プライベートの記事一覧

五縁=ご縁を知っていますか?縁についての雑学を紹介します。

 

おはようございます、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

縁について僕が最初に教わったのが、「五縁」のことでした。

昔の水商売時代に、お客様から五円玉を目の前に見せられながら、

【五縁】

「人に縁あり」

「縁に気付き」

「縁を育て」

「縁を生かし」

「縁を喜ぶ」

 

この五縁(五円)を大切に、お客様、ホステスさん、男性スタッフとの縁を活かせと。

 

 

 

御縁と五縁 また、指を使っての『五縁』の話ですが、

親指は、まず私どもに もっとも身近なご先祖様にあたる親とのご縁。

人差し指は、多様な人たちとのご縁。

中指は、仲間友人たちとのご縁。

薬指は、夫婦のご縁。

最後、小指は子供とのご縁。

 

これら「五縁」の人たちも、それぞれが「御縁」を頂いてこの世に誕生してきているのですから、
当人とはことさらしっかりとした関係があるということです。

人間は決して一人では生きていけないでしょう。

私たちは「御縁」のお蔭で現代人として命を頂いているのだということを忘れず、
自分のまわりの「五縁」を大切に生かして日々過ごしていきたいものです。

 

 

 

 

商売においても「縁」を中心として戦略を立て、展開することをお勧めします。

すなわち、 家族や親族の「血縁」をはじめ、

地域の縁だという「地縁」、

学校や同窓生の縁だという「学縁」、

職場の縁だという「職縁」、

そして趣味の縁だという「道縁」 の五縁を持ち味とした

商売を本格的に行なうのです。

 

 

 

五縁祈願祭(美縁・良縁・愛縁・幸縁・守縁)神話の国 縁結び観光協会のお話。

五縁とは、、、?

美縁(びえん)…心身から美しくなる縁

良縁(りょうえん)…素敵なご縁に巡り会える縁

愛縁(あいえん)…愛に包まれたご縁に巡り会える縁

幸縁(さいえん)…ご縁に巡り会え幸せになる縁

 

 

 

『ぼくはね、五縁を大切にしてるんだ。』って…

(人と)出会い。

(人と)食べる。

(人と)話す。

(人と)飲む。

(人と)笑う。

そして首から下げていたお守りと五円玉を見せてくださいながら
『日々神様に感謝してる。健康なこと。生きてること。人との出会いに。』
っとおっしゃっていました!!

人生をとても愉快に生きようとしていて話していてとっても前向きな気持ちになったんです!!

 

 

 

華僑の経営手法を研究する華人の多くは人間関係を重んじます。

地縁(同郷)、

血縁(同族)、

業縁(同業)、

神縁(同一民間士俗信仰)、

仏縁(同一物産)を

「五縁」とし、ここのところを尊びます。

縁とはつまるところ絆。

その絆の相互扶助の精神で助け合いながら商いを伸ばしていくのが華僑の持ち味だと言えます。

 

 

 

里宮神社では、毎年2000個以上の「ご縁お守り」を金銭を払うことなく
参拝された方にお渡ししているといいます。

ここの五縁(ご縁)とは、

勉学、 恋愛、 健康、 金運、 商売繁盛の5つを言います。

 

 

 

如何でしたか、色々な五縁があったでしょ。

あなたのお好きな五縁を自分のものにしてくださいね。

 

お客様との話題が途切れたときにでもネタとしても使えますからね。

 

 

最後に、

あなたは徳川幕府三代の将軍(家康・秀忠・家光)に仕えた柳生十兵衛という人はご存知だと思います。

映画やテレビなどでお馴染みの方ですから一度や二度くらいはお目にしたことがあるかと。

この方の柳生家の家訓というのが大変有名なので紹介してておきます。

 

『小才は縁に出合いて縁に気付かず、

中才は縁に気付いて縁を生かさず、

大才は袖すり合うだけの縁をも生かす』

 

