敬老の日、横浜でも日の丸をチラホラ目にするけど何を祝うの?

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る



敬老の日、横浜でも日の丸をチラホラ目にするけど何を祝うの?

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

今朝一番で、横浜日本大通りの「銀杏」を拾いに福散歩しました。

バスや商店では、日の丸を目にしますが一般家庭の最近は?

敬老の日だからって、我が家では誰が誰に対してお祝いするのか

というより一人暮らしの我が身においては、祝日も関係ないし、

親を思う子どもたちもいないようです。

今年の6月7日に67才になったので、介護保険に無理やり入れられて
いますが滞納しています。

自分が介護保険対象者だという気持ちになれないので遠慮してます。

ここ2年ほど倅の嫁が誕生日と父の日を兼ねて、お酒をプレゼント
してくれていました。

が、今年は横浜に帰って来たのに住所も知らせていないから
贈りようが無かったのだろうと諦めています。

けど、倅に連絡しない僕が悪いのか何も聞いてこない倅が悪いのか?

ちょっと普通では考えられない家族です。

まあ、善悪で考えるような問題じゃないんですけどね。

嫁が3年前に来てくれて、普通の家族のようになれるかなと少しだけ
期待していたけど無理のようですね、僕には家がないから。

昔から、僕自身が親に対して「便りが無いのが良い知らせ」とばかりに
気が向いたときにしか帰省しなかったし、電話も殆どしなかった。

親父に戦争時代のことをその内聞きに行こうと思っていたけど無理だった。

おばさんとしか呼べなかった母に優しい言葉の一つも言える年頃に
なったはずだったけど言えないままに両親の死に目に会えなかった。

その後の墓参りもしていない親不孝者です。

「いつまでもあると思うな親と金」とは、本当のことですね。

順風満帆に青年実業家気取りだった頃には考えたことも無かった。

でも、親を亡くしお金も失くし、子どもも無くしたような疎外感。

これって堪りませんね。

子どもの頃に銀杏拾いや自然との遊び方を色々と教えたけど覚えてる?

僕は最近特に子ども時代のこと、父親とハイキングというか山登り、
田舎の小さな山でしか無いけど何故かその時の光景が蘇ります。

家族で行った田舎の親戚の家に行く途中の風景とか、何ででしょうか?

結構鮮明な記憶が蘇ってくるのが不思議ですね。

幾ら会話したくても出来ないことに、悔しさを覚えます。

過去の思い出って、一つの財産ですね。

ちいさな幸せだけど、本当に無形財産だと思います。

事業で失敗するたびに相当額を失くしましたが、これってどうですか?

財産を失ったにも関わらず、それほど痛みを感じません。

また、どこかで挽回できるし成功すると信じていますから。

「人生を変える」

心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。

毎日の福散歩から習慣を変えるところまでは来ましたが、
人格は未だ変わらないようです。

でも、折角の敬老の日だからもう一度心から変えて見ますか?

人間、何度失敗しても良いんだよ。

あなたも何度転んでも良いんですよ。

転がるたびに角が取れて丸くなるから。

丸くなれば、心も自然と変わるからね。

うちの倅も僕の遺伝子を受け継いでくれているようで有り難いことです。(笑)

もっと転べば、人生が変わるでしょうね。

他人行儀じゃない、本当の家族に憧れる僕がいました。

でも、お金が無くちゃ何も出来ないのも事実だね。

良し、山下公園が見下ろせるマンションでも買って「家」としよう!

少しは求心力をみせ大黒柱の存在をアピールできるようにお金を稼ぐ。

敬老の日の福だるまの独り言でした。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


楽天でお勉強♪

ファンクラブ運営の無料講座

ファンクラブ運営の無料講座

コメントを残す