唯一の弟子に最後通告をして、僕と一緒にやるのか二者択一を迫った。

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

経営者として色々と教えてきた唯一の弟子に最後通告をして、
僕と一緒にやるのか二者択一を迫りました。

 

1週間前に約束したはずだった「無料オファー」でリスト収集ツールが
貰えるから是非とも無料登録して使い倒すよとのことを教えて。

忘れてました、未だやっていません。

 

このツールは自分の下に誰かが登録して使い始めたら傘下がチャートで
見れることを僕は試したかっただけ。

本当に無料ツールでそこまで便利なものを配布しているのかの確認。

だって、25才で27億円稼いだって豪語していて弟子には必ず100万円
稼がせるってのがウリの若いけど遣り手の仕掛け人です。

 

 

一方のうちの弟子は40才過ぎて失業保険を貰って宅建の試験勉強中。

前回の電話の時に、宅建の中間試験が全然できなかったと泣きつく
ほど落ち込んでいたのをポジティブな気分にさせて勇気づけたはず。

いつも元気を貰えます、なんてのたまっていたのに何も学習しない。

 

もう一つは、万馬券自動捕獲ソフトを使ってみたいというから、
しっかりと何度も教えたはずなのにデビットカードが作れないというか
前に話をして3ヶ月以上も経過しているにも関わらず未だにヤッていない。

 

このソフトはJRAーVANと直結でDATA-Labの月々会費をクレジットカード
で引き落とされる、がデビットカードでも代用できると教えていたはず。

これもこの7月にJRAからIDが届くというので、届く前にはデビットカード
の申込をしていないと3週間位はかかるんだよとも言っていた。

この話は去年の暮にやりたいと意思表示をしたからやらせることにしたのに。

 

これ以上、彼のダメさ加減に付き合っていられないからの最後通告。

但し、一週間の考えるための猶予期間だけは与えた。

 

前に反面教師として僕は教材屋時代のボスから沢山の学びを得たと
書いたし、反面弟子というのもどこかで書いたはずだ。

 

この反面弟子が彼そのもので、駄目な人を一から仕込むのが大変だから
色々な教える側の学びが大きいと思っているのは事実だ。

だから、2年9ヶ月くらい前に知り合い今年になって弟子入りしてきたので
少しずつ教え始めた。

 

 

ファンクラブ運営コンサルタントとしての仕事は特に慎重にやりたいので、
彼にしか詳細は教えていない。

作った資料も一切表に出していないままの状態で彼の決意を促してから
一般に配布し、営業活動をさせていくつもりだった。

 

 

ここで僕が何故、ママとやりたいのかと理由をはっきりとしておく。

それはね、男は決断力がないから。

本当にだらしないくらい決断できない、特に奴隷的な働きアリの連中だ。

会社に行きさせすれば給料だけは貰えるってぬるま湯に使ってる人たち。

会社から見れば、給料泥棒であることさえ分かっていない厚顔無恥。

 

自分と会社の雇用契約も双務契約であることさえ理解できていない。

 

 

今朝も男40にして、職業選択の自由は殆ど無いことを言ってあげたほど。

冷静に考えて転職サイトで探せる?自分のスキルもないのに。

職安に行ってどれほどの自分に合った求人があると思う?

 

仮に合ったとしても、前職より給料が高くなることなんて永久に無い。

この無い無い尽くしの中にあって、救いの手を差し伸べているのが、

「タクシー運転手さん」

「警備会社ガードマン」

「ビルメンテナンス会社」

 

 

この他は、殆どが「営業職」なんだよね。

それも生保業界のように安い保証給は数ヶ月で打ち切りの世界。

 

僕は、教材屋時代からこのことを嫌というほど言い続けてきた。

彼にもしっかりと教えたつもりなんだけどなあ。

 

僕がこれから作る組織では、彼の弟子としての出番が相当多くなる。
それに伴って、そばにいるだけでオコボレ的な果実が得られる。

組織づくりのシュミレーションなどを見せて、しっかりと頭にいれて
おくようにも指示していたはず。

 

 

フルコミセールスがひと度動き始めたら半端じゃなく早く組織ができる。
これはヤッたものにしか分からない快感でもあるのだが彼は知る由もない。

半年一年で組織が出来れば月100万円なんて誰でもなれる世界。
200万や300万円なんてマネージャークラスが簡単に稼ぎ出す。

 

ましてやこの組織のトップは日本全国に100人限定で支部長を置くことだ。
他には特別に僕の関係者が数人参加するだけ、彼もその内の一人だ。

 