生活パターンの中にはたくさんの縁があると思うのですが、縁を縁と気づかなかったり、
袖が触れただけでも縁と感じ、縁を活かす方などなど、縁っていろんなところにあると思います。

 

 

 

今日のまとめは、商売人は「縁」を大切にしようねってことです。

華僑の言ってる、「ご縁=絆」ですから。

 

若しかして、僕とあなたのご縁も今日から始まるかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

マインドセット, 思い出

税理士をしている君が、ホームページを持っていないことに驚いた。

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

中学時代の同級生だった君が税務大学校から、管区の税務署勤務となり、
転々と役人生活を無事勤めあげたのはわかったいた。

40年以上も会っていないけど、最後に会ったのが北九州の小倉時代で、
僕が初めての同棲生活をしている頃だったから45~6年前だったね。

未だ税務大学に行っていた頃のことだと思う。

別れた彼女が地元に戻り、喫茶店兼スナックをやってたのを訪ね、
君が僕が上京したあとも小倉に来てたって覚えていて教えてくれた。

それが、36年前のことだから今浦島のような淡い記憶だ。

 

 

その君が役人生活最後の方で、松江や広島の方で税務署長になって
いたのを何かのニュースで覚えている。

そして今はお約束の税理士さんをしている。

 

 

まあ、クライアントには困らないくらいの実績があったから、
ホームページは作る必要が無いのかもしれない。

 

けど、いまも現役で税理士さんとしての仕事をしているんだから、
名刺代わりにホームページかブログくらいはあった方が良いと思う。

子どもさんのことは、何も分からないが跡継ぎにと考えていたら、
尚更今に生きているということをメーッセージし続けて欲しい。

 

士業の先生が食えなくなる時代が、早晩来るようなことも聞く。
そうなってからでは、対応が遅すぎると思うのは僕だけじゃないはずだ。

 

同じ広島に僕より3歳年上の弁護士をしている母方の従兄弟がいる。

彼の事務所では、若手の弁護士さん2人と一緒にやっているので、
結構なお金を取られたであろうサイトが存在している。

 

その内に、このサイトの良くないところを指摘して僕のファンにする
つもりだけど、もう少し様子を見て改善するかどうかの見極めをする。

 

この2人の弁護士さんは、行列が出来ることを望んでいるはずだから。

 

 

僕は、君がこのブログや僕のfacebook、Twitter、アメブロなどの
媒体を隅から隅までチェックして、僕のファンになってくれることを
期待している。

そしたら、特別友人割引でファンクラブ運営コンサルタントをして、
何から手を付ければ良いのかを教えるし、君に最適なホームページを
僕が作り特別にプレゼントする。

 

このホームページをプレゼントするというのも、永くお互いに関係を
持ち続けて欲しいからに他ならない。

 

僕はこれから日本全国のママさんたちと一緒にファンクラブ運営事業を
進めていくけど、もしこの100人のママさんの中に税理士さんに不平や不満
を持っている人がいたらどうする?

 

真っ先に君に紹介してあげたいと考えるのが、人情ではないかなあ。

 

先程の弁護士の従兄弟にも広島の僕の友人を紹介したことがある。
が、この友人は昨年癌で亡くなった。

 

昨日、君も知ってる中学時代の悪友のK君がLINEで繋がって来たけど、
Kが言うのに高校時代のY君が癌と脳梗塞と心筋梗塞を患い半身麻痺状態で
あると教えてくれた。

 

もう僕たちは残りの人生が悔いのないように生きることを選択しようよ。

お互いが過去に学んだ知識や知恵を少しでも後世に伝えていくことで。

 

それも馬鹿みたいに金の亡者になる必要もないじゃない。

子孫に美田を残すこともないけど、誰かに生きていた証が伝えられれば
それで由としようよ。

 

そのための第一歩が、僕との旧交を温めお互いのことを認め合う。

お互いの会えなかった時間を超越したこれからの時間を大切にする。

お互いの持てる何かを次の世代に伝えていく。

 

 

僕は、熟年離婚を経験させられたけど君のところには元気そうな細君が
いたよね、4月に突然iタウンページを頼りに電話してみたんだ。

けど、君は税務相談か何かで税務署の方に行っているとのことだった。

 

この時、心から羨ましく思ったね。

生き様の違いと言えば、簡単に片付けられることかもしれないけど、
一つの道をずっと歩んできた君には本当に勇気づけられる。

 

今日のブログに書いたことを加筆修正して、君に手紙を書く。

どの様に受け止めてくれるか、想像するのが怖い僕がいる。

 

何をいまさら、ともだちか?

