元カノとの久しぶりの会話は、昔にタイムスリップできた。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


元カノとの久しぶりの会話は、昔にタイムスリップできた。

おはようございます、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

元カノとの久しぶりの会話は、昔にタイムスリップできたってタイトルは変わってるよね。

そうなんですよね、この元カノと言っても大昔に付き合っていた人。

 

一昨日の恩人が亡くなっていたことにショックを受けて、親戚のような身内である彼女に5年ぶりくらいで昨日電話した。

「お久しぶり、福だるまだけど。」

『え?どうしたの?』

 

「昨日さあ、昔からの友人が亡くなってたのがショックで君の安否確認がしたくってさ」

『そうなの、私は元気よ』

 

「良かった、嬉しいよ」

『私も気にはなっていたんだけどね、なかなかね……』

『横浜に行ったときには、Mには会うんだけどね』

そうなんです、Mというのは共通の友人というか元奥さんのこと。

 

『でもあなたのことはね……』

「お互いに話題にしたくないでしょ、勝手な男だから」

『そういう訳じゃないけど、なんとなくね』

 

「Mが癌を切ったの知ってた、知らないよね」

『え?そんなこと一言も言ってなかったわよ』

「それも、二度」

『どこだったの?』

「大腸ガンと肺ガン」

『大変じゃない、でも働いているんでしょ?』

 

「そうだよ、でもあいつ一人で溜め込むからね」
「癌は、ストレスが一番なんだけど、その原因は俺でしょ」

『そうだよね、あの子本当に何も言わないから』

 

 

「去年の11月に正式に離婚したんだよ、Mの希望で」

『そう、それも知らなかった』

 

 

「別れたといっても、他人じゃないからね」

『やっぱりね、あなたらしいわね』

 

「また、電話するよ、ありがとうね」

『私からも電話するわ、今度は』

 

ということで電話を切ったけど、良い思いでだけが残る素敵な女性です。

 

 

が、話の途中で『幾つになるの?』

「今度の6月で67歳」

『そうなんだ、私なんて73だよ』

これって、普通の方から見れば爺さんと婆さんの会話かもね(笑)

 

でも、僕たちにとっては42年前の古き良き時代がすぐに思い出される、楽しかった記憶は半端じゃなく脳裏に刻まれてるよ。

 

 

 

そう言えば、元奥さんと初めて男と女の関係になったのが彼女の誕生パーティーを僕のお店「ペガサス」でやった日だった。

皆を送り帰した後の二人だけの二次会から始まった。

 

 

僕に好感を持ってくれてたのは良く分かっていたが、水商売の人しか付き合ったことがない僕は躊躇していたのも事実。

それに加えて、年下の女性とは一度も付き合ったことが無い。

 

2つの初めてが重なっていたが、あの日は何となくその気になった。

忘れもしない、1979年3月23日、28歳の時だった。

 

 

 

もう時効もいいところだから書くが、元カノさんは横浜・関内の高級クラブのママをしていた有名人。

付き合ってた頃は、川崎の彼女の妹分のお店を手伝ってた。

たまたまこの妹分が独立した時に僕も手伝ってあげていた。

いつも着物姿が粋で憧れてもいた。

 

そんな時、飲みすぎたのか気分が悪そうだったので送って行ったのがきっかけで、関係を持った。

当時の僕には、横浜に同棲している彼女がいたのも知っていたけど大人の関係は1年続いた。

 

目黒に事務所兼用の1LDKのマンションを借りて、居候を寝泊りさせていたから、この居候がアリバイ工作をする係りでもあった。

携帯電話とかスマホなんて、考えられない時代だったので横浜と川崎と目黒の3本の固定電話が命綱でもあった。

 

横浜の彼女から目黒に電話があると、
居候が「先輩はまだ帰宅していません」と言って川崎に電話する。

 

僕は、その電話を川崎で受けて横浜の彼女に、
「今、帰ってきたけど何かあった?」

『ううん、ちょっと声を聞きたかっただけ』

「そう、じゃあ、おやすみ」

 

とかいう話で、週の内3~4日ずつ横浜と川崎の部屋に泊まっていたから、実際に目黒の部屋はアリバイ工作員専用と化していた。

 

 

 

同棲の掛け持ちは、何ていうのかな?

不倫じゃないよね?

 

 

この様な関係を1年も続けて、理解してくれていたのが昨日電話した元カノ。

 

今風に元カノなんて書いちゃっているけど、僕が頭があがらない女性の一人で大恩人でもある。

 

 

本当に感謝してるから、彼女のために終の棲家を横浜に作ろうと思う、介護ホームのような、これが身近な僕の夢である。

大昔に横浜で超有名だったゲイバー「ピノキオ」のママと一緒に長崎で別荘を買い隣組として80過ぎの入院がちな彼氏と暮らしているというけど、彼氏に万が一のことがあれば横浜に帰ってくるはず。

 

 

 

勿論彼女だけでなく、僕と一緒に暮らしてくれた女性たちも誘うつもりだが、今がしあわせな人は来ないかな?

 

昔話に花を咲かせて、僕のことを肴に女性同士で飲み明かすなんて生前葬のようで面白いなと思っているのは僕だけ?

 

 

 

 

皆、一人でいるって寂しくない?

 

 

 

僕の原動力は、女性。

 

 

 

暫くパワーが落ちているような気がしていたが、新しい女性との出会いが無いのが原因のようだ。

 

 

今はやるべきことが沢山あるから、少し片付いたら遊ぼう。

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る


楽天でお勉強♪

ファンクラブ運営の無料講座

ファンクラブ運営の無料講座

コメントを残す