敬老の日、横浜でも日の丸をチラホラ目にするけど何を祝うの?

敬老の日、横浜でも日の丸をチラホラ目にするけど何を祝うの?

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

今朝一番で、横浜日本大通りの「銀杏」を拾いに福散歩しました。

バスや商店では、日の丸を目にしますが一般家庭の最近は?

敬老の日だからって、我が家では誰が誰に対してお祝いするのか

というより一人暮らしの我が身においては、祝日も関係ないし、

親を思う子どもたちもいないようです。

今年の6月7日に67才になったので、介護保険に無理やり入れられて
いますが滞納しています。

自分が介護保険対象者だという気持ちになれないので遠慮してます。

ここ2年ほど倅の嫁が誕生日と父の日を兼ねて、お酒をプレゼント
してくれていました。

が、今年は横浜に帰って来たのに住所も知らせていないから
贈りようが無かったのだろうと諦めています。

けど、倅に連絡しない僕が悪いのか何も聞いてこない倅が悪いのか?

ちょっと普通では考えられない家族です。

まあ、善悪で考えるような問題じゃないんですけどね。

嫁が3年前に来てくれて、普通の家族のようになれるかなと少しだけ
期待していたけど無理のようですね、僕には家がないから。

昔から、僕自身が親に対して「便りが無いのが良い知らせ」とばかりに
気が向いたときにしか帰省しなかったし、電話も殆どしなかった。

親父に戦争時代のことをその内聞きに行こうと思っていたけど無理だった。

おばさんとしか呼べなかった母に優しい言葉の一つも言える年頃に
なったはずだったけど言えないままに両親の死に目に会えなかった。

その後の墓参りもしていない親不孝者です。

「いつまでもあると思うな親と金」とは、本当のことですね。

順風満帆に青年実業家気取りだった頃には考えたことも無かった。

でも、親を亡くしお金も失くし、子どもも無くしたような疎外感。

これって堪りませんね。

子どもの頃に銀杏拾いや自然との遊び方を色々と教えたけど覚えてる?

僕は最近特に子ども時代のこと、父親とハイキングというか山登り、
田舎の小さな山でしか無いけど何故かその時の光景が蘇ります。

家族で行った田舎の親戚の家に行く途中の風景とか、何ででしょうか?

結構鮮明な記憶が蘇ってくるのが不思議ですね。

幾ら会話したくても出来ないことに、悔しさを覚えます。

過去の思い出って、一つの財産ですね。

ちいさな幸せだけど、本当に無形財産だと思います。

事業で失敗するたびに相当額を失くしましたが、これってどうですか?

財産を失ったにも関わらず、それほど痛みを感じません。

また、どこかで挽回できるし成功すると信じていますから。

「人生を変える」

心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。

毎日の福散歩から習慣を変えるところまでは来ましたが、
人格は未だ変わらないようです。

でも、折角の敬老の日だからもう一度心から変えて見ますか?

人間、何度失敗しても良いんだよ。

あなたも何度転んでも良いんですよ。

転がるたびに角が取れて丸くなるから。

丸くなれば、心も自然と変わるからね。

うちの倅も僕の遺伝子を受け継いでくれているようで有り難いことです。(笑)

もっと転べば、人生が変わるでしょうね。

他人行儀じゃない、本当の家族に憧れる僕がいました。

でも、お金が無くちゃ何も出来ないのも事実だね。

良し、山下公園が見下ろせるマンションでも買って「家」としよう!

少しは求心力をみせ大黒柱の存在をアピールできるようにお金を稼ぐ。

敬老の日の福だるまの独り言でした。

元税務署長の税理士さんの友人と話して感じたこと。

元税務署長の税理士さんの友人と話して感じたこと。

 

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

昨日、中学時代の同級生、元税務署長の税理士さんの友人と話して
感じたことを書きます。

一昨日に手紙で長年のご無沙汰を詫ながら近況報告を書いた。

が、印刷しようとしたら「シアン」を取り替えろと指示がでる。

たまたまこの在庫が無かったからドンキに走る。

 

そして、シアンを取替えて印刷するも白紙のまま出てきた。

おかしいなと思いノズル掃除や考えられることをしたが駄目。

 

試し印刷をするとカラーは、出てるが「ブラック」が印字されない。

まだ満タン近く入ってるブラックを新品に取り替える。

しかし、結果は変わらない。

 

なんじゃ、これ?