音信不通で45年か?

 

けど、僕の中には中学校時代に机を並べた君の姿しか無い。

確かに友達だった頃があったこと思い出す。

 

あの頃、僕が付き合っていたM・Mさんも3人の男の子がいるって、
聞いたのは今から36年頃の前だったと思う、その後音信不通。

 

キクチンがうちの母親に同窓会をしたがっていると聞いたのは?

米屋のKが親父をあとを継いで懐かしがっていたとか、の話はある。

 

が、僕は意識的に田舎を遠ざけていた。

未だにそうだけど、ここ何年も墓参りも帰っていない親不孝者。

 

そのくせ自分の遊びを優先してきた、だから今がどん底かも。

でも僕の未来は明るい、君や100人のママさんと繋がることが
キットできると信じている。

 

 

楽しくやろうよ。

面白く生きようよ。

 

 

 

じゃあ、また。

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

ファンクラブ, 思い出

ママのためにご縁、五縁や【縁】についての気づきを紹介します。

こんにちは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

 

こんな時間に気になったので書いています。

 

 

徳川幕府(家康・秀忠・家光)に仕えた柳生十兵衛という方はご存知ですよね?

よく映画やテレビなどでお馴染みでもありますから。

この柳生家に伝わる家訓が【縁】について教えてくれています。

 

『小才は縁に出合いて縁に気付かず、

中才は縁に気付いて縁を生かさず、

大才は袖すり合うだけの縁をも生かす』

 

人が行きていく上でいろんな縁があると思うのですが、縁を縁と気づかなかったり、
袖が触れただけでも縁と感じ、縁を活かす方など、縁っていろんなところにあると思います。

 

 

僕が水商売時代に教わったのが、ご縁から【五縁】
5つのご縁を大事にしなさいということです。

一時期は会社の社訓の用に使いもしましたが、今はやめています。

「人に縁あり」
「縁に気付き」
「縁を育て」
「縁を生かし」
「縁を喜ぶ」

 

 

以下にネットで気になった【縁】をご紹介させていただきます。

 

御縁と五縁

また、指を使っての『五縁』の話ですが、

 

親指は、まず我々に

もっとも身近なご先祖様である親とのご縁。

人差し指は、色々な人たちとのご縁。

中指は、仲間友人たちとのご縁。

薬指は、夫婦のご縁。

最後、小指は子供とのご縁。

 

これら「五縁」の人たちも、それぞれが「御縁」を頂いてこの世に誕生してきているのですから、
本人とはことさら深い関係があるということです。人間は決して一人では生きていけません。
私たちは「御縁」によって人間として命を頂いているのだということを忘れず、自分のまわりの
「五縁」を大切に生かして日々過ごしていきたいものです。

 

 

 

営業においても「縁」を中心として戦略を立て、展開すべきです。

すなわち、

家族や親族の「血縁」をはじめ、

地域の縁である「地縁」、

学校や同窓生の縁である「学縁」、

職場の縁である「職縁」、

そして趣味の縁である「道縁」

の五縁を意識した営業を徹底的に行なう、これは僕もよく勧めるものです。

 

 

五縁祈願祭
(美縁・良縁・愛縁・幸縁・守縁)
神話の国 縁結び観光協会

 

五縁とは、、、?

