タイのパタヤにホテルを買った、どの様にビジネス展開するかな?

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る



タイのパタヤにホテルを買った、どの様にビジネス展開するかな?

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

2週間前、日本でネットビジネスで成功してパタヤに拠点を移した若手経営者に
会って質問してみようと思ったタイトルです。

 

ザクッとした概要は、
客室数 客室32室
価格 350.000.000円
敷地面積 約4000㎡
延床面積 約2500㎡
建築面積
駐車場 有り
敷地の権利形態 所有
築年月日 新築

彼は、パタヤでカフェ・バーをやったりリアルでも色々と仕掛けています。

が、僕の想像では3.5億円のキャッシュは持ち合わせていないはず。

おそらく金融資産は1億円程度ではないかな、月収数百万円だと思う。

 

2週間位日本に戻り、100人に無料コンサルをして自分の足跡を継承すると
大いなる試みの最中のことだったけど、僕はアポをキャンセルした。

LINEで個人的なやり取りをしていたので、そちらのアポ場所に行けば
秘書を通じて前日に場所の変更をしたと言う。

秘書から確かにLINEにメッセージは入っていたが、何故個人LINEから
変更しなければならなかったのかが理解できない。

秘書も秘書としての仕事に徹底していない、おそらく僕とのアポもうまく
引き継ぎができていなかったと推測する。

 

秘書経験も無いようなボケッとしたタイプに写ったのは僕の気のせいか?

昔僕が使っていた秘書は、こんな初歩的なミスなど絶対にしなかった。

 

無料でコンサルをしてやるという、どこかに傲慢さを感じる。

僕は、彼に受けたいコンサルなど何も無いからタイトルのような質問を
して彼の経営者としての素養を判断したかっただけ。

 

ネット成功者にしては面白い人だと写ったから会って見たくなっただけ。

 

この質問に対しても、ササッと気の利いた提案などは出来ないと思う。

実経験が無いネット成功者にとっては致命的で残酷なことであろう。

 

将来的にもっと成功すれば、本格的なリスクマネジメントが必要になるはずだ。

その時こそが僕の出番のような気がしているけど。

 

 

僕は8年前にパタヤに実際にホテルを買いにいった少し古い出物だったけど。

そして、日本人向けに仕掛けるつもりだったので最初に日本語が話せる医者を
探しに病院から調べたことがある。

だが、タッチの差で華僑に買収されて経営者が変わっていて破談になった。

 

 

昭和の後期にホテル経営に携わっていたから裏表は分かるし事業計画書も
幾つか作り、銀行との折衝も結構したものだ。

 

だから、普通にホテル経営をやるつもりなど更々無い。

このホテルの詳細は分からないが、会員制リゾートとしては面白いと思う。

 

年間50週を2週間ずつシェアして、32室を回せば800口の募集ができる。

一口100万円で8億円にはなる。

 

要は、コンテンツをどの様に作り上げるかで上乗せもきく。

会員制ビジネスは、すべからくコンテンツが最重要視される。

他にない面白さ、素人がよく言う「おもてなし」なんか当然超越したもの。

 

まともにおもてなしが出来ない人が多すぎるが、経営者が悪いだけ。

経営者がサービス業の本質が理解できていればスタッフは従うものだ。

 

ここでいう経営者とは決して一人を指すものでは無い。

ボードメンバーのことだ。

 

それぞれの分野のエキスパート集団で無ければならない。

 

 

僕も最近、ネットビジネスを意識しすぎて油断していたことだが、

ネットビジネス成功者が、決してリアルビジネスが出来るとは思わない。

 

100%土俵が違うからだ。

 

リアルで成功している人は、ネットに頼るようなことはしない。

する必要もない。

 

 

 

ドタキャンアポのあとに「歯医者」さんと先輩と3人で昼食をした。

歯医者さんから色々と相談をされたが、リアルの世界の強さは対面での
表情を読み取りながら色々と話せることだ。

 

人間は感情の動物だから、喜怒哀楽を含めて様々なことが分かる。

 

そして、一番強烈に感じたのは「紹介」されてからしか前に進めないこと。

先輩の紹介があればこそ、本音で話して貰える。

 

これって、ネットの世界の紹介とレベルが違う。

先輩の信用や信頼がそのまま僕にも適用されるのだ。

 

初めて会ったにも関わらず、別れた彼女への慰謝料や養育費など話せる?

友達の歯医者さんの物件探しや、別の友人の遺産相続問題などもだ。

今の彼女のために1億円の生命保険に入って月21万円の保険料を払っている。

 

本当に短時間なのに内容の濃い話を沢山していただいた。

あとは宿題を粛々とこなしていくだけ。

 

ここ数年、リアルの世界から遠ざかって意固地になっていたけど真摯に向き合う。

僕にとっては、ネットもリアルも関係ない。

そこに自分のビジネスがあれば、やらせていただくだけ報酬以上の利益をもたらして。

 

NPO世界安心安全協会のために「子どもの安心、女性の安全」のために一肌脱ぐ。

理事さんや顧問の方々は、素晴らしい実績の持ち主ばかりだがネットは弱い。

ここに僕のビジネスチャンスはある。

ネットをフル活用して、ビジネスマッチングの前座をやらせていただく。

営業用語で言うところの「ブリッジ」役に徹することだ。

 

 

ブリッジ役も「ゼロからイチ」になれば、「紹介」が起きやすくなるなるだろう。

 

 

ママの倶楽部メンバーや士業の先生も、何でも相談に乗ります、マッチングも。

無料相談からビジネスになった時には成果報酬をいただくという形でやります。

 

 

所詮、僕のことを知らない人だらけなんだから「無料相談」から始めます。

 

 

タイのパタヤにホテルを買ったいう夢物語も何れ実現できることを期待しています(笑)。

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


楽天でお勉強♪

ファンクラブ運営の無料講座

ファンクラブ運営の無料講座

コメントを残す