ホリエモンが強調してた「儲かるビジネス4つの原則」を福だるま流に解釈してみた。

ホリエモンが強調してた「儲かるビジネス4つの原則」を福だるま流に解釈してみた。

 

こんにちは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

 

ネットビジネスをヤッている人は、大概知っていると思いますが一般のビジネスをされている方はどうなのか分かりません。

 

簡単に「儲かるビジネス4つの原則」を紹介すると、
①利益率の高いビジネス

②在庫を持たないビジネス

③月極で定額が入ってくるビジネス

④大資本の要らないビジネス

 

ホリエモンこと堀江貴文さんの現在を象徴していますが、4つの原則をしっかりと守られてホリエモン流コンテンツビジネスをされていますね。

 

福だるま流に解釈してみたと書きましたが、今僕が意識してヤッているビジネスもドンピシャで当てはまることをしていますし新たにやろうとしていることもあります。

①利益率の高いビジネス
これは、コンサルタントというビジネスはコンサルタント料が収入源であるので利益率が高くて当たり前です。

様々なコンサルタントをヤッていますが、その形態において利益率は若干変わってきます。

何故なら、仲間と一緒にとなるとシェアすることが一つの条件となりますからコンサルタント料を全額僕が貰うという訳にはいきませんよね。

 

例えば、助成金獲得コンサルタントの場合には、司法書士さんや行政書士さん、社労士さんなどの士業の先生と一緒に取り組む場合がままあります。

こういう時には、あらかじめお互いの取り分を決めてから進めていきます。

実務は先生方に任せて、僕は渉外や営業などの役割分担します。

 

 

先日、マレーシアで法人を作り現地に新しく進めるビジネスの管理会社を設立し、現地の人を雇用して日本特有のサービスをしたいとの要望で話を聞きました。

 

この場合は、日本側は僕一人だから僕だけがコンサルタント料を独り占めできますが、現地のコンサルタントや士業の先生などのコンサルタント料は別立てであることを最初に説明します。

 

 

 

②在庫を持たないビジネス
これもコンサルタントは、在庫は一切持たないビジネスです。

だけどクライアントに対する付加価値の提供が出来なければお話になりませんから、頭のなかには知識や知恵という在庫は必要になります。

 

 

今一つのユニークなコンサルタントがありますが、「万馬券捕獲コンサルタント」といいいます。

日本中央競馬会JRAが主催する競馬に対応した万馬券自動捕獲ソフトを使い万馬券を数多く捕獲しましょうということを教えるコンサルタントです。

この場合は、在庫はありませんがソフト開発者との間でソフト使用許諾という契約をして、使わせていただいています。

在庫はないけど、使用料という原価が掛かりますから利益率は通常のコンサルタントより低くなります。

 

加えて、ソフトなので常に進化させなくてはいけませんしバグのチェックや修正などメンテナンスが必要だし、この費用はソフト使用の他に運用経費として掛かります。

 

僕的には効率が悪いので、積極的な活動はしません。

わざと「女性のための万馬券倶楽部」としてハードルを上げて、ブログも更新していない状況です。

 

 

 

 

③月極で定額が入ってくるビジネス
これは、コンサルタントは毎月定額が入ってくるビジネスです。

どのコンサルをしても、必ず契約書を作り双方の言い分を文書にしての双務契約が当たり前の原則としてあります。

が、あまり長い期間を設定してもらえることは珍しいです。
ここが安定すればといつも考えさせられるところ、コインパーキングなどのビジネスが羨ましい(笑)。

 

 

このブログの「会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるま」がこれから重点的に力を入れていくのは、月額コンサルタント料を3段階に分けての「集客・コミュニケーション・ファンクラブ・会員管理システム」と連動型のコンサルタントです。

 

この形態をキチンと出来ている人は、今のところ日本広しと言えども一人もいません。

 

月額3万円のクライアントさんには、最低6万円以上の利益が出せるようになることから教え、コンサルタント料が健全な投資になり生きて返ってくることをシステム化できました。

 

月額5万円なら最低10万円以上、月額10万円なら最低20万円以上。

 

このコンサルタントは、僕がやるのではなくて僕が教えた人だけにやってもらう日本全国に同志を求めながら組織として大きくしていきます。

 

 

先日も、昔馴染みの仲間に話したところ横浜は自分にやらせろ、大田区は蒲田の事務所でやらせろと2つの支部長=マネージャーをヤッてくれるそうです。

 

エリア指定権の保証金は払わないと任せないよと言えば、ビジネスの将来性を感じて振り込んでくれることになりました。

 

 

 

日本全国に100人の支部長さん、人口120万人が一つのエリアとなるので横浜は3人の支部長さんが生まれることになります。

 

東京都は1200万人の人口だから10人の支部長さん。
先程の大田区と豊島区の2支部長さんが決定しています。

 

 

第1期は20名の支部長さんだけです、僕一人じゃ100人も一度に教えることは出来ないから、順次増やして行く予定です。

この教えていくというところもLINE@のお陰で、物凄く楽になりましたね。

 

コミュニケーションツールとしては最高の武器になってくれます。
何しろリアルに即繋がることができるって楽しいもんです。

 

 

僕の希望は、ママの倶楽部に繋がるママさんの参加を優先したいのですかどの様なことになるかは分かりません。

銀座のババアは、未だにガラケーだし(笑)。

 

 

今のところ損保代理店と不動産屋さん、元サラリーマンにエリア保証した3支部だけですけどね。

 

 

 

 

④大資本の要らないビジネス
これもコンサルタントに資本は必要としません。

僕も昔は資本を集めて、ショットバーを開いたり、旅行代理店をやったり、家庭教師派遣業をやったり、八転びもしていますがインターネットの時代になり大きな資本を必要とするビジネスはやってる方がおかしいように感じています。

 

 

「資本=お金」のように勘違いしている場合じゃありません。

 

「資本=元手」は、ほぼ当たっています。

 

 

ホリエモンが「エッジ」から「livedoor」と進化して行き、獄にとなった時も決して大資本は持っていませんでした。

 

「資本=頭」という原理原則が分かっていたから、大資本に挑戦していたのだと思います。

 

資本ってキャピタリズム、CAPが語源なので頭の中身が一番重要であることが分かっているか否かが勝敗を決める。

 

この頭の中身も、別に東大にいったからという知識満タンな人になるより、投獄という立派な経験をしたことを活かせる「知恵」が身についた、資本の荒波に揉まれた経験とそれを乗り越えた知恵が一つのコンテンツとなり、今彼は存在している。

 

やはりホリエモンは優秀ですね、「儲かるビジネス4つの原則」を忠実に具現化して見せてくれている。

 

若い人たちが、この4つ原則を自分のモノとして気づいて欲しいですね、上っ面での理解だけじゃなく本質を知るということで。

 

 

僕は4つの原則を自分流に消化し、具現化していくために未来の支部長さんやフルコミ・セールス軍団のために、分かりやすいマニュアルを幾つか用意していきます。

 

勿論、クライアントさんのためにを考えぬいたプレゼン資料も作成しないと折角の支部長さんに愛想を尽かされますからね。

 

僕も同志も、クライアントさんも、関係する人がみんな楽しく素敵な夢が見れるようになることを期待しています。

 

 

 

 

じゃあ、今日も1日頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

シリコンバレー発「会員制ビジネス起業術」という本を読