元税務署長の税理士さんの友人と話して感じたこと。

元税務署長の税理士さんの友人と話して感じたこと。

 

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

昨日、中学時代の同級生、元税務署長の税理士さんの友人と話して
感じたことを書きます。

一昨日に手紙で長年のご無沙汰を詫ながら近況報告を書いた。

が、印刷しようとしたら「シアン」を取り替えろと指示がでる。

たまたまこの在庫が無かったからドンキに走る。

 

そして、シアンを取替えて印刷するも白紙のまま出てきた。

おかしいなと思いノズル掃除や考えられることをしたが駄目。

 

試し印刷をするとカラーは、出てるが「ブラック」が印字されない。

まだ満タン近く入ってるブラックを新品に取り替える。

しかし、結果は変わらない。

 

なんじゃ、これ?

 

いきなり松田優作モードになった僕がいた。

 

 

そこで、一日頭を冷やし友人には突然の電話することにした。

振り返れば丸45年くらいのご無沙汰である。

 

良く覚えてくれたもんだ。

中学時代に机を並べ、お互いに女の子に興味を持つ年頃だったが
彼は勉強一筋、僕は遊び中心だったが成績は僕のほうが良かった。

 

以後お互いの進路は違ったが最後に会ったのが僕の水商売時代の
北九州・小倉、クラブ九州の駆け出しの黒服の頃。

 

初めての同棲生活を自慢したかったのか、税務大学校に
進学して夏休みで帰省中の彼を小倉に呼び一緒に酒を飲んだ。

そして、彼女を紹介したりもした。

 

その後、僕は青雲の志のもと「銀座」を目指した。

それからが音信不通状態に入るのである。

彼の消息は気になったので、大蔵省職員録を図書館でチェック
したりをしていたから、税務署長になったのは知っていた。

 

松江署長から広島・廿日市署長までは追跡していたが、
ふっと今年に入り思い出した時には、定年過ぎ?

 

慌ててググると広島で税理士事務所をやっているようだ。

 

この4月に電話してみると外出中と奥さんが出た。
昔馴染みの友人であることだけを伝えておいた。

 

 

そして、手紙を書いてみる。

 

 

これからが、本番だ。

電話をしたがまた外出中だと言うので、こちらの番号を伝え
折り返しをお願いする。

 

すると、掛かってきた。

声は、若い、昔と同じような感覚が蘇る。

 

長年のご無沙汰を詫び、近況報告をする。

もっぱら彼は聞き役に徹してくれる。

 

いつもの僕と立場が逆転しているようなことになる。

が、まあいいかと適度にその後を話す。

 

そして、本題の税理士の話となる。

僕がこれからやる事業でどうしても気心の知れた人が欲しい。
だから君に電話したと正直にストレートで話す。

予想外の答えは、顧客が一人もいないので仕事はしたくない。

税理士の看板は出していても休眠状態だし、やりたくないと。

 

近い将来に無くなる仕事に「弁護士」さんや「税理士」さんたち、
士業の先生も言われるようになってきているが、彼は別格。

 

自分から望んでやりたくないと。

 

仕事が無くなるとか、顧客がいないとか、集客できないとかの
そんな低次元の話をする訳では無く、やらないと言う。

 

翻って、彼のこれまでの人生を勝手に想像してみた。

税務大学校を卒業して中国管区で、一大蔵省職員として働き出した。

所詮ノンキャリアの扱いだから、精々末は署長止まり。

以後は税理士稼業というのが最初に敷かれたレールだったのだ。

 

その途中で、お見合い結婚でもして普通に子供を授かり成長させ、
その子らも独立して離れていき、今は奥さんと二人暮らし。

 

この30数年間の給料と退職金、老後は安泰の「年金」がある。

マンションと言えども家賃は掛からない、夫婦2人での年金暮らし。

 

まだ年金がきちんと貰える時代に生きている、それも大蔵省職員。
貰えないほうがおかしいほどの金額は得ているはずだ。

 

何を煩わしく人の面倒を見る必要があるのか?