日本の人口が1億3千万人弱だから、各支部長が人口120万人目安の地域を
全て統括してもらうマネージャーとして。

東京都は、人口1300万人だから10人の支部長しか作らない。

横浜市は、370万人だから3人しか作らない。

 

 

日本全国の都道府県や政令指定都市などの主要都市も、全て人口バランスを
考えてのエリア制支部長の利権でもある。

徳川幕府を作り、全国に大名を置くようなイメージだ。

第1期募集、20名限定。
第2期募集、20名限定。
第3期募集、60名限定。

これは僕の限界を考慮してからの組織づくりの方法論だ。
一人で教えられることには最初から限界がある。

 

例えばスカイプで1時間教えるとしも、1日10人が限界だ。
LINE@でちょこまか相談を受けるとしても、そうそう簡単に多くの人には出来ない。

 

だから第1期のママさんたちにある程度教えて独り歩き出来るようになって次に。

第3期には、組織が出来上がっているので僕の手からは離れる。
優秀なスタッフがあとを引き継いでくれるはずだ。

 

 

一つのシステムを立ち上げれば、最低半年は掛かりっきりになる。
この時期にこそ1期、2期を育てて優秀な支部長を目指して貰う。

ビジネスは、雪だるまと一緒でコア(核)がしっかりと固められないと
決して大きくはならないし、大きくなることは無い。

 

 

 

反面弟子のことを頭にきて書き始めたが、僕が今考えていることは、

『そのことは、ママのコンサルを成功させることと、どういう関係がありますか?』

ということを元に全ての判断をし、そのための決断しかしない。

 

人間なんて所詮、弱っちい生き物でしか無い。

誰と、何を、どの様にやるのか?

考えることは単純でしか無い。

 

決断するのは、やるか?やらないか?

この二者択一でしかないのだ。

 

 

 

反面弟子の君もこのブログを読んでいると思う。

25日は友引だったから、生涯の友となるのか、赤の他人のままか?

 

 

言い忘れたけど、決意して決断してってだけじゃなく【覚悟】がいる。

この覚悟を持っていない人とは、僕は絶対に組むことはない。

 

商売人の道は、厳しいものだ。

戦いの連続なのだから、ストレスフリーでいられることはない。

覚悟が無い人が成功するほど、甘い世界じゃないことだけは覚えててね。

 

 

自己改革は自分にしか出来ないんだよ、僕のそばにいてもやるのは君だ。

自分を変えるのに覚悟もない人間が出来っこない。

 

 

じゃあ、25日の返事を待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした、

フルコミセールス, マインドセット

君のお店の売上が上がらない最大の原因は、何だと思う?

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

ホステスさんやスタッフが定着しない?

集客ノウハウがないから?

広告宣伝が下手だから?

経営の経験がないから?

資本力がないから?

戦略がないから?

 

いやいや、どれも違うね。

僕がこれまでに沢山の会社やお店に関わってきて、経営者を
直接指導したりしてきたけど、確信する最大の原因は、

 

それは、トップの心理面なの。

いわゆるマインドセットなんだよね。

 

つまり、セルフイメージや固定観念、苦手意識や、
無理だよという決めつけ、業界の常識に振り回される、

などなどのネガティブ・マインド。

これが売上アップが叶わないとか経営が安定しないとかの
原因の50%以上を占めているんだよ。

 

別の言い方をすればね、

ママがどんな風に問題を見ているか、その問題の見え方や、
見えている問題に対する認識というか捉え方なんだ。

 

そして、問題そのものでは無く、その問題に対する解決策を
どう考えているのか?

 

いわば、こうした歪んだメガネ=ネガティブ・マインドによって、

伸びるはずの売上が伸びずにいるか停滞している。

 

これが本当に多いんだよね。

 

おそらく大なり小なり、小さなお店のママやオーナーは、
みんな自分の心理が生み出す、歪んだメガネで売上アップの
チャンスを見逃している。

 

と、僕は感じている。

 

じゃあ、どうすれば良いのって聞いてくるでしょ?

簡単に解決法を求めようとして。

 

一番シンプルな方法は、メガネを取り替える。

ネガティブ・マインドからハッピー・マインドへの大変身。

 

たとえばだけどね、

○ママと僕との二人三脚で組んだ3年後を想定し、
現状を変えるためには何をするのか?

 

 

○こだわりや、業界の常識を完璧に捨て去って、
売上アップのためだけを考えて、実行するには何をするのか?

 

○ママには無理だとか難しいと思っていることで、
まだ僕に相談していないことやアイデアはないか?

 

○ママがもし、今より数倍優秀で知力や体力に
あふれているとしたら、何をやるのか?

