タイのパタヤにホテルを買った、どの様にビジネス展開するかな?

タイのパタヤにホテルを買った、どの様にビジネス展開するかな?

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

2週間前、日本でネットビジネスで成功してパタヤに拠点を移した若手経営者に
会って質問してみようと思ったタイトルです。

 

ザクッとした概要は、
客室数 客室32室
価格 350.000.000円
敷地面積 約4000㎡
延床面積 約2500㎡
建築面積
駐車場 有り
敷地の権利形態 所有
築年月日 新築

彼は、パタヤでカフェ・バーをやったりリアルでも色々と仕掛けています。

が、僕の想像では3.5億円のキャッシュは持ち合わせていないはず。

おそらく金融資産は1億円程度ではないかな、月収数百万円だと思う。

 

2週間位日本に戻り、100人に無料コンサルをして自分の足跡を継承すると
大いなる試みの最中のことだったけど、僕はアポをキャンセルした。

LINEで個人的なやり取りをしていたので、そちらのアポ場所に行けば
秘書を通じて前日に場所の変更をしたと言う。

秘書から確かにLINEにメッセージは入っていたが、何故個人LINEから
変更しなければならなかったのかが理解できない。

秘書も秘書としての仕事に徹底していない、おそらく僕とのアポもうまく
引き継ぎができていなかったと推測する。

 

秘書経験も無いようなボケッとしたタイプに写ったのは僕の気のせいか?

昔僕が使っていた秘書は、こんな初歩的なミスなど絶対にしなかった。

 

無料でコンサルをしてやるという、どこかに傲慢さを感じる。

僕は、彼に受けたいコンサルなど何も無いからタイトルのような質問を
して彼の経営者としての素養を判断したかっただけ。

 

ネット成功者にしては面白い人だと写ったから会って見たくなっただけ。

 

この質問に対しても、ササッと気の利いた提案などは出来ないと思う。

実経験が無いネット成功者にとっては致命的で残酷なことであろう。

 

将来的にもっと成功すれば、本格的なリスクマネジメントが必要になるはずだ。

その時こそが僕の出番のような気がしているけど。

 

 

僕は8年前にパタヤに実際にホテルを買いにいった少し古い出物だったけど。

そして、日本人向けに仕掛けるつもりだったので最初に日本語が話せる医者を
探しに病院から調べたことがある。

だが、タッチの差で華僑に買収されて経営者が変わっていて破談になった。

 

 

昭和の後期にホテル経営に携わっていたから裏表は分かるし事業計画書も
幾つか作り、銀行との折衝も結構したものだ。

 

だから、普通にホテル経営をやるつもりなど更々無い。

このホテルの詳細は分からないが、会員制リゾートとしては面白いと思う。

 

年間50週を2週間ずつシェアして、32室を回せば800口の募集ができる。

一口100万円で8億円にはなる。

 

要は、コンテンツをどの様に作り上げるかで上乗せもきく。

会員制ビジネスは、すべからくコンテンツが最重要視される。

他にない面白さ、素人がよく言う「おもてなし」なんか当然超越したもの。

 

まともにおもてなしが出来ない人が多すぎるが、経営者が悪いだけ。

経営者がサービス業の本質が理解できていればスタッフは従うものだ。

 

ここでいう経営者とは決して一人を指すものでは無い。

ボードメンバーのことだ。

 

それぞれの分野のエキスパート集団で無ければならない。

 

 

僕も最近、ネットビジネスを意識しすぎて油断していたことだが、

ネットビジネス成功者が、決してリアルビジネスが出来るとは思わない。

 

100%土俵が違うからだ。

 

リアルで成功している人は、ネットに頼るようなことはしない。

する必要もない。

 

 

 

ドタキャンアポのあとに「歯医者」さんと先輩と3人で昼食をした。

歯医者さんから色々と相談をされたが、リアルの世界の強さは対面での
表情を読み取りながら色々と話せることだ。

 

人間は感情の動物だから、喜怒哀楽を含めて様々なことが分かる。

 

そして、一番強烈に感じたのは「紹介」されてからしか前に進めないこと。

先輩の紹介があればこそ、本音で話して貰える。

 

これって、ネットの世界の紹介とレベルが違う。

先輩の信用や信頼がそのまま僕にも適用されるのだ。

 

初めて会ったにも関わらず、別れた彼女への慰謝料や養育費など話せる?