人と接することさえ煩わしくなっているかも知れない。

 

因みにインターネットやってるか?

メールは?

 

全然、反応なし、何も出来ないというかやっていない。

 

ついこの前にやはり同級生と繋がり、彼とはLINEをした。
まだこの友人のほうがマシだった。

 

僕の想像では、インターネットくらいは当たり前にしてる。

顧客との対応もメールでやっていると勝手思ってた。

 

だから助平根性を出して、ホームページでも作ろうよと
見込客扱いをしていたのだ。

 

ホームページを作り、集客コンサルを別枠で二度美味しい。

 

それが、『何これ?』

 

言葉こそ優しいが、サングラスを外した松田優作ではないか。

 

 

「お前が何をしようが、役に立てない。」

 

糖尿気味なので、ウォーキングするのが楽しみだそうだ。

 

 

悲しいね、本当にオジサンは悲しい。

儚さを覚えた。

 

 

人には色々な人生がある。

島倉千代子が歌ったように『人生いろいろ』

 

 

僕には【夢】しかない。

この夢には、普通の人の人生は微塵も入っていない。

 

若い頃の水商売時代から、世の中のというか人の裏表を観察し、
表裏一体が人であることは分かっている。

 

お客様だった元総理大臣だって裏表があった。

上場企業の社長さんだってそうだ。

一流と言われる芸能人だってそうだ。

アイドルなんて、その代表選手だ。

 

みんな、夢を売るのが商売だ。

 

みんな表裏一体あるから、面白いのだ。

 

 

夢には表裏一体が無いことを願う。

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

アメーバキング2(アメキン2)の徹底的活用術を教えます。

アメーバキング2(アメキン2)の徹底的活用術を教えます。

おはようございます、、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

アメキン2を使った方が良いですよと、勧めている割に具体的に教えろという
リクエストをいただきましたのでザクッと行きます。

このアメキンは半端じゃないほど使いもしない機能が豊富にあります。

そこで徹底的活用術、覚えていて欲しいことを最初に触れておきます。

 

これは何なのってことを改めて学習しておきましょう。

はい、無料で集客するための便利なツールであること。

但し、月額2980円の継続的な課金で使いこなすこと。

ここで、安いとか高いとかの論議は無しです。

 

1日1本の缶コーヒー代より安く、3ヶ月後には1000名のファンを増やせるツール、
あなた専用のロボットであることを自覚しておいて下さい。

 

所詮、投資ですから投資した金額以上の果実がもたらされれば大正解とする。

1000名のファンを増やせた暁には何が待っているかを想像しながらね。

 

 

じゃあ、どうするの?

ロボットとしての使い方は、使うあなたの意志次第となります。

 

何を命令するか?

何をやらせるか?

 

これに尽きます。

 

 

本当にザクッと紹介ですが、活字では伝わらないし理解不能でしょうが…。

申込をして無料体験版を使うか、そのまま実践するのかは別としてインストール後。

アメキントップページを見れば、一番上に機能を紹介している沢山のメニューがあります。

 

「アメキン2の一番上のメニューボタン」

左側から右側に向けて、下記のように並んでいます。
便宜的に左から順に①からにしています。

①アカウント
②ID抽出
③ペタ
④ペタ(グルっぽ)
⑤いいね
⑥読者登録
⑦読者メンテナンス
⑧アメンバー申請
⑨メッセージ送信
⑩フォロー
⑪フォロワーメンテナンス
⑫コメント周り支援
⑬除外リスト
⑭バックアップ
⑮テンプレート作成
⑯予約
⑰設定
⑱ログ
⑲マイページ
⑳WPプラグイン
21スマートフォン版

 