 

美縁(びえん)…心身から美しくなる縁

良縁(りょうえん)…素敵なご縁に巡り会える縁

愛縁(あいえん)…愛に包まれたご縁に巡り会える縁

幸縁(さいえん)…ご縁に巡り会え幸せになる縁

 

 

 

『ぼくはね、五縁を大切にしてるんだ。』って…

(人と)出会い。

(人と)食べる。

(人と)話す。

(人と)飲む。

(人と)笑う。

そして首から下げていたお守りと五円玉を見せてくださいながら『毎日神様に感謝してる。
健康なこと。生きてること。人との出会いに。』っとおっしゃっていました!!

人生をとても楽しく生きようとしていて話していてすごく前向きな気持ちになったんです!!

 

 

華僑の経営手法を研究する
華僑は人間関係を重んじます。

地縁(同郷)、

血縁(同族)、

業縁(同業)、

神縁(同一民間士俗信仰)、

仏縁(同一物産)を

 

「五縁」とし、これを尊びます。

縁とはすなわち絆。

その絆の相互扶助の
精神で助け合いながら商いを伸ばしていくのが華僑の特徴です。

 

 

里宮神社では、毎年2000個以上の「ご縁お守り」を無料で参拝された方にお渡ししています。

五縁(ご縁)とは、

勉学、

恋愛、

健康、

金運、

商売繁盛の5つを言います。

 

 

色々なご縁があったでしょ、あなたのお気に入りのご縁を紙にでも書いて、
目につくところに貼っておくと良いことがあるかも知れませんよ。

 

このご縁の話をすると、みなさん「にこやか」になり「笑顔」が生まれます。

 

どうかご縁の輪を広げる、日本人同士で「縁=絆=相互扶助」に気づきましょう!

 

 

五円玉とご縁の因果関係も調べれば面白いかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

 

備忘録

お疲れ様です。

マレーシアで夢破れた福だるまです。

久しぶりの投稿ですが、マレーシア投資について気づいたことを少しだけ書きます。

マレーシア投資で損をさせたくない一心からですけど。

 

よく日本と比べて「安い」と言うセールストークが使われますが、本当にそうでしょうか?

物件を隅から隅までチェックしていた僕から見れば、相対的に高いです。

日本のデベロッパーに何段階かのランクがあるようにマレーシアにもランクがあります。

 

が、殆どのところが経験知が不足しています。

マレーシア上場といえども、規模は?
開発事例は?
内容は?

ましてや、マレーシア上場もしていない弱小デベなんてお話になりませんよ。

 

だけど、殆どのところが大型開発をやりたがります。
が、これがネックとなるケースが沢山あります。

 

 

僕は、クアラ・ルンプールの中心街の物件しか扱わないようにしていましたが、車で30分~1時間離れたところではおかしな物件が山ほどありました。

 

政府の住宅政策が、我々海外の投資家には良い形で伝わって来ないことに加えて現地ブローカーは一切だんまりを決め込みます。

日本人ブローカーは最初から何も聞かされないし、調べようともしていませんから。

 

 

マレーシア人といっても、純粋なマレー系と華僑系、インド系、イスラム系などの多民族国家なんですよ。

 

このあたりのことは私達には理解できない事だらけです。

 

衣食住、全てにおいて違いがありますからね。

 

住宅ローンは言わずもがな、物件によってマレーシア人向け価格と海外投資家向け価格が歴然としているものが多数です。

所謂二重価格がまかり通っています。

 

 

けど、海外向けは日本人だけが対象じゃないですからね。

華僑ネットは、どこの国も繋がっていますから情報操作も上手いですよ。

加えて、イスラム金融が幅をきかせ始めてから様相も代わってきました。

 

マレーシア・グランプリのためだけに一等地の最高級物件を買うなんてことができるのは、アラブのお金持ちたちジェットセット族。

一昔前は、5つ星ホテルのペントハウスから上階のフロア借りをしていた人たちですけどね。

 

 

華僑投資家がその次の高級物件を情報網を使って押さえる。

香港や上海から、ガンガン資本が入っていますから。

 

 

クアラ・ルンプール一番のデパートというかモールに「パビリオン」があります、銀座の三越や松屋などを一緒にしたような。

場所も繁華街のど真ん中。

このページのヘッダー画像に使っているところ。

 