 

いきなり松田優作モードになった僕がいた。

 

 

そこで、一日頭を冷やし友人には突然の電話することにした。

振り返れば丸45年くらいのご無沙汰である。

 

良く覚えてくれたもんだ。

中学時代に机を並べ、お互いに女の子に興味を持つ年頃だったが
彼は勉強一筋、僕は遊び中心だったが成績は僕のほうが良かった。

 

以後お互いの進路は違ったが最後に会ったのが僕の水商売時代の
北九州・小倉、クラブ九州の駆け出しの黒服の頃。

 

初めての同棲生活を自慢したかったのか、税務大学校に
進学して夏休みで帰省中の彼を小倉に呼び一緒に酒を飲んだ。

そして、彼女を紹介したりもした。

 

その後、僕は青雲の志のもと「銀座」を目指した。

それからが音信不通状態に入るのである。

彼の消息は気になったので、大蔵省職員録を図書館でチェック
したりをしていたから、税務署長になったのは知っていた。

 

松江署長から広島・廿日市署長までは追跡していたが、
ふっと今年に入り思い出した時には、定年過ぎ?

 

慌ててググると広島で税理士事務所をやっているようだ。

 

この4月に電話してみると外出中と奥さんが出た。
昔馴染みの友人であることだけを伝えておいた。

 

 

そして、手紙を書いてみる。

 

 

これからが、本番だ。

電話をしたがまた外出中だと言うので、こちらの番号を伝え
折り返しをお願いする。

 

すると、掛かってきた。

声は、若い、昔と同じような感覚が蘇る。

 

長年のご無沙汰を詫び、近況報告をする。

もっぱら彼は聞き役に徹してくれる。

 

いつもの僕と立場が逆転しているようなことになる。

が、まあいいかと適度にその後を話す。

 

そして、本題の税理士の話となる。

僕がこれからやる事業でどうしても気心の知れた人が欲しい。
だから君に電話したと正直にストレートで話す。

予想外の答えは、顧客が一人もいないので仕事はしたくない。

税理士の看板は出していても休眠状態だし、やりたくないと。

 

近い将来に無くなる仕事に「弁護士」さんや「税理士」さんたち、
士業の先生も言われるようになってきているが、彼は別格。

 

自分から望んでやりたくないと。

 

仕事が無くなるとか、顧客がいないとか、集客できないとかの
そんな低次元の話をする訳では無く、やらないと言う。

 

翻って、彼のこれまでの人生を勝手に想像してみた。

税務大学校を卒業して中国管区で、一大蔵省職員として働き出した。

所詮ノンキャリアの扱いだから、精々末は署長止まり。

以後は税理士稼業というのが最初に敷かれたレールだったのだ。

 

その途中で、お見合い結婚でもして普通に子供を授かり成長させ、
その子らも独立して離れていき、今は奥さんと二人暮らし。

 

この30数年間の給料と退職金、老後は安泰の「年金」がある。

マンションと言えども家賃は掛からない、夫婦2人での年金暮らし。

 

まだ年金がきちんと貰える時代に生きている、それも大蔵省職員。
貰えないほうがおかしいほどの金額は得ているはずだ。

 

何を煩わしく人の面倒を見る必要があるのか?

人と接することさえ煩わしくなっているかも知れない。

 

因みにインターネットやってるか?

メールは?