僕が必ずロボットに命令するために大事な機能は、
「①アカウント」
これは、自分のアメブロアカウントを登録するために必要です。
そして、沢山のアカウントを登録できるようになっているから、
自分の分身を作ったり、スタッフブログを作ったりしてもOKです。

 

因みに僕のアメキンは、16個のアカウントを登録していました。
以前は、2台のPCで30アカウント位やってましたけどね。

 

それから、一つのアカウントごとにログインしてロボットに作業させる。

例えば、万馬券倶楽部のアカウントなら、競馬やギャンブル愛好家を
読者として増やしていきます。

 

そこで必要となるのが「②ID抽出」。

ID抽出は、以下の通り細分化されているのでターゲット属性は絞り込み易い。

万馬券倶楽部のアカウントなら、「ランキング」で「競馬」や「ギャンブル」。
若しくは「キーワード検索」か「プロフィール検索」を使ったりもします。

このID抽出方法をマスターするのが、読者登録を増やすために絶対必要条件。

あなたの「お店」なら、誰を対象にお客様になって欲しいかを常に考えてね。

ご近所さんを探すことも出来ますから、楽しみながら読者=見込み客に出来ます。

 

芸能人ブログなんかは、話題性の提供と割り切ってネタだけにした方が得策です。

 

ID抽出を極める前に、抽出方法を頭に叩き込むこと。

ID抽出方法
ランキング(総合)
ランキング(月間)
ランキング
Ameba公式ジャンル
読者になったブログ
あなたのブログ読者
他人の読者
他人のお気に入りブログ
他人のブログにいいね!した人
他人のペタ帳
他人のアメンバー(承認した人)
他人のアメンバー(承認してくれた人)
ついたペタ
つけたペタ
いいね!してくれた人
アメンバー(申請した人)
アメンバー(申請してくれた人)
アメーバなう(フォローしている人)
アメーバなう(フォローされている人)
グルっぽ
キーワード
ハッシュタグ(アクセス数ランキング)
プロフィール検索

 

検索条件
カテゴリー
グルっぽID
キーワード・ハッシュタグ
○○回以上いいね!をしてくれた人を抽出
他人の記事・記事のURL

プロフィール検索
◎男 ◎女 ◎問わない

年齢 ○○才~○○才まで

血液型  ▼ラジオボタンで選択

出身地

職業

キーワード

○○日以上の更新ないブログIDを抽出しない

 

ついたペタ抽出条件
PCモバイル判定
PCからのペタ  モバイルからのペタ

 

ついたペタの場所
◎プロフィールから ◎ブログから ◎なうから ◎グルっぽから ◎その他

 

期間指定
◎今日ついたペタのみ抽出

 

 

ザザっと「ID抽出方法」「検索条件」と触れましたが、大体の想像は出来ました?

僕が具体的にアメキンロボットにやらせているのは、

①アカウント別に、

②ID抽出をして、

③ペタを毎日500人にさせる。

 

この①②③が1セット。

次に②ID抽出に戻り、ペタした人を抽出し、

⑤いいね!を毎日300人にさせる。

 

そして、最後が⑥読者登録。

もう一度ID抽出に戻り、ペタした人を抽出、シャッフルして50人読者登録。

この読者登録だけは、半自動でしか出来ないから20~30分は必要かもね。

 

 

あとは、週一くらいで⑦読者メンテナンスだけです。

 

 

それと忘れてはいけないのが、⑨メッセージ送信です。

読者登録する時のごあいさつをするように定型化した文章を書いておきます。

アカウントを登録する時にアカウントごとに挨拶文を書くようにしましょう。

当然、属性によって表現方法が違って当たり前ですから。

 

 

ママが気をつけなければいけない場合は、見込み客とホステスさんとは違う。

属性を見込み客とした場合には、それなりに丁寧にごあいさつをして、
ホステスさんには、お姉さん的な親近感を持ってごあいさつをするとかです。

 

