腰が痛い、ひじが痛いと相当ガタがきているって年のせい?

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る



腰が痛い、ひじが痛いと相当ガタがきているって年のせい?

おはようございます、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

腰が痛い、ひじが痛いと相当ガタがきているって年のせいかな?ってことで何とか自分を誤魔化しているんですけどね。

 
今朝も寝起きは、腰が痛くて目覚めました。

このところ毎日のように腰の痛さで目覚めています。

が、何年に一度か起き上がれない歩けないといったぎっくり腰とは違う症状なので、どの様に向き合っていいのか分かりません。

 

かといって医者に行くほどの勇気は持ち合わせていませんから。

まあ、気楽に気にしないようにしていくのがベターかもね。

 

いつもならGoogle先生に聞いてみるところなんですが、駄目ですね。

何か変なことが書いてあれば気にするほうなので、ここは我慢。

 

 

草加の時も同じような兆候があったけど、毎日仕事に行かなければという義務感がどことなく忘れさせてくれていました。

座ったままではコツコツ作業ができないというので、会議用折りたたみテーブルを会社から借りての椅子に座っての作業をしていた。
今の部屋に引っ越した時も、椅子での作業を一度は考えたけど狭いことを理由に無駄使いをしなかった。

若しかして、今の座ったままでの作業が原因かとも思ったけどこれも違うような気がするし、結局うやむやにしてします。

 

 

 
一方のひじは、昨年の11月以来ずっと続いている。

これは、警備士としての交通誘導の一つである片側交互通行の誘導をしていた時に、先輩である相手の未熟さにあきれたり車の運転手さんに早く行くように促すために誘導棒を目一杯に振っていたのが原因だと思ってる。
通常だと8時30分から17時30分までの勤務のところ、23時頃までやらされたのもある。

残業を5時間もつけたけど、日報にこの残業はないだろうと書いて日勤と夜勤の2日分を貰ったくらいの過酷さだった。

 
大昔にお店をやってた頃にテニスをしていた。

二泊三日のテニス合宿などもしたりして楽しんでいたが、終日コートで相手を替えるだけで連続プレーをしていたのにテニスエルボーなどになることはなかった。
でも今は、変な時に痛みを感じるが何故ってところです。

 

 

おかしいよね、年のせいにはしたくないのだが、確実に年を取って色々なところにガタがくるのは仕方ないことだ。
こんなことを自分のストレスとはしたくないが、何かシャキッとしない自分がいる。
もう少しで67歳、よく生かさせてもらってると思う。

 

 

 

今朝のニュースで「ゴダイゴ」育てた音楽プロデューサー山田廣作さん急死 76歳とあった。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6239086
まだ76歳だったのというのが第一印象だったけど、彼と一緒に「ゴダイゴ」をマネジメントしていたのが、元ABCプロダクション社長のO氏。

僕は山田さんのことは良く知らないが、赤坂の事務所にお邪魔してもO氏しかいなかった。

 

このABCプロダクションを4分割した時の一つが、「ライジングプロダクション」である。

当時、荻野目洋子しかいなかったけど年間200コンサートをやって借金を一気に返済できたのが平哲夫社長。
平さんは、「ゴダイゴ」のマネージャーのようなことをしていて、その頃から多方面に借りがあったようなことは聞いている。

 

 

 

どうでもいいことを書いたが、腰が痛いひじが痛いと気にしていたこともこの山田さんの記事をみてどうでもよくなった。
痛い痛いと実感できていることに感謝します。

 

 

 
今日も生かしてくれて、ありがとう。

 

 

 

 

じゃあ、またね。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


楽天でお勉強♪

ファンクラブ運営の無料講座

ファンクラブ運営の無料講座

コメントを残す