 

この上層階がタワーマンションとして2棟ありますが、ここの地下駐車場なんて日本では見かけることのない「億車」がゴロゴロ品評会をやっています。

ここの物件は、日本人にはカモがネギ背負ってきたような扱いをされます。

知らないのは日本人だけ(笑)

 

 

最初に書いた「安い」という観念は、この「億車」品評会に来ている人たちにはありませんから。

兎に角、「投資」という概念が最初から日本人と海外のお金持ちとでは全然違います。

 

 

そして、香港・マカオで儲けた、シンガポールで儲けた、上海で儲けたという華僑グループもお手上げの状態です。

僕は華僑と組んでいたので彼らの二番煎じを辛うじていただくことができていたけど。

でもケンカ別れでジエンド。

 

 

 

目先の欲で動く華僑なんて、僕にとっては初めてでした。

現地日本人会に挨拶に行き、長い目で見て日本人が喜んでくれるようなリフォーム会社を立ち上げようとしたのが僕。

 

特別なルートで「ウォッシュレット」を持っていき、これをきっかけに事業の基礎を作ろうとしたのに。

彼は、目先の物件をガンガン売って100万円200万円の手数料が欲しいだけ、売った後のことなど全然考えない。

 

一緒にビジネスをやるまでは好青年のはずだったけど、どうして変わってしまったのか不思議でしたけどね。

 

 

 

まあ、グダらない関係ないことまで書いちゃったけど、言いたかったのはブローカーは何も知らない、知らされていない、勉強していないってこと。

 

 

これからマレーシア不動産に投資したいとか、するとか考えている人は、自己責任なんだから好きにしてね。

 

一等地から10分も歩けば、結構な物件が10万円もしないで借りられるのも事実ですから。

現地の新聞には、沢山の優良な情報が山ほど出ていますよ。

賃貸物件、売買物件もですよ。

 

 

「億車」たちや、華僑は新聞に出る前にうわばみをさらっていますけど。

 

 

 

 

「安い」って基準は、あなた自身が考えることですよ。

 

 

 

 

 

これは、少し前にfacebookファンページの「マレーシア投資倶楽部」におよそ5年ぶりで書いた記事です。

 

 

昨日アップした記事が、全然あげられていなかったからチョッとショックです。

何故、WPに書いた記事があげられていなかったのか気になります。

 

 

最近は、書くペースが落ちてきていたので暫くは真面目に書きますかね。

 

そして、今日とは逆にここで書いたのをアメブロやfacebookに回すとか。

思い出, 投資マインド

最新デジタルツールを使った実践スピード集客術(動画版)を見てみた。
こんにちは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

昨日、余りにもしつこく広告がつきまとってくるので「最新デジタルツールを使った実践スピード集客術(動画版)」を見てみた。
なんと講師が神田昌典さんというではないか、それと中野巧さんという方らしいがこちらは興味ない。

 
やたらとコマーシャルしていてうざいけど無料動画だというのでちょっと見たら、普通に無料を強調した言い方をしていた。
その中で言うところのデジタルツールってのは無料ホームページ作成の「WIX」と「facebook」のことだった。
facebookはやるのは無料だが、広告はお金がかかる。
これが安くても効果的に打てるということだ。

 

 

当たり前的に「売れる方程式」とやらを説明してくれる。

オファー(価格/商品内容)

ターゲット(属性)

切り口(コンセプト)

これは、お約束だと思い我慢して視聴を続ける。

 

 
そして、提案となった。

「売れる方程式」は後回しして、

まずオウンドメディアのためのブログが大事だと。

 

①最初にやるのは、無料の「LP作成ツール」でLPを作りましょう。
②次が「FB広告」、これが第2話になってる。
③最後が「ブログ(オウンドメディア)」なのかな?

