柴又帝釈天に仕事で行き、2年前を懐かしんできた。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

柴又帝釈天に仕事で行き、2年前を懐かしんできた。

今日は、いつもの南千住の仕事が夜勤となったので僕は日勤にしてもらい高砂の資材置き場から柴又へと移動して勤務に就いた。

先週土曜日に僕の職場に助っ人として来てくれた2人に挨拶から。

先ずはお礼、そして今週の出来事などの話題で和む。

一番厳しいところで手伝いますよと、謙虚に提案する。

予め期待していたのか、待ってましたと言わんばかりに歓迎される。

内緒話だがと、余りたいして仕事ができるのがいないから助かると。

立ち位置は、帝釈天の大鐘楼(鐘つき堂)が目と鼻の先のところ。
うなぎの宮川の横の通り入り口、車両の出入りの要となるところ。

12時に、僕のことを歓迎してくれたかのように大きな鐘の音を聞かせてくれたのはご隠居様でも佐藤蛾次郎でもなかった。

 

 

2年前の3月から10月までの7ヶ月にわたり通いなれた柴又。

当時は柴又4丁目の柴又小学校付近での仕事が多かった。

沢山の知り合いが出来た町、懐かしいよね。

 

今日も、黒猫のお兄さんやヤクルトのお姉さんの馴染みにも会った。

介護ヘルパーのお姉さんの車も2回ばかり見かけた。

帝釈天の参道の、良く買った佃煮屋さんも草団子のお店も健在だ。

この辺りはどことなく巣鴨と似たような客層が一杯いる。

赤フンも売っているし、真っ赤な下着ばかりを売ってるお店がある。

金のうんこ、金運が付くと景気良く呼び込みをしているお店もある。

大判焼きや、焼きそば、夏はカキ氷のお店もある。

今日のお昼は、駅前の立ち食いそばで「天ぷらそば」だった。

 

僕のお気に入りだった「柴又・たこ焼き」は、今は無い。
メンチカツの美味しかった肉屋さんも、新築の住宅になっていた。

 

 

柴又駅前には、「寅さん」の銅像が建っている。
殆どの人が記念撮影をしているが、渥美清さんが亡くなられて20年以上になると八百屋の健ちゃんが教えてくれた。

久しぶりで健ちゃんに会いに行くと、「さくら」の銅像も寅さんの横に建つとポスターをみせてくれた。

何と今度の25日土曜日、26日日曜日が除幕式で山田洋次監督やさくらさんの倍賞千恵子さんも出席されるとあった。

寅さん記念館では、記念の手ぬぐいを無料プレゼントするとも書いてあったが、当然のこととして数には限りがある。

 

 

この健ちゃんは、大昔に学校の先生をしていたという。
が、八百屋をはじめて結構な年数やっているとも。

一つ違いの弟さんが、明治大学の教授をこの2月までしていたというが、最近は付き合いも薄くなっているそうだ。

自慢げに新聞記事の切り抜きなどを見せてくれるのは微笑ましい。

二人とも柴又生まれの柴又育ちの柴又有名人らしいのだが……。

 

 

我が家の兄弟とは相当な違いがある、殆ど付き合いしていないし。
実の母親の葬儀にも行かない僕のせいでもあるのだが。

宝焼酎のお湯割を2杯ばかりいただき、乾きもののおつまみも、小1時間くらいお邪魔して帰路に着いた。

 

 

寅さんが亡くなって20年ということは、この20年間一本の映画も作られていないことになるが、この寅さん人気は何なんだろう。

そこそこにお年を召した方々が多いのが特徴の町だが、住宅街には若い次の時代を担う子供たちが一杯いる。

三世代同居が当然のような、僕にとっては羨ましい限りのところ。

 

 

矢切の渡しは、歌碑だけが残っているが渡し舟以外は何も無い。

ちあきなおみの「矢切の渡し」が一番良いと思うのは僕だけ?

昭和の歌姫は、やっぱり「ちあきなおみ」だよね。

一時期、YouTubeにあったちあきなおみの歌を全てリスト化したことがあったが、一つ前のノートPCに保存しバックアップしてなかったので、今はもう無い。

確か、寅さんのマドンナにもなっていたように記憶しているが何も覚えていない、悲しいね。

 

 

横浜に帰れば、殆ど行くことは無いだろう。

が、気になるところだから誰かイイ人ができたら行ってみるか。

観光気分で行くと、視点も違って新たなる発見があるかもね。

 

 

草加も明日寝れば、日曜日には横浜の人となる。

嬉しいね、横浜の人って響きが良いよね。

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


楽天でお勉強♪

ファンクラブ運営の無料講座

ファンクラブ運営の無料講座

コメントを残す