 

○ママが、これまでに何が原因で苦労したのか?

 

こうした質問を自分に投げかけてみて、今までの古いメガネでは
探せなかった売上アップに直結する答えを10個、20個と入手し、

その中から、最もインパクトのある3個を選び上から順に実践する。

という風に自分を変えてみる。

 

自己改革ってのは、自己変身からしか生まれないよ。

 

そのために心を変えてみる、マインドセットをね。

 

ここが一番難しいところだけど、君なら絶対に出来るよ。

 

なんたって僕がついている、一人じゃないから。

 

古いメガネのままで良いんであれば、無理強いはしない。
今までと同じような成果のまま、時間を浪費していくだけ。

 

勿論、ママの自由だし、自分の人生は自分で選ばないと
後悔するだけだから、どっちの選択もありだよ。

 

いいか、古いメガネか新しいメガネかを選ぶだけ。

 

もし、踊り場のようなところで堂々巡りをしているなら、
最初に紹介したメガネを掛け替える質問をもう一度してみて。

 

きっと、今までと世界観が変わるから。

 

コンサルタントというのは、君の問題意識を炙り出し、解決策を
一緒に考えていくのが仕事なんだよ。

 

ファンクラブ運営をしませんかというのは、多面的に集客し、
きちんとしたコンテンツを作り、お客様とコミュニケーションをし、
しっかりとリピートに繋げていく会員制組織を作ろうということ。

 

最初にママの未来設計図を、マインドセットを意識して作り、
その実践は、シンプルに考え本質に則った行動とする。

ここでいう【ハッピー・マインド】に意識を変えていく。

多面的な集客は、簡単なツールを使えば誰でもできる。

コンテンツは、自分のブランディングにも役立つし、お客様も喜ぶ。

コミュニケーションは、現代文明の利器がある。

会員管理のシステムは最初からコンサルの中に含まれている。

 

 

このファンクラブ運営コンサルタントは、一人のスターか一人の教祖を
生み出していくような感覚の教え方をしていくからね。

 

またの名をハッピー・マインド・コンサルタントとも言う(笑)。

通称:ハピコン⇒まだ誰も使っていないんじゃない?

 

 

裾野が広がり会員が増えれば増えるほど収入も増えていく。

お客様が増えたとか減ったとかの心配が要らなくなるんだよ。

 

お店を始めたさなぎのママから脱皮し、

しっかりとビジネスオーナーになり、

会社を任せても大丈夫なように経営し、

投資家になるという、金持ちママさんになる。

 

金持ち父さんじゃないよ、金持ちママさんだよ。

 

 

 

本当にやることは、1つずつステップアップしていくだけ。

兎に角、最初の一歩の僕との無料相談から始めようよ。

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。
(通称:ハピコン@福だるま)

 

 

 

 

SNSマーケティング, マインドセット

インスタグラムで海外旅行の真似事をしながら、世界と繋がってみた。

こんばんは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

昨日気が変わり、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまから交代しました。

何をヤッているのかを明確にするためにの一大決心です。

ヘッダー画像は、若干の違和感が残りますが小さいことは気にしないでください。

インスタグラムで海外旅行の真似事をしながら、世界と繋がってみたと書いたけど
その前に今朝みた記事で、なるほどあるあるというのが紹介されていた。

 

5割がSNSでイラッと!自慢やセルフィーはもうお腹いっぱい!
https://marisol.hpplus.jp/article/8426
文/Momoko Matsuzaki

 

SNS関連でイラっとしたことはありますか?

という質問に約50%のメンバーがYESと回答。

その理由が分かりやすかった。

 

「自分の投稿にネガティブなコメントを残されたとき」
って、最近はあまりないけどやり始めたころには嫌がらせのようなのが沢山あった。

 

「友人が、ひたすら子供の画像…同じような画像を何度も載せていたとき」
これは悪気があってのことじゃないとは思うけど、気付かずにやってる人は沢山いる。

昨日のfacebookで、昔の娘さんが何時間か掛けて登山と言うかハイキングをしてた、
これをさも実況中継のごとく、30分か1時間おきかよく知らないが繰り返していた。
こんなのは辟易とさせられる。

 

どことなく、アメブロなんかで「アメブロの女王」とかいって一日に何十回も更新
していた女子タレントの何人かを思い出させてくれた。

 

SNSでも特にfacebookやTwitterでタイムラインをビッシリと占領されるとがっかりだ。

 