友達の歯医者さんの物件探しや、別の友人の遺産相続問題などもだ。

今の彼女のために1億円の生命保険に入って月21万円の保険料を払っている。

 

本当に短時間なのに内容の濃い話を沢山していただいた。

あとは宿題を粛々とこなしていくだけ。

 

ここ数年、リアルの世界から遠ざかって意固地になっていたけど真摯に向き合う。

僕にとっては、ネットもリアルも関係ない。

そこに自分のビジネスがあれば、やらせていただくだけ報酬以上の利益をもたらして。

 

NPO世界安心安全協会のために「子どもの安心、女性の安全」のために一肌脱ぐ。

理事さんや顧問の方々は、素晴らしい実績の持ち主ばかりだがネットは弱い。

ここに僕のビジネスチャンスはある。

ネットをフル活用して、ビジネスマッチングの前座をやらせていただく。

営業用語で言うところの「ブリッジ」役に徹することだ。

 

 

ブリッジ役も「ゼロからイチ」になれば、「紹介」が起きやすくなるなるだろう。

 

 

ママの倶楽部メンバーや士業の先生も、何でも相談に乗ります、マッチングも。

無料相談からビジネスになった時には成果報酬をいただくという形でやります。

 

 

所詮、僕のことを知らない人だらけなんだから「無料相談」から始めます。

 

 

タイのパタヤにホテルを買ったいう夢物語も何れ実現できることを期待しています(笑)。

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

接客ママのためにリスクマネジメントコンサルタントを始めます。

接客ママのためにリスクマネジメントコンサルタントを始めます。2017.9.11

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

いきなりの接客ママのためにリスクマネジメントコンサルタントを始めますって
書き出しですが、実は昨日先輩と話をしていて手伝うことになり、彼のNPO法人
国際安心安全協会や彼のコンサルタント会社を手伝うことにしました。

http://www.iss-anshin.jp/wp/

自分的な解釈では、コンサルタントをコンサルタントするようなこと。

そうそうたる顧問や理事さん、支部長さんなどがいらっしゃいますが、
何処と無く「上座」に座ってきた方ばかり。

インターネットの世界に疎い、営業が不得手、集客が出来ない、などは当然。

そこでオールマイティーな器用貧乏の登場です。

このNPO法人を設立した14年くらい前には、登記申請書類を作って内閣府の窓口に
提出したりと広報兼事務局長のようなことをしてました。

一応の創立メンバー、井戸を掘った人が僕(笑)。

司法書士さんの真似事のようなこともしていた訳です。

この当時は、NPO法人設立コンサルタントもしていて5~6法人作りましたから。

この協会の主旨は、子どもの安心、女性の安全、実践的危機管理をうたっています。

元警視庁出身者が理事や支部長にいるのと弁護士さんも多いですね。

いわばリスクマネジメントのプロが沢山いるのが、ママのお役に立つと思います、

提携NPO法人にはストーカー対策のプロもいるし要人警護のプロもいます。

リスクマネジメントって何ですか?

一言で言えば、リスクを管理し、損失を回避すること。

そこで、僕が何をするの?

僕は勝手にママのお手伝いをして、このプロを繋ぎ一緒に
損失となるであろうことを未然に回避すること。

営業のプロとして僕のことを昔から認めてくれているのが、この先輩だから
リスクマネジメントのプロの営業マンとしても活動していきます。

コンサルタント営業とも考えていますけど。

リスクマネジメントといっても、守備範囲は広いのですが僕は独断でママを
応援するのが仕事と割り切ってお世話します。

無精髭生やしたオヤジや加齢臭が気になる社長さんとは付き合いたくないから。

ママのリスクや悩みって何ですか?