誰でも知らない人がいきなり読者登録してきても拒否反応を起こしますから、
自分の言葉で相手に失礼が無いようにするために丁寧にごあいさつをします。

 

 

要は、ロボットを便利に使いこなすのも器量のうちということですね。

幾ら多機能型ロボットでも、使うのはあなたですから。

 

シンプルなことを習慣化して繰り返し行う、このコツコツ作業が一番大事です。

勿論、アメブロの毎日更新はやることに徹してくださいよ。

 

 

最後にWordPressでブログをやっている方は、アメブロとの連携が出来ますからね。

⑳WPプラグインを使えば、WPで書いた記事をアメブロに転載してくれるので簡単に
一石二鳥になります。

 

が、画像や動画はうまくいかないので過度なる期待は禁物ですけどね。

 

 

ここ数日、新しいアカウントでアメブロを回したら今日は10名の読者が増えていて、
やはり僕のやり方の正しさを証明してくれました。

この調子だと9月中に300名の読者さん、11月末には1000名突破は間違い無し。

 

 

所詮、アメブロもコミュニケーションツールですからね、何処と無く相手の顔が
見えるような気持ちにさせないといけませんよ。

 

このネットでのコミュニケーションは、対面とは少し違うことも意識して下さい。

ほんのちょっとした気遣いだけで良いですからね。

 

このちょっとした気遣いが、あなたのファンになってくれる第一歩ですから。

 

 

 

じゃあ、今日も一日楽しく遊びましょう!

 

 

 

 

 

アメブロ集客コンサルタント@福だるまでした。(笑)

 

 

アメブロで読者が増やせないけど、何か良い方法はあるんですか?と質問が来た。

アメブロで読者が増やせないけど、何か良い方法はあるんですか?と質問が来た。

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

アメブロで読者が増やせないけど、何か良い方法はあるんですか?
と質問が来たので早速彼女のアメブロをチェックする。

が、その前に簡単に彼女のプロフィールを紹介しておくと、

ある東京近郊の街で、キャバクラというかクラブというかを経営してるママさん。
年齢は、おそらくアラサーだと推測する。

お店は、女の子常勤10数名、男性スタッフ2~3名。

この6月に2周年を迎えて2店目も視野に入れてる?

 

2014年5月にアメブロを始めているのに読者数は、たったの10名。

このことをあなたはどう思いますか?

 

正直な僕の感想、やめちゃえば。

 

ブログの更新頻度も、自分の都合だけで書いてるのが丸見え。

笑っちゃうのが、やたらと体験入店という名の求人募集。

アメブロそのものがデフォルトの超シンプルなデザイン。

カテゴリーも上手くまとめられていない。

が、何と言っても「プロフィール」がなっていない。

 

 

何故、この様なブログをやっているのか?

3年前からやっているのは、他のSNSに抵抗があったとかかな。

流行には流されたくないとかのわりと自己意識は高いかも。

一番感じたのは、他人から学ぼうとしていないこと。

 

アメブロはブログデザインも豊富だからもう少し綺麗を意識する。

でも、誰も教えてあげないのが原因かもね。

女の子やスタッフがいるんだから、誰かは知ってるはずだよね。

それなのに誰も教えない、完璧な「裸の王様」状態かも。

 

よくいるどうでもいい姉御肌の和田アキ子タイプなのかな?

 

 

どの様にすれば劇的に変わることが出来るかを教えます。

先ずは沢山のママさんのアメブロを検索しまくり、最低でも100人以上の
ママさんのブログとプロフィールの書き方を観察します。

そして、親しくなりたいなと思ったママさんに「ペタ」「いいね」を。

と同時に「読者登録」をして、ブログ更新を受け取るようにします。

 

この目標とするママさんを決めることが非常に重要ですよ。

あなたの一歩か2歩先を行ってる、謂わば先生役ですからね。

この先生からしっかりとアメブロ運営を学んでいくことに徹底します。

 

