があるというので、色々とシュミレーションして遊んでいました。

 
ある温泉街の元和風割烹旅館でした。

13室のこじんまりした物件ですが、一応大広間があったり、離れがあったり、従業員用の私室があったり、オーナー用の私室があったりと、僕から見たら使い勝手があります。

地方のひなびた温泉街、売りたくても売れない物件。

日本全国で山ほどある、誰もが手をつけたくないようなもの。

 

 

普通に不動産を扱われる方たちは、利回り優先でしか物件判断をされない傾向がありますよね。

メーンバンクも、そこを一番気にするところだから。

販売する側も、購入する側もここを重要視するのは当然です。

 

 

 

が、「会員制」という切り口では再建が可能となります。

物事は真正面から見るだけでなく、後ろからも横からも斜めからも上からも下からもと、様々な角度から見ることができます。

僕は、「鷹のような眼、蟻のような眼」で大所高所から俯瞰すると同時に地べたを這うような見地から事業を見ることを学んできました。

 

 

そこで大切なことは、逆からも計算できること。

民泊は、宿泊者数に限界があるので怖いビジネスです。

当然、売上のMAXが「宿泊数者×宿泊費×稼働日数」となります。

 

 
ここで色々とシュミレーションすると少しだけ楽しくなりますよね、「獲らぬ狸の皮算用」です。

30人泊まってくれて、宿泊単価@5000円だと、一日の売上が15万円になる、50人だど一日25万円になるとかね。

ですが、売上ゼロだったらとかも、考えねばなりません。

楽しくないことは触れたくないので、別な角度から。

 

 

 
「差別化」から考えてみると、楽しいことが生まれてきませんか?

この差別化って切り口は、絶対に欠かせない要素ですよね。

でも、どうやればいいの?

はい、脳に汗をかいてください。

 
普段大して使うことのない「脳」を振り絞って考えることです。

と言っても殆どの方ができません。

当たり前です、普通のことしか考えられないように小さい頃から教育されてきていますから。

 

教科書に載っていることが世間の常識と教わりながらですね。

 

 

ここが重要なところですがビジネスに教科書はありますか?

あったら教えてください、僕も使いたいですから。

差別化ってのは、常識からよりも非常識からの発想の方が生まれやすいんですよ。

 

 
だからこそ、失敗の経験知が生きてくる。

 

 
あれとこれを足してとか引いてとか、あれとこれを掛けてとか割ってとかをしながら、とんでもない発想を期待します。

この場合のあれとこれって、失敗したことですよ。

 

 

或いは、トイレに入ってとか、お風呂に入ってとか、ベッドの中でとかの日常空間とは異質なところからでも、脳に汗をかけます。

でも、所詮普通の教育を受けていた弊害が出てきます。

普通のアイデアしか浮かばないという。

 

 

 

ここで自分で考えることを止めます、無理なんだからあなたには。

そうなんです、ここからは真似をすることを学習します。

教科書がないんだから、成功している人の物真似が一番です。

先生もいないんだから、成功している人を先生にして。

 

 

 

ここで真似る上で重要なのが、「ソフト」の部分です。

ハードの部分は、成功者との間には「資金力」の違いがあるから。

このソフト部分を真似て、一ひねりを加えればしめたものです。

一ひねりというスパイスが結構効くんですよ。

 

 
簡単には出来ないかも知れませんが、何度も繰り返し練習するうちに慣れてきて出来るようになります。

失敗することを恐れていては、何も行動できません。

 

 
民泊での差別化も同じで、「ソフト」を真似る。

この真似たソフト部分の中から、自分自身のコンテンツを作り上げるということが出来れば、成功に一歩近づけます。

 

勿論、一ひねりというスパイスを加えて。
ということで、昨日は一日中コンテンツ作りで遊んでいました。

このコンテンツを銀行は評価する能力はありませんけどね(笑)。

 

 

 

何も無いときからシュミレーションできる、インターネットの時代って素晴らしいですね。

 

明日か明後日に、この物件の概要書面を貰ってきます。

あとは実行あるのみって、なんちゃってね。

 

 

 
じゃあ、またね。

 

 

 

 
今日も脳に汗かく会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

Airbnb民泊, 会員制ビジネス

アナログ人間とデジタル人間の大きな違いって何なのか?考えてみた。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

今日は久しぶりに昔の友人に会って、色々な話をして来ました。

ランチをご馳走になり、CAFEでアイスコーヒーなどをいただきながら2時間ちょっとの有意義な時を過ごす。

 

 

最初の話は、彼が面倒見てた友人が近々に株式を上場することを企みその為の活動をしているから、何とか揺すぶって「お金」にならないだろうか?との彼にとって都合の良いことから始まった。

きっかけは、失敗した事業の残務整理を頼まれたのだが経費も出さないは電話にも出なくなってしまったので、頭に来たという。

 

個人的な感情論は抜きにして、何をネタに勝負するの?

考えが及ばない様子だ。

 

じゃ、色々とその友人との経緯や、その他面倒を見てた頃の中からどんなことでも良いから小さなネタを探してよと頼む。

 

そんな時にその失敗させた事業の中に、地代の未払いがあったという。

その事業というのが、田んぼのようなところに「池」を作り、「ゼオライト」を使って、「鮭」の養殖をしていたのだ。

陸でやる魚の養殖事業、今は結構な魚種で色々なところでやっているけど、始めた当初は珍しかった。

 

その養魚場の土地を購入せずに借りていたので、その地代を何年間か払っていなかったという。

そして、その養魚場は知り合いの別の養殖業者にタダ同然で任せたけど、地主さんとは上手く付き合ってくれていると。

そしたら、その業者さんに頼みその地代回収のための委任状と請求書を貰ってよと指図する。

この委任状を弁護士さんに委ねて債権回収をさせるかと。

それともここでは書けないとっておきの手を使う?

