元SMAP3人、見開き新聞広告でファンに「感謝の気持ち」を発信した。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る



こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

元SMAP3人、見開き新聞広告でファンに「感謝の気持ち」を発信した。
とYahoo!ニュースで見かけたけど若い人たちにしては義理堅いですね。

解散劇の最中にファンから、新聞でお願いされたことに対し返礼ですか。

費用も相当掛かっていますから大したものです。

僕は個人的にはSMAPのことはどうでも良いのですが、新聞に関しては
危惧するものがあります。

だって自分自身が、ここ15年位は新聞読んでいません。

G1レースがある時にたまに日刊ゲンダイを買うくらいのものです。

が、昔は現代ほどの偏向報道が無くキチンとペンで政治や経済の方向性を
正してくれたものです。

なのに最近の特に安倍お坊ちゃまポンポン痛い総理になってからの
マスコミはマスゴミとなったようで見るも聞くも耐えられません。

菅チンが総務大臣になって以来の豪腕を発揮したので、逆らえませんね。

けど、「新聞」の世界といっても相当にニッチなところがあることを
ご存知でしょうか?

一般的には「全国紙」にリードされていますが「地方新聞」も頑張って
地域密着型で面白い報道をしてくれたりしています。

僕自身も全国の支社や営業所を駆け回ってた時によく読んでいました。

求人募集なども断然安く出来るし、東京目線では分からないことが多々
ありましたから「隠れ地方新聞」のファンでした。

この全国版のビジネス視点と地域密着版のビジネス視点の両方が必要な
方は沢山いると思いますが、コンサルタントには少ないようです。

日本全国を俯瞰する眼は、鷹のような眼でしょうか?

地域密着の場合は、蟻の眼のような眼では無いかと勝手に思っています。

それと世界を俯瞰する眼ってのはどうでしょうか?

何年前かは忘れましたが「世界エンタメ新聞」というのをネット上で
やり始めました。

世界エンタメ新聞
http://paper.li/fukuharamasaki/1364785397#/

世界エンタメ情報新聞
http://paper.li/fukuharamasaki/1364782555#/

世界エンタメ通信
http://paper.li/fukuharamasaki/1364781753#/

世界エンタメ通信
http://paper.li/fukuharamasaki/1364782747#/

世界スポーツ新聞
http://paper.li/fukuharamasaki/1364785729#/

世界経済情報新聞
http://paper.li/fukuharamasaki/1364781609#/

世界経済新聞
http://paper.li/fukuharamasaki/1364785043#/

総会屋NEWS
http://paper.li/fukuharamasaki/1364781447#/

総会屋新聞
http://paper.li/fukuharamasaki/1364784822#/

確か4月1日のエープリルフールに洒落で始めたことは覚えています。

が、未だに継続的に情報発信が続いています。

これらのデジタルの眼とアナログの眼という、視点も重要な要素ですね。
新聞はどちらかと言えばアナログ、ネットはデジタル。

下の2つはタイトルが気に入っていますが、大昔はこの様な業界紙が
沢山あり、僕も「金融ポスト」というところの金融機関向けの会社の
手伝いをしていたことがあります、総会屋とは違う部類ですけど。

今は月イチでメルマガを発行していいるだけの状況なので僕の出番は
ありません。

けど、Web戦略を僕に委ねるとなると話は別となりますが如何なものか?

今日、何が言いたいかと言えば新聞やテレビなどマスコミは「広告」で
持っているということ。

ゴミ扱いされるようなところでも広告収入があればこそ存在できる。

このことってデジタル代表のネットビジネスと同じなんです。

自分自身をブランディングするのが新聞社を名乗ること。

ASPは、当然電通や博報堂と同じ広告代理店ですね。

そして、お気に入りの広告をアフィリエイトして収入を得る。

アフィリエイター=広告代理店という構図ですよ。

だからこそ「新聞社」としての媒体を持てば良いんです。

読者=「ファン」として考えられるあなたには分かってもらえました?

あくまでも個人の「新聞社」だから、アメブロ・facebook・Twitter・mixi・
インスタグラム・LINE・LINE@など何でも使えるものは使って自己媒体にして、
大勢のファンを取り込めば自然と自分のビジネスが大きくなって行くんです。

「世界エンタメ新聞@福だるま」
http://xn--ick3b8eyc857q5u3ac3w6rs.com/

「地方新聞最新情報@福だるま」
http://localnewspaper.info/

「専門紙最新情報@福だるま」
http://technicalpaper.info/

今週に立ち上げたばかりの新しいサイトですが、着実に読者が増えています。

もう少し様子を見てから「広告」を出すようにする予定です。

地方新聞は、80地方紙をリンクしてしているのであなたの故郷を思い出すには
良いきっかけになるのでは無いでしょうか?

また、東京や横浜など都市部の人はこんな新聞もあったんだとの感覚を忘れないでね。

専門紙は、この中で一番マニアックなことを配信していますから同業界以外では
余り馴染みが無いかと思いますが、「営業」には使えるところが多いです。

専門紙も90紙くらいのリンクで紹介しています。

どの様な専門紙というか業界紙があるのかを見ているだけで楽しくなりますよ(笑)。

営業の世界では、「一荷釣り」とか「一束釣り」と言われる営業手法がありますが、
この業界団体を相手に取り組むのが効率の良い営業とされています。

この団体相手にセミナーを開き、ここで名刺交換とか資料を渡して後日一気に攻める。

セミナー営業のプロは、皆さん業界をどう攻略するかを常に研究していますよ。

色々と昔を振り返りながら、今の自分に出来ることを一つずつ増やして行く。

やはり、無駄に失敗はしていないし何かの教訓は得られていますね。

是非、新聞を衰退させること無く自分流の新聞を作り上げて行きましょう。

元SMAP3人に便乗したファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした(笑)。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


楽天でお勉強♪

ファンクラブ運営の無料講座

ファンクラブ運営の無料講座

コメントを残す