「からだの調子が悪いと言いつつ、毎週のようにあちこち旅行や食べ歩いているのを見てしまったとき」
この勘違いシリーズは、最近特に増えてきている傾向だよ。
なんせ旅ブロガーと称する女性群が物凄く増えてきているからね。
これをそそのかしてる連中が、良くないからね、自己中で稼いできた人たち。

 

「仕事上の知り合いの人との飲み会をタグ付けでアップされてしまい・・・バレてしまった。」
これもよくあるよね、僕が一番腹がたったのはあるセミナーに参加した時に無理やり集合写真を撮る。
これをそのままアップされて、市中引き回しの刑に合わされた。

 

「Facebookで、正直どうでもいい内容の記事や写真が頻繁に投稿され、その通知が続くとき」
これはさっき注釈を入れたのとほぼ同じだよね、スマトと連動していると五月蝿いくらい
連絡が入ってくるからね、本当に煩わしい。

 

 

「無断で写真掲載、削除を依頼したらキレてブロックされた」
この経験は僕には無いから何も言う資格がない。

 

でも、みんな大なり小なり嫌な思いというか不快な思いをさせられるのは事実だ。

だからこそ、しっかりとマナーを守りたいよね。

 

「相手が嫌がることはやらない。」

 

 

少しばかり冷静に考えてみよう。

SNSがイケナイの?

スマホがイケナイの?

迷惑かける人がイケナイの?

 

誰でも分かるように迷惑かける人でしょ。

個人が悪いだけの話。

 

50%くらいが迷惑だと思っているかもしれないけど、これって本当?

雑誌のネタでしか無いんじゃないの?

 

って、思った人もいるんじゃないかなあ。

僕がそうだもの、僅かなサンプルを切り取ってさも数字で納得させようとする。

マスコミが使う常套手段というか、よくある「手」だよ。

 

 

僕は、君の知ってるように性善説の人。

人の嫌がることはしたくないし、迷惑は掛けたくない。

 

だから「楽しくなけりゃ人生じゃない」なんて言ってるけど、気は使ってる。

君が嫌がることは一切しないよ、迷惑かけるなんてとんでもない。

但し、コンサルをするとなったら正当な対価だけはいただく。

クライアントとして、友人としてのけじめは付けながら対応していく。

 

けど、インスタグラムの面白いところを紹介させて。

僕が横浜の風景を撮りインスタにあげているのは見た?

これって本当に効果的だよ、日本中から見に来てくれるだけじゃないよ。

今日は、アメリカはもとよりメキシコ、コロンビア、ブラジルとか南米、
ギリシャ、スペイン、フランスとかヨーロッパの人とも繋がっていた。

海外旅行にでも行ってきたようなハイな気分になってる。

それも僕より全然フォロワーの多い人たちばかりだよ。
ミリオン単位の人がいたのには驚きが隠せなかった、世界は広いからね。

みんなで横浜観光に来てくれているようで、本当に嬉しいよ。
今、市長選で市長が不在だけど代わりに僕が心から御礼をいいます。

 

それで彼女たちの投稿を見ながらハートマークのいいねを押していく。
ランウェイを歩いている姿のモデルさんがいたり、モーターショーのキャンギャルが
いたり、筋肉モリモリの女性プロボディビルダーがいたりと物凄くイケてる。

半端じゃなくビキニが似合う。

 

 

 

そして、関心したのは殆どの人が腹筋割れてた(笑)
ジムでのトレーニング風景を動画にあげている人が多かったけど、威力がすごいね。

写真だと数万回のいいねでも、動画だと数十万回のいいねがついてる。

おおよそ10倍位の違いがあるよ。

 

数千のいいねの人でも、数万回となってるし、数百の人でも数千にはなってた。

それも決して長尺じゃない、ショートムービーが殆どだった。

 

 

君も早くインスタグラムを始めて、ショートムービーで色々と遊んでみな。

面白い結果か出ると思うよ、#(ハッシュタグ)は英語でね。

 

そして、海外からフォローしてくれた人には必ずお礼の一言を送ること。

「Thank you very much. We appreciate your continued support.」

 

エキサイト翻訳での一言を今日から送り始めた僕、可愛いね。

 

昨日までは知らなかったことだよ、海外と繋がれるってのは。

でも、知ったからにはやってみる。

やったからには教えてあげる。

 

そうなんだよ、インプットしてもアウトプットしないと本当の学びにならない。

インターネットの時代は、知ることは簡単だよ、でも知っただけで終わる。

 

本当にこれからは、「知っているか」「知らないか」で2極化されるよ。

成功者と敗者の2つに分けられる時代に必ずなるよ。

 

しかし、外国の女性って足が長いね。

腰の高さが日本人とは最初から違うからしょうがないか?