次にこのマークした先生役のママさんとの交流を始めます。

最初は、一方通行になるかも知れませんが「コメント」をします。

先生が更新した記事に、自分の感想をコメントしていきます。

 

これが、あなたから先生ママのコミュニティに入って行くことになる。

これって、先生ママも嬉しいことなんですよね。

お互いのことを少しずつ教えあえれば最高の友達へと昇華していきます。

 

そして、あなたのことを紹介してくれるようになるはずです。

この先生からの紹介が、あなたの明るい未来を想像させてくれます。

 

ブログだからって、色々な人との交流をし繋がって行くことが出来ます。

決して一方通行の情報発信が全てじゃないことを覚えていて下さい。

 

facebookやTwitterやLINEのような繋がり方とは少し違いますが、
アメブロはアメブロなりの良さがあるのは事実ですから。

 

 

何より、自分が変わりアメブロを毎日更新することが一番大切なこと。

この毎日更新が、中々出来ないからみんな途中で挫折する。

この相談してくれたママも、不定期ではあるけど更新はしている。

 

 

それじゃ最初に何からやれば良いのかをおさらいすると、

①記事を毎日更新する。
②先生役の自分に合ったママを探す。
③プロフィールを先生ママの真似して書き直す。
④記事の書き方も、先生ママの真似をしていく。
⑤ブログデザインを変えてみる。(出来れば有料で)
⑥毎日、ペタやいいね、読者登録を繰り返し行う。
⑦気になった先生役ママのコメントをする。
⑧先生ママとの交流を意識的に行う。

 

 

これらの毎日の作業をスマートに出来るのが「アメーバキング2」です。
②の先生役を探すのなんて超簡単に出来ます。
⑤のブログデザインもテンプレートがあるので簡単に変更できます。
⑥は、ペタやいいね、読者登録が簡単にツールとして働いてくれます。
⑦も簡単に出来るコメント機能というのが完備しています。

 

このあなた用ロボット「アメーバキング2」は、月額2980円だけです。
やれ食事はとか、油が切れたとか、不平不満も一切言いいません。

アメーバキング2はこちらから

あとは付属のマニュアルをしっかりと読み込めば誰でも出来ますから。
分からないことがあれば、何度でも読み返せば必ず答えは見つかります。

 

このツールを自由自在に使いこなせるようになれば、あなたが先生の番です。

僕は、現実に3ヶ月で読者登録を1000名にするコンサルタントもしているけど、
基本的にはアメキンの徹底的な使い方を教えているだけです。

 

 

この相談してくれたママも、何も知らないから何も出来ない。

これって、普通のことなんです。

誰もが知らないから、何も出来ない。

 

でも、知っている人に教われば誰でも出来るようになる。

これが、これからのあなたの生き方なんですよ。

 

 

良いですか、よく考えて見て下さい。

あなたの読者が簡単に1000名も増えたら、どうですか?

少しは、周りの人達やお客様にも自慢したくなるんじゃないですか?

 

ここには「あなたの場」が生まれるんですよ。

「あなたのコミュニティ」という「場」なんですけど。

 

あなたのお店の他に、もう一つ誰にも自慢したくなる「場」です。

このコミュニティが、相乗効果を生みあなたのお店を大きくしてくれます。

名刺にアメブロのURLを書いて、お客様に宣伝することも可能です。

 

女の子やスタッフが募集に悩まされることがなくなります。

毎月の売上や、支払いに悩まなくても良くなります。

 

それこそ、2店舗、3店舗とビジネスを成長させてくれますよ。

 

 

小さな一歩から始めるのが、ファンクラブ運営の一歩でもあります。

いきなりファンクラブと言っても、何?

ってことがあるかと思います。

 

が、小さな一歩からやっても3ヶ月後には1000名の読者がいる。

この明るい未来を想像して、あなたの夢の一歩として下さい。

 

 

 

アメブロ集客コンサルタント@福だるまでした。