 

 

 

今更ながらの

○ワンステップセールス
アクセス→商品LP
○ツーステップ
アクセス→無料オファー
→メルマガ(ステップメール)→商品LP
○マーケティングオートメーション

と順序だてて教えてくれるところが憎いね(笑)。

 

 
でも、セールスページを見てると①②③を受講すると一つ5万円、
3つまとめて受講すると11万幾らかだったと思う。

 

僕は、まさかあの雲の上の人神田昌典大先生がこの様なところまで降りてきて講師となられる。
まさしく情報弱者向けのセミナー商材だ。

 

 
呆れてしまって、しばらくは口をポカ~ンと開けたままの放心状態。
気を取り直して、久しぶりに「WIX」を覗いてみた。

相当に進化していて、こちらは別な意味で面白さを感じた。

 

 

 
そして、気になってた銀座のババアのホームページを作ってやることにした。
お客様もいない店内の数枚の写真だけしか無かったし、最初からサイトを作る気なんか毛頭ないから準備もしていない。
ただ、神田大先生の弟子が勧めるくらいだから「WIX」は良いのかなというのと、このWIXもYouTubeでやたらとコマーシャルしていてうざいけど、とりあえず最近の使い勝手だけを知りたくなる。

 
おかしなところのある僕の知的好奇心がやれという。

しょうがないからネタでもある銀座のババアで行くか?

デジカメから画像をパソコンに落とし、そこそこのサイズにする。

WIXの沢山あるカテゴリーの中から、飲食店系を選ぶ。


「Bar」があったので、無理やりこれに決める。

あとは、適当なコピーを考えて即興で入力していく。

名刺を貰っていたので、住所や電話番号を入れたりする。

 

 

そして、メニューではたと困った。

アバウトなことしか聞いてなかった。

 

 
カラオケ歌い放題のお店、「銀座・岸川」です。

ボトルキープが、シーバスリーガルのみで1万円。

ハウスボトル飲み放題が8千円。
(デュワーズDewaers・安いスコッチウイスキー)

 

 

え?

銀座でこの値段?

何度も聞き直したから間違いない。

 

 

おまけに僕の紹介だと言って来店してくれた人には特別割引の特典付きです。

それも、飲み放題6000円という25%も割引してくれるそうだ。

 

1万円札諭吉先生1枚で、4000円のお釣りがくる。

これは、お客様を僕が呼べないものとバカにしてのものなのか?

 

 

2時間で作成したWIXサイトには特典のことは書いていない。

が、住所も電話番号も書いているので確認して下さい。

 

 

僕の名前は、福原正樹、福だるま、福の神、横浜のジジイの何れかの紹介と言っていただければ安く飲めてカラオケ歌い放題。

 

このお店のサイトは、こちらをクリック。

 

 

 

無料でホームページやランディングページが作ってみたい方は一度だけでも「WIX」をやってみると良いですよ。
この様な便利なところで勉強すれば、Wordpressで独自ドメインやレンタルサーバーを使うことも出来るようになるかもね。

 

 

 
調子に乗って、銀座のババアのアメブロもと考えて遊ばせていたブログのヘッダーを変更しようとしたら、拒否られた。
何度もスタイルシートを書き換えて画像の張替えをしてもダメだ。

使っていたヘッダー画像を削除しても、削除されない?

画像ストックのところには、新しいの1枚だけにしても古いのが出てきて幅を利かせてる。

 

 
こんなことあるのかなあ、2つばかりのアメブロで試したが同じで「Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。」との警告がヘッダーの下に隠れていた。

 
アフィリエイト目的で作り、遊ばせてたのが影響してたようだ。
悔しいから新たに作るかな?

暇があればだけどね。

 

 

 

 

最後に、僕のところでは弟子に神田大先生がやってるようなことは無料で教えているよ。
ツールを使わせるなら、そのツールを使ってどの様に稼げるのかまできっちりと教えているから。

 

 
何だかアフィリエイトの大御所とか言われている連中とちっとも変わらないような気がしたのは、僕だけかなあ?
動画を使った「ローンチ」が飽きられてることをご存じないようだ。

 

 

 
悲しい気持ちになった。

 

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 
会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

銀座のババア