 

 

 

 

またこれから、Instagramサーフィンでもするかな。

彼女たちは、ファンクラブ作らないかな?

 

 

そういえば今朝、日本で有数のポールダンサーの女性からfacebook友達の
申請があったから速攻承認した(笑)

彼女のファンクラブは面白いと思うな、facebookしかヤッてないようだし。
Instagramで世界と繋がるにはもってこいだよ。

 

 

芸能関係の友達にも売れないアーティストのプロモーションをSNSでやることを
本格的に教えていくかな。

 

才能あるから売れるわけじゃない、歌がうまいから売れるわけじゃない。

「素材」が面白いかどうかだけだ。

 

ママは素材として面白いから、僕は夢中になれる。

真剣に教えることが出来る。

 

売れるには一人じゃ無理だってことは良く分かっているでしょ。

最初は二人三脚でやる、売れてきたら本格的なマネジメントをつける。

 

「面白きことも無き世を面白く」高杉晋作先輩の言葉を贈ります。

 

 

僕だけが勝手に面白がっちゃってごめんね、嫌だった?

でも、綺麗な人が多かったでしょ。

本当の本当に今日繋がった女の人たちのインスタ写真だからね。

相当に盛ってるかもしれないけど、体を鍛えているのは事実。

 

勝手な言い草かも知れないけど、綺麗なものは綺麗、美しいものは美しいって
素直に認めることも大事なことだよ。

 

彼女たちを見ていて、僕も意識的にお腹を背中にくっつけようとした。

けど、メタボ街道まっしぐらの今の僕には難しい。

 

 

一緒に二人三脚でやれる日が来ることを祈ってるからね。

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

SNSマーケティング, インスタグラム

「アリとキリギリス」の話を覚えてる?ママの倶楽部のマインドセット。

おはようございます、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

 

もちろん、この話の内容は知っているよね?

忘れちゃった?嘘でしょ、僕より全然若いんだからガッカリさせないで(笑)

 

わかりやすく言うと、

毎日コツコツと真面目に働いたアリは、無事に冬を乗り切り
遊んでばかりいたキリギリスは、何の蓄えもなく冬を越せなった、

というお話でしたね。

 

「アリとキリギリス」から君は何を教訓として得られた?

僕が気になったのは、『コツコツ働くこと=良いこと』
という部分だけど当時の先生が言ってた。

 

 

「うさぎと亀」の話も似たようなものだよね。

一休みして昼寝をしてたら追い越されちゃったというお話。

 

 

内容としては、どちらも納得できるし、とても素敵な話なように聞こえるよね。

 

でも、本当にそうなのって?

?疑問詞を付けられたらどう思う?

 

極端な言い方だけどコツコツ働くのは奴隷でしょ、ってのが僕の考え方。

君は少なくとも一国一城の主じゃない、女王アリになりなさい。

エッジの効いた尖った女王様に。

 

インターネットの時代になった、スマホの時代が到来した。

働き方やライフスタイルも変化に合わせて変えなくちゃね。

人とのコミュニケーションの仕方も今風に変える努力をしようね。

 

 

変化の波を乗り越えるのが、ママである君のスタイルにならなきゃ。

どうするのって?

 

昨日の話のようにインスタグラムを始めるの。

そして、コツコツと働いてくれる奴隷を無料で集めるの。

女王アリになるためににね。

 

 

「恭子教」の教祖として。

信者さんを集めるのって、今の時代だからこそ簡単なんだよね。

 

何もやっていない君だから最初は少しばかりの抵抗があるかもしれない。

これは、僕にもよく理解できる。

 

 

だけど誰もが、最初は初心者なんだよ。

例えば最初から自転車に一人で乗ることができた?

泳げるようになったのは誰に習ったの?

九九は誰に教わったの?

あいうえおは誰に教わったの?

 

学校には先生がいてくれた。

家に帰れば、お父さん、お母さん、家族がいた。

 

君のいた環境の中には必ず誰か教えてくれる人がいたはずだよね。

 

 

でも、お店を始めた時に誰が帳簿付けを教えてくれた?

ホステスさん時代は、お客さんや黒服に聞くことが出来たけど今は?

 

環境が違えば先生が違って当たり前なんだよ。

 

知らないことは知っている人に習う、これが常識。

 

 

今の時代、何が成功をもたらすのか分かる?