 

全然、反応なし、何も出来ないというかやっていない。

 

ついこの前にやはり同級生と繋がり、彼とはLINEをした。
まだこの友人のほうがマシだった。

 

僕の想像では、インターネットくらいは当たり前にしてる。

顧客との対応もメールでやっていると勝手思ってた。

 

だから助平根性を出して、ホームページでも作ろうよと
見込客扱いをしていたのだ。

 

ホームページを作り、集客コンサルを別枠で二度美味しい。

 

それが、『何これ?』

 

言葉こそ優しいが、サングラスを外した松田優作ではないか。

 

 

「お前が何をしようが、役に立てない。」

 

糖尿気味なので、ウォーキングするのが楽しみだそうだ。

 

 

悲しいね、本当にオジサンは悲しい。

儚さを覚えた。

 

 

人には色々な人生がある。

島倉千代子が歌ったように『人生いろいろ』

 

 

僕には【夢】しかない。

この夢には、普通の人の人生は微塵も入っていない。

 

若い頃の水商売時代から、世の中のというか人の裏表を観察し、
表裏一体が人であることは分かっている。

 

お客様だった元総理大臣だって裏表があった。

上場企業の社長さんだってそうだ。

一流と言われる芸能人だってそうだ。

アイドルなんて、その代表選手だ。

 

みんな、夢を売るのが商売だ。

 

みんな表裏一体あるから、面白いのだ。

 

 

夢には表裏一体が無いことを願う。

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

豪華客船クルーズのイメージが変わってしまった、横浜大桟橋を福散歩。

豪華客船クルーズのイメージが変わってしまった、横浜大桟橋を福散歩。

こんばんは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

昨日は、「スーパースターヴァーゴ」を日曜日で混雑している中を見に行き、
今朝は、「ダイヤモンド・プリンセス」を見るために大桟橋に行った。

この50日以上にわたってインスタグラムで「福散歩」として、「横浜」を
テーマに色々と毎日10枚の写真をアップしてfacebookと連携している。

 

そして、先週20日の日曜日に東神奈川まで散歩というより、遠出をした時に
赤レンガ倉庫から「ダイヤモンド・プリンス」が停泊しているのを見た。

が、スマホ電池切れで大桟橋に行き近くで撮ることを諦めていた。

 

ところが何気に山下公園を散歩している時に掲示板で入港案内があったのを
思い出しチェックした所、この2隻が27日と28に入港するとある。

なので、天気が良いからと大桟橋への福散歩を2日連続としてみた。

 

豪華客船クルーズのイメージが変わってしまったと書いたが、本当にそうだ。

余りにもカジュアルになりすぎてる?

 

「スーパースターヴァーゴ」は、「處女星號」とあり明らかに華僑のもの。

横腹を見ればGENTING 雲頂世界  麗星郵輪ともある。

これで思い出したのが、マレーシアのゲンティン・ハイランドのカジノ。
マレーシアで山の中に最初に出来たカジノである。

 

気になったのでネットでググると案の定、そうだった。

スーパースターヴァーゴ アジアクルーズ
https://www.youtube.com/watch?v=db6DnGS0YCc

 

流石に国際的なグループなので、ナッソー船籍にしていると船尾にある。

旗はバハマの国旗、そうなのですバハマの首都がナッソーだから。

勿論、カリブ海にあってもイギリス連邦の一員なのでタックスヘイブン国。

近年賑やかしく騒がれた「バハマ文書」のあのバハマです。

 

1987年に「ARUBA」にいった時にストップオーバーでナッソーに降りたけど、
空港の外には出なかった記憶だけが蘇った。

 

マレーシア華僑集団だから、ラブアン島を使えば良さそうなものだが、
同じタックスヘイブンとしていてもラブアン島には魅力が無いようだ。

 

がっかりした理由は、カジュアルになりすぎてるというよりネット上に
安いツアーを紹介しているブログやYoutubeがゴロゴロとあるのだ。

 

僕が単に今浦島をやっていたという情けないことだった。

 

因みに「スーパースターヴァーゴ」は、
船籍 バハマ
総トン数 75,338t
全長 268m

 

「ダイヤモンド・プリンセス」は、
船籍 イギリス
総トン数 115,875t
全長 290m

 

「飛鳥Ⅱ」
船籍 日本
総トン数 50,142t
全長 241m

 

「コスタビクトリア」
船籍 イタリア
総トン数75,166t
全長 252.9m

 

これらが8月に横浜に入港した代表選手です。

 

 

今日の「ダイヤモンド・プリンセス」は、イギリス船籍なのでもう少しは
マシなのだが、数年前から日本を起点にクルーズを組むようになり大衆化が
進んだような感じだ。

この8月は、ショートクルーズを毎週のようにやっていたのだ。
その最後が今日の横浜、またどこぞに出港するのだろう。

 

