LINE@コンサルタントについて弟子と話した。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る



LINE@コンサルタントについて弟子と話した。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

LINE@コンサルタントについて弟子と色々と話しました。

結論から言うと、LINE@コンサルタントって何?という温度差。

 

 

今がガラケーからスマホに代わり、70%以上の人がスマホを利用しているにも関わらず、本人はガラケーというかPHSのまま。

 

何でスマホなんですか?

ここから説明しなければならない(泣)。

 

 

それはね、バブル期に肩掛け携帯型のハンドトーキーという自動車搭載型の携帯電話が出てきたところから始めなければならない。
その後の「ポケベル」時代に。
そして、PHSとガラケーに、モバイルPCの100円ポッキリとかも。
大体7年周期で代わってきて、スマホが主役となっている。

 

 

商売をやっている人は、当然のごとくスマホの2丁拳銃は当たり前。
特にホステスさんやママさんは自然と使い分けている。
携帯電話の時から2丁拳銃に慣れてる人は、LINE@の話をしても理解が早いし、どうやれば集客に結びつくのかを聞いてくる。

 

 

それに引き換え、弟子だけではないけど「情報リテラシー」が低い人達にはサッパリ通用しないのが今風なのか?

勝ち組、負け組と言われるようになって久しいがこの情報リテラシーのある無しが多分に両者を分け隔てていると思う。

 

 

これまでも色々と振り回された。

真面目な人だから、一生懸命に教えてあげようとする。

が、これって本人のためになるのかな?

 

 

 
僕は、昔から

「人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、
釣り方を教えれば一生食べて行ける」と言った老子が好きだ。

「人に授けるに魚を以ってするは、漁を以ってするに如かず。」

 

 

師匠の吉田松陰先生は、孔子や孟子を手本にしろと言われているが
老子も捨てたものではないと僕は考えている。

 

「賢人は財を蓄えず。」
能力に乏しい人間は往々にして求めることばかりの欲しい欲しい病に罹るが、その結果かえって貧しくなる。真に道理に通じた者であれば、まず他人に与えることを考えると言われてる。

 

 

商売人として絶対に不可欠な本質、
「足るを知れば辱められず。」

欲というのは人に宿す最も大きな業であり、欲にまかせ行動すれば、今に亡者となって後世の人々から笑われる。「知足」の境地こそが幸福な人生をもたらすとも言っているおられるのだ。

 
「人に与えて、己いよいよ多し。」

精神的豊かさを得る一番の道は、他人への奉仕をすることだ。呼吸するとき、人は息を吐いてから吸う。何かを得ようと思えば、まずは自分から出さなければならないとも言われてる。

 

 
だから、これから僕は目一杯与え続ける側になります。

 

 

なんあていっちょ前のことを言っても、すぐにメッキが剥げる。

 

 

 

 

けど、今日は頭にきたこと一つ。

楽天銀行の残高を調べて、銀行のATMに走る。

 
みずほ銀行の法人口座が使えないという。

仕方なく、」三菱東京UFJ銀行の法人口座に手を出す。

 

そして、ゆうちょ銀行から楽天銀行の個人口座に入金した。

 

残高を調べて1時間後くらいだと思うが、入金額が足りない。

悔しいけど2000円を使いして入れる。

2度も自分の口座に入れる手数料が270円×2回で540円も取られてしまう。

 

 

どう考えても理不尽なところがある。

自分の口座に入金するのに手数料が掛かるなんて、フザケルナの話だ。

幾らゆうちょ銀行のATMを借りているといえども、どうかと思う。

借り賃は幾らなのか、明確に示してほしいものだ。

 

540円の金利を得るために一体幾らの預金をして得られる金額だと考えているのか、楽天銀行に教えてほしいくらいだ。

 

 

普通にメガバンクだと入金に手数料など取るはずがない。

 

この辺のことは、護送船団方式のお目こぼしなのか?

お代官様にも何とかしてほしいものだ、

 

 

 

文科省の元お代官様は、よくぞ言ったと拍手喝采したいけど安倍のポンポン痛い君は逃げ切るつもりだろうね。

結局は、弱いものが負けるいびつな社会だ。

 

 

 
だからこそ、弟子にももっともっと与え続けるし、昔世話になった営業の人達にも与え続けることにして、このブログをカスタマイズすることにした。

 
楽天銀行を使わざるを得なかったのは、このカスタマイズのテンプレート購入資金だったのです。

 

 
本当に久しぶりで憤慨した、この記事も金麦を飲みながら書いているから若しかして支離滅裂なこと言ってるかも。

 

 

 
くだらない戯言に付き合っていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

 
会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


楽天でお勉強♪

ファンクラブ運営の無料講座

ファンクラブ運営の無料講座

コメントを残す