「知っている」

「知らない」

大きく分けると、この2つが本当に重要なんだ。

 

だからこそ、知っている人を探して自分にとって「合う」先生を選ぶ。

この「合う」ってことは、気が合うってのも含めてだよ。

 

 

僕も過去にホステスさんたち大勢に教えた、フルコミセールスにも同様に。

でも今の僕は、教えるという「ステージ」の次元を変えた。

 

だって、今の時代に取り残されないために色々な投資をしてネットビジネスの
裏側まで勉強させて貰った。

だからこそ、人並み以上に詳しくなった。

 

そこに水商売時代のことや教材屋時代のこと、社長として八転びもしたこと。

沢山の失敗の中から得た、誰にも負けない経験知と【知恵】

 

勿論、半端じゃない投資もした。

 

 

ネットビジネスとリアルビジネスを教えられる人は本当に少ないよ。

君の周りをよく見てご覧、殆どいないでしょ。

当然なんだよ、クラブってリアルビジネス何だもん。

 

ネットビジネスを知っている人がくるところじゃないからね。

だけどInstagramやfacebookなんてのはネットの世界なんだ。

 

 

この新しいメディアというか媒体を使いこなすってのは、最初は難しい。

だって、自転車に乗れなかった頃の君と同じようなところにいるから。

 

良くネットビジネス成功者であると自負している輩が言うところに
実績がどうちゃらこうちゃらというのがある。

これってのは、初心者という情報弱者を騙すテクニックでしか無いからね。

僕も高額塾というのに幾つも入って成功者らしき奴の教えを受けた。

けど、結論は一人もまともな先生がいなかったということ。

 

情報強者は、謙虚だから輩のような存在では無い。

 

 

お店のお客様を観察していればよく分かることと一緒なんだよね。

俄成金は、ドンチャカ騒ぎして派手に遊ぶ。

ホンモノは、静かにお行儀よく紳士である。

 

 

どこの世界も同じ、ホンモノは目立たない。

僕は、君一人を見ていたいから派手な活動はしない。

 

でも、君が真剣に僕と向き合えるようになるなら、君のことは派手に宣伝する。

君はスッポンポンになり露出していかなければならないから、その応援のために。

 

だって、商売人にとっては当たり前のこと、「一人のお客様」を大切に出来ずに
100人のママと一緒に成功しようなんて言えないでしょ。

 

これまでのことは一切忘れて、白紙の状態で僕が言うとおりに実践すれば良いからね。

君を成功させるまで、お店に顔を出すなんてことは絶対に無いから。

 

SkypeやLINE@を使って、毎日いつでも君のそばにいることが出来るんだよ。

会うこともしない、ネット環境があればいつでも繋がっている便利な時代だ。

 

この便利さを最大限活かせるのがファンクラブ運営コンサルタントの強みだから。

PC上での分からないことなどは、遠隔で君のPCを覗きながら教える手もあるよ。

 

 

最初は、イロハのイからだから。

君の魅力を引き出すための「プロフィール」を二人で作り上げるところから。

僕が用意している「問診票」を元に今現在の君を丸裸にするところから。

 

このプロフィールが上手く作れれば、半分以上は成功したようなものだ。

全ての媒体をこのプロフィールが制覇していく、女王様として。

 

 

Instagramの画像を投稿するのは意味がある。

facebookと連動させるのは意味がある。

Twitterと連動させるのは意味がある。

アメブロと連動させるのは意味がある。

LINE@するのも意味がある。

メルマガを発行するのも意味がある。

 

これらを半年、1年と掛けてしっかりとアリさんや亀さんのように
コツコツと自分のモノにしていけば成功は間違いなく君の手にある。

 

1年間毎日、Instagramに10枚の写真をアップしたら3650枚の画像で宣伝できる。

1年間毎日、facebookに投稿すれば黙ってても友達はついてくる。

1年間毎日、Twitterに投稿すれば黙っててもフォロワーはついてくる。

1年間毎日、アメブロに投稿すれば黙ってても読者はついてくる。

このついてくる人たちをファンにしていくだけで1000人、2000人と増えていく。

 

何が大事かというと、毎日継続していくこと。

この継続というのが一番難しいのだ。

 

だから毎日僕がチェックしながら一言アドバイスを送る。
分からないことは毎日でも何回でもしつこいくらい僕に聞けば良い。

 

いいか、もう独りじゃないんだよ。

お店のことだってどんなことでも相談にのるよ、おまけで。

経営コンサルタントの仕事だけどね、友人のよしみで。

 

君がきっかけで日本全国に100人のママさんが【ママの倶楽部】に集う。

この100人になった時のことを僕はいつも想像する。

このコミュニティは、誰もが羨む繋がりを生む。

たったの100人だけの秘密の同志の集う場だから。

 