 

 

まあ、兎に角、僕の調査網で調べてよということになる。

 

僕の答えは、狙われたらお仕舞いだから上場だけはさせないよ。

 

だって大昔にこの友人とやらがシステム金融をやっていたのを僕は忘れていないから、この当時の個人的な怨みもある。

 

感情論に時効は無いのである。

 

 

 

そして、彼が愚痴ったのが「俺はアナログだから」という一言。

『俺は、デジタルというかITスキルは一段とアップしたよ』と答え、ここ3年近く会わなかった理由とスキルのことを話す。

 

の一方で、会わなかった間に彼がやっていたのが「リサイクルビジネス」。

知り合いの管財人弁護士さんから頼まれての、動産や不動産の処理。

 

主として動産しかやらせて貰えなかったようだが、美味しいのは不動産であることは、周知の事実だ。

この動産も、最近は「自動車」もあるというから少しは成長しているようだ、80歳にしては。

 

平均寿命を生きられたんだから大したものだと褒めてあげると満更でもない様子、少し後退気味だが頭髪も黒々してる、若い。

 

青森の盛岡出身なのだが、中学から早稲田で大学卒業までお手伝いさんが付いていたという「おぼっちゃま」。

その早稲田大学の時代に、「アメリカンフットボール」部を自分たちで作ったというのが、彼最大の自慢話でもある。

お金持ちの道楽息子たちで(笑)

 

 

今のリサイクルビジネスの欠陥は、一緒に組んでる弁護士さん担当の社長が、右から左に道具屋に売りさばくだけなので利益が薄すぎると嘆く。

ここで踏ん張って倉庫でも借りて、「リサイクルショップ」をしたいと数年前に使えなくなっていたはずの候補物件が今も生きているというので呆れたが、この候補物件こそが僕の「宝の山」

 

大きな国道から一歩入った裏通りの2階建て、40坪ずつ使えたはずの駐車場だけでも20台は使える便利な物件。

なので、1階は「リサイクルショップ」をやり、2階は「民泊」で貸す、そして駐車場の一部は「中古自動車の委託販売」をする。

 

これをアナログのあなただけでは出来ないでしょ、パワーアップしたデジタルの僕がシナリオを書き、システムを作ったらどうなると思うと、近未来の成功シーンをアナログ頭脳に擦り込んだ。

 

分かっていると思うけど、何のビジネスでもシステム化出来ない事業はやっちゃいけないんだよ。

と、諭しながら悪魔のささやきをつぶやき、簡単なシュミレーションをして、即その数字を教える。

 

 

この辺が、フルコミ営業マンを指導していた僕の習性が最も生かせるところでもある。

 

人をその気にさせるのは、クロージングが全てだ。

 

このクロージングが上手いか下手かで、使う側と使われる側に別れるのも仕方ないことだと思う。

僕がいつも使う側の立場にいられたのは、事業計画が描け、シナリオが書け、クロージングができ、事業そのものをシステム化できるという、数々の失敗の経験知から得たスキルがあったからこそだ。

 

 

そして今の僕は、昔と違って自分で資本を集める必要が無い。

それは、サイトを作成したりブログをカスタマイズしたり、インターネット上から集客出来るというデジタル世界のスキルを手に入れたから。

 

 

リアルな世界とデジタルな世界の両方で必要なスキルを身に付けた
からこそ、堂々と士業の先生方の営業代行なども出来る。

 

管財人弁護士さんの営業なども、ネットを使いこなせさえすれば面白い世界が開けてくるからね、一つの成功事例があるんだから。

 

ということで、近いうちにその候補物件を自分の目で見て確認してきます、「絵」を描くのはその後として。

 

 

 

そして、「民泊」シュミレーションもしてたところ、彼の親戚が福島の飯坂温泉の閉めてしまっている「和風旅館」の話が出てくる。

これも4~5年前に大震災の復興のために入っている人たちの寮というか「飯場」として使おうかと話題になっていたところ。

 

本音では、売却を希望しているらしいけど、一度僕が借り受けて「民泊」ビジネスを軌道に乗せ、その実態を民泊ビジネスをやりたがっている「オーナー」に特に数字を見せて利回りを教える。

間違いなく、普通の不動産投資よりは良い利回りが出せるはず。

 

 

だって民泊は最初から世界一の「airbnb」の「システム」が低料金で使えるから、このシステムに乗るだけで成功が見えてくる。

だからこそ僕が現地に乗り込んで、毎日温泉気分で「お客様」の身になって色々とアイデアを出せば上手くいく。

 

これも現地で、現物を見てこないことには何も進まない。

コツコツとやっているネット作業に飽きた時にでも、両方の物件を見てきてやるかやらないかの判断をさせて貰う事になった。

 

 

 

たまには外に出て「お金の匂い」がする話をしてこないとね、パソコン相手じゃ何も匂わないから寂しいよ。

 

 

僕のお昼代とコーヒー代だけで、少しは夢が見れるようになったんだから彼にとっては「安い買い物」だったと思うよ。

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

Airbnb民泊, 弁護士