船の大きさとしては、こちらに軍配が上がるがネットのでは格安クルーズで
有名になっていた。

 

ダイヤモンド・プリンセス 総合案内
https://www.youtube.com/watch?v=Xb9_ixDuY4Q#t=5.018511

 

が、海外からワザワザ日本に来てこのクルーズを楽しんでいる人たちも多いようだ。

外国人が急増!日本でクルーズ旅行のナゼ
https://www.youtube.com/watch?v=nS4XePX58Vw

テレビ番組でも取り上げられているように、やはり人気がある格安クルーズ。

 

 

昔、豪華客船といえば「クイーン・エリザベス」と思っていた時代がある。

1989年に「横浜博覧会」が、現在のランドマークタワーが建っている「みなとみらい」三菱造船の横浜ドッグ跡を利用しての博覧会だった。

この時に「クイーン・エリザベスⅡ世」が博覧会開催中にホテルの代用として、
大桟橋に係留されていた。

 

僕の尊敬する永田町の利権屋さんは、この「QEⅡ」を貸し切ったことがある。
今は会いたくても会えないところにいらっしゃるのが残念でならない。

 

そこで、このイギリスを代表するキュナード社をググると今の女神が出ていた。

生まれ変わっていたのが、

「クイーン・エリザベス号」
http://www.cunard.com/cruise-ships/queen-elizabeth/

Ship facts
Entered Service: 2010
Planned Refit: November 2018
Country of Registry: Bermuda
Service Speed: 21.7 knots
Max Speed: 23.7 knots
Guest Capacity: 2,081
No. of Crew: 1,005
Length Overall: 964.5 feet→293.98m
Width: 106 feet
Draft: 25.9 feet

 

「クイーンビクトリア」
http://www.cunard.com/cruise-ships/queen-victoria/

Ship facts
Entered Service: 2007
Planned Refit: May 2017
Country of Registry: Bermuda
Speed: 23.7 knots
Guest Capacity: 2,061
No. of Crew: 981
Length Overall: 964.5 feet→293.98m
Width: 106 feet
Draft: 25.9 feet

 

クイーンメアリー2
http://www.cunard.com/cruise-ships/queen-mary-2/

Ship facts
Entered Service: 2004
Refit: May/June 2016
Country of Registry: Bermuda
Speed: 28 knots
Guest Capacity: 2,691
No of Crew: 1,292
Length: 1,132 feet→345.03m
Width: 131 feet
Draft: 34 feet

 

全長は「1フィート=30.48cm」を掛けて→mで書き直した。

 

まるで助さん格さんを従えた水戸黄門のように、エリザベスとビクトリアを
従えた「Queen MaryⅡ」、この船こそが豪華客船と呼ぶに相応しい気品を持つ。

イギリス船籍かと思えば、バーミューダ船籍としているのが憎いね。

 

 

夢は大きくといつも言ってるくせに、最近は夢を忘れていたようだ。

安いクルーズは、練習台として浮気相手と一緒に行くとする(笑)。

 

やはり、本命とは「Queen MaryⅡ」で世界一周クルーズに行きたいものだ。

 

そのためには、何を?誰と?どうやって?の3つの視点は外せない。

 

ファンクラブ運営コンサルタントをママの倶楽部メンバーと一緒にネットを使い、
仲間を増やしていくことが、夢への近道だ。

 

 

夢ノートをきちんと書くことにした。

人に教えている限り、自分自身が模範となり、その様をリアルで伝える。

 

このブログもイメージチェンジが必要かもしれないし、会社サイトも
コンテンツを充実させ、あらゆるSNSを連携させて善循環の輪を作る。

 

ここ数日、スランプ気味だったのが豪華客船のイメージを変えてみせてくれた、
昨日今日で改めて自分の夢を思い出させていただいた。

感謝あるのみだ。

 

 

夢ノートは、「黒革の手帳」よりも先に大事なものだと気がついた。

あなたも夢ノートは書くようにして下さいね、上書きできるようにして。

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。