100人のママが月100万円稼げるようになったら、1億円、年間12億円だよ。

月に300万円稼げるようになったら、3億円、年間36億円。

月に500万円稼げるようになったら、5億円、年間60億円。

月に1000万円稼げるようになったら、10億円、年間120億円。

 

念願の教材屋時代を完全に凌駕することが出来る。

 

独りの力は限られているけど、100人が一緒に何かをすれば感動を呼ぶ。

例えば、一人が50枚のチケットを販売すれば5000人のコンサートが開ける。

昼夜2度の興行でもアーティストの出演料は同じなんだよ。

 

仮に5000円のチケット代だとすれば、一度に2500万円の単純売上が見込める。

2度だと5000万円にもなることは、君にも分かるでしょ。

日建てのギャラが1000万円するアーティストはそんなに多くはいない。

 

会場費は、制作費は、一切合切の費用を含めて2000万円あれば足りる。

てことは2000万円の粗利益を生むことになる。

一人に20万円は還元されるとすれば、どう思う?

アーティストは500万円に抑えれば25万円還元されることになる。

どう考えても50枚のチケット代は無料になるってことでしょ。

 

この興行のことは、たった今考えついたのでラフすぎるけど面白くない?

 

100人の仲間と一緒に何か想像ができないことが出来そうじゃない。

 

 

これが僕の近未来の夢です。

 

 

そして、この夢には続きが幾つか用意されている。

【ママの倶楽部】は、一つのテーマきっかけにしか過ぎないから。

 

 

が、今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

 

 

 

 

 

 

マインドセット, ママの倶楽部

instagram7月6日スタート、10日間で126名のフォロワーになってます。

こんにちは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

タイトル通り10日間で126名の方にフォローされています。

自分でフォローした人たちは、559人でした。

約23%の方たちがフォローしてくださいましたが、フォローした人の中には
絶対に返ってこない芸能人の方たちがいます。

面白いLIVEで近況を報告してくれる渡辺直美さんとかですけど。

個人的に好きな人なので期待して見ています。

 

Instagramは君もスマホで直ぐに出来る簡単なSNSです。

毎日の食事を10枚以上の画像を取りUPさせるだけで一つの投稿ができちゃう。

町を歩いていて何かを撮り、UPさせるだけでするだけ。

因みに僕がヤッているのが「福散歩」ってことで、普通に横浜の町を散歩
している時にスマホで撮った画像をアップしているだけ。

気が向けば部屋に帰り、コメントを追加したりしているだけ。

 

誰にでも出来る、出来ないことを探すほうが難しいくらい。

 

1枚の画像に#横浜とか#yokohamaとかを30個も入れられる、
この「#=ハッシュタグ」というのが本当に面白い。

 

これって間違っても「#」シャープじゃないからね、#だから違いをわかってね。

このお陰で、Airbnbなんかは簡単に海外からの集客が出来るようになるんだよ。

#検索というのが今一番ホットな検索方法だから、前にブログで書いたけどね。

 

フォロー数が多くなると、暇な時にどうでもいいのを削除してバランスを取ります。

実際には、自分からフォローする数よりフォロワー数が多いほどフォローは集まります。

 

そもそも僕がInstagramを始めたのは、ママである君にやらせたいから。

お店を持って接客をしている人には、何が無くてもInstagramが最高のツール。

時間を掛けずにブランディングができる、facebook・Twitter・アメブロともう一つ
僕が使っていないやつの4つの媒体に即リンクしてる。

 

毎日の習慣として、散歩時に撮った画像を①Instagramにアップすると、その時に
facebookとTwitterとアメブロに同時に画像と一口メモがアップされる。

②facebookにそのアップされた状況を確認しながら、簡単な記事を別に投稿する。

③Twitterにそのアップされた状況を確認しながら、別にツイートする。

④アメブロにそのアップされた状況を確認しながら、別記事を投稿する。

この方法で黙っていても4媒体のメディアに自己PRが出来るんだよ。

 

③と④は今の僕は実際にはやっていない、サブのアカウントを使っているから。

 

 

 

君は今、女性の成功者が続出しているのを知ってますか?