これには、立場上2つあると思いますが、

「ママのお店の悩み」

黒服やスタッフに対する悩み

ホステスさんに対する悩み

お店の設備や内装の悩み

お客様に関する悩み

経営者としての悩み

営業上の悩み

借金の悩み

集客の悩み

色々なお付合い

ご近所付き合いでの悩み

ライバル店との軋轢

黒革の手帖が盗まれた悩み?

「ママ個人の悩み」

しつこいお客様の悩み

ストーカーの悩み

親、兄弟、姉妹、親戚の悩み

子どもの悩み

友人、知人の悩み

ご近所さんの悩み

収入の悩み

将来への不安

美容の悩みやセックスの悩みは範疇にありませんけど。

人間として生きていく上で、悩みはつきものです。

それを解決するのがリスクマネジメントコンサルタント。

おまけで、上場企業の総務対策に警視庁出身の元署長さんなどの派遣も。

これから上場を考えたりの新興企業などは、殆どがリスクマネジメントまで
手が回りませんし、簡単にプロにたどり着けないのが現状です。

会社となると色々なリスクが生じますから、専任者と顧問は必要ですね。

こと不祥事が置きたとなると、このネット社会では対応一つで会社も潰れます。

この不祥事は、ママにとっても他人事ではありませんよね。

昔からよく言われている「転ばぬ先の杖」がリスクマネジメントでもあります。

弁護士さんは、弁護士法という枷がありますが僕は「なんちゃって」で解決します。

イザという時に弁護士さんを引っ張り出せば良いだけですからね。

税務問題なら税理士さんもメンバーにいるし、殆どの士業の先生が協力体制。

それこそ、遺産相続とか事業承継とかでもワンストップで出来ますよ。

そこで悩みがあるんだけど具体的にどうすれば良いの?

先ずは、僕の無料相談、最初にメールして下さい。

お問合わせから申し込んでいただきますと、折り返し返信。

メールで回答できないような内容の場合には、LINE@かスカイプ。

ここでプロに依頼するような内容でしたら、より安く出来るプロをご紹介します。

「安心」をモットーに危機管理ですよ。

普段の活動としての「安心パトロール」も忘れてはいません。

近々、ファンクラブ運営コンサルタントとリスクマネジメントを合体させた
ママのための込み込みコンサルタントを発表します。

お店の集客や経営の問題を解決し、リスクマネジメントまで一緒にできる。

こんなコンサルタントは、変なオジサン(志村けん)と同い年の変なコンサルタント
である福だるましか出来ないことです。

ネット上、何処を探してもいませんでしたから変なコンサルタントは(笑)

接客ママのためにリスクマネジメントコンサルタントを始めますということでした。

会社売買やM&Aについて、久しぶりでやる気になった。

会社売買やM&Aについて、久しぶりでやる気になった。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

 

昨夜22時から1時30分過ぎまで3時間半以上も弟子と色々なことを話していて、自分の愚かさに呆れてしまった。
特に自分だけが持っているビジネスの「引き出し」についてだ。

ここ数年、全然このの引き出しから何も引き出していない。

昨夜も、香港法人「JAM-INVESTMENT.CO,LTD」とBVI法人「J-PARTNER.CO,LTD」を何故作ったのかとか、共にHSBC香港に法人口座を持っていたとかの話をしていた。
僕にとっては常識の節税対策なのだが、サラリーマン経験しかない彼には???の世界の話だった。

僕に興味を持ってくれているのは良く分かる、このブログも隅から隅までチェックしたようなことも言っていた。

が、引き出しの扉の話はしても中のことは殆ど話していない。

それは、目線の違いを意識しすぎてついてこれないと勝手に解釈していたのかもしれない。

だが本当にそんなことで良いのだろうか?