成功者である賢い人は皆がInstagramを使って情報発信しています。

 

その中の極めつけが「旅ブロガー」という新しいタイプの女性たち。

facebookから始まったのがInstagramができたおかげで物凄く楽になって
自分ブランディングが簡単に出来るようになったから。

 

この「旅ブロガー」の成功方法を「ママ」が簡単に月100万円くらい
稼げることを教えていきます。

これが「ファンクラブ運営」の基礎になります。

集客=アクセス数=ファンということを頭に入れておいてね。

 

ママである恭子が「恭子教」の教祖になるのに一番手っ取り早いのが
スッポンポンになって自分を露出し「見せる」こと。

 

別に君の裸を見せろと言うわけじゃないから勘違いしないでね。

毎日のダックスフンドとの散歩の風景をスマホで撮り、インスタにあげる。

毎日のお客様との食事風景を撮り、インスタであげる。

毎日の君やホステスさんのドレス姿や着物姿を撮り、インスタにあげる。

年に何度か行く海外旅行を撮りだめして小出しにしてインスタにあげる。

年に何度かの親孝行している姿を撮り、インスタにあげる。

色々な風景や海外での自撮りでも見せれば「憧れ」られる存在になるのは早い。

 

旅ブロガーを名乗るそこらの姉ちゃんより、君のほうがずっと上手くいく。

ハンパない接客経験がモノ言う時代になっているんだよ。

 

 

何度もしつこく言うけど見せるのと相性が良いのが、Instagram。

画像も動画も簡単に取り込める、僕のInstagramも覗いてみてください。

一つだけ山下公園の噴水「動画」をアップしている、自分が見ても飽きない。

スマホで簡単に撮ったものがそのまま簡単に載せられるってのの証明に。

 

この動画をYoutubeにあげて、もう一つYoutubeチャンネルという媒体を作っても
面白いでしょ。

君なら僕より若いから動画も結構インパクトがあるやつが撮れるかもね。

 

 

人間って、字を見て何かを知るより、目で見て知るほうが忘れない動物ですよ。

今のスマホ時代を生きている若い人たちは、まず「見た目重視」が全て。

プリクラなんて殆ど生まれた頃から馴染んでいる。

スマホの「snow」なんて画像加工アプリは超ヒットしているもんね。

 

 

集客の入り口は沢山あったほうが良いのは当たり前、その入口媒体が勝手に
広告宣伝をしてくれる、一昔前ではチラシをまきとかティッシュをまいてたのが
ネット使えばで何でも出来るようになっているんだよ。

 

この何でも簡単に出来るようになったことを「知っていただく」のが、
君のこれからの仕事なんです。

 

LINEが流行ったのもInstagramが流行りつつあるのも、スマホの力なんですよ。

携帯電話のうち、スマホユーザーが70%になったという時代認識をしっかりと
持つことが今の時代に絶対に不可欠な要素なんだよ。

 

 

折角お店をヤッているのに媒体の一つも持っていないなんて最低だよ。

今更、誰に聞けばいいのって反論は無しだよ。

 

そのためには、僕のファンクラブ運営コンサルタントを受けることが一番。

小さな投資で大きな見返りが期待できる費用対効果が抜群なコンサルをね。

 

 

Instagram・facebook・アメブロと殆どが受け身の媒体なんだけど、
だからこそ色々な媒体を活用して無料で広告宣伝しブランディングをする、
その後には必ずコミュニケーションが必要となるのは分かるよね。

それを簡単に出来るのがPUSH型のLINE@とメルマガだけが積極的アプローチが
出来るんだ。

 

コミュニケーションツールとしては、LINE@が一番使いやすい。

しかも最初のファンが少ないうちには無料で始められる。

ファンが増えてきて、月額5400円にすれば良い。

 

 

全てが循環していることが納得できた?

入り口を幾つも増やして、集客する。

 

集客してファン化してコミュニケーションをとってお客様にするも良し、
自分の信者さんとして布教活動をするも良しってことなんだ。

 

 

旅ブロガーなんて所詮砂上の楼閣のようなもの、リアルな修羅場を
生きている本物の君には敵わないってこと。

 

僕が飲食店や美容院などのママさんより、飲み屋のママである君を
大成功させたいのは、僕が水商売時代が一番良かったからなんだ。

表に出せない裏情報がどんだけ貴重だったか、政治家や芸能人の
「夜の顔」を間近に見ることができた。

一流経営者だって、大学教授だって、弁護士さんだって皆の夜の顔。

 

僕たち黒服は、縁の下の力持ちでしか無いのは当たり前。

でも君は、あの元総理大臣○○さんと食事したとかあるよね。

テレビに出てるあの人とお付き合いしたとかもあるよね。

沢山の人とのご縁があることを僕が一番知っているかも。

 

僕たちは傍観者だから、ただ聞き役に回るだけ。

だけど君は当事者、「文春砲」が喜ぶようなネタを幾つも持ってる。

 

 

この辺は書き出したらキリがないないから、今日はオシマイ。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

インスタグラム, ファンクラブ