ちょっとは踏み込んだ深い話も必要じゃないかと気づかされた。

 
この2つの海外法人は、最初に香港法人を作り1年後にBVI法人を作ったのだが、その頃やっていた仕事がFX自動売買ソフトの開発と販売にファンド関連だった。
FXソフトは海外のFX会社の口座開設もセットにして売っていたから、
当然のようにこのFX会社からキックバックが来る。
そのお金を何処で受け取るのか?

日本の法人じゃ面白くない。
だったら香港法人にしてよ、とばかりに作ったのだ。

グループ会社には、香港法人とマレーシアのラブアンにも法人があったが、僕の関連は僕の口座へと振り込ませるのが当然だとの理由であった。

 

 
そして、BVIはファンドでお世話になっていた日本の法人の社長がBVI法人も持っていたので、お互いに使い勝手を考えようよとの話で。

 
この2つの法人の使い方に面白みがあることは実証済みです。

 

 

少しばかし小金持ちになってくると節税対策は絶対に必要となる。

が、僕は小金持ちになる前から準備をしておく必要があると考えていたので、バブル期前の1987年にカリブ海まで飛んで「タックスヘイブン」の研究もしてきたくらいだ。

 

当時は、教材屋の時代だったが、ボスは当たり前のように「キュラソー」にペーパーカンパニーを持っていた。

使い勝手は分かっていなかったようだが、米国本社のボスに勧められて無理強いされたようでもあった。

この教材屋のグループのタックスヘイブン活用法が、僕の原点にある、GoogleだってAppleだって使っている活用法だ。
30年以上も前のことだが、立派な引き出しだから今風にアレンジするだけで風化することは無い。

 

 

 

リーマンショック後に外資系の面白いファンドを勧められたことがあるが、ここでは最初から「ルクセンブルグ」に法人を設立してからその法人の口座に入金したあとで、ファンドを購入するようにと。
これだって立派な海外節税スキームだったのだ。

このスキームを教えてくれたのは、スタンフォード大学MBAの博士号を持っている友人だ。
受け入れる会社が日本には無くて、香港が極東支社だが面白いことに香港に法人を作れとか口座を作れと言わずに、ルクセンブルグ。

 

 

金融の世界は、日本はまだ鎖国?

 
米国に対して堂々とポチ宣言をした小泉純一郎の頃から少しずつ変わってきているようだけど相変わらずのところもある。
今のポンポン痛いって勝手に辞めて復活した安倍のおぼっちゃまなんて、小泉以下だから何一つ分かっていないからね。

 

 
やっぱり横浜にいちゃいけないような気もしてくる。

自分が引き出しを引っ張り出して何か仕掛けようとすると結構なところで妨害もされそう。

 

だからこそ、こっそりと目立たないようにしなければならない。

 

なのでその景気づけに会社売買やM&Aを裏方に徹して仕掛けようかと思い立ち、昔馴染みの友人たちにこっそりと相談をした。

結論は、「大いにやんなよ」という意見が多かったからやる。

賛成が少なくても、やる気だったけどね。

 

 

だって、海外法人を絡めての会社売買やM&Aを教えている人は少数だと思うから、僕がやる意味がある。
遊ばせている「jam-investment.com」が活きてくるから。

今は手放した海外法人でも、また香港の友人に頼めばいつだってできるんだから。

 

 
一度経験したことが、一つのノウハウとして蓄積されればそれを教えるだけでコンサルタントはできる。
このコンサルタントも会員制倶楽部で「オフショア倶楽部」とすることにしました。

そのうちにサイトも作成していきます。

 

 

 

が、先立つものは「情報」だから会社売買とM&Aについての情報は積極的に集めることにしました。
この記事を読まれた方も事業承継や相続でお困りでしたら、是非とも情報を提供してくださいね。

 

 
あなたの夢を叶えるのが僕の仕事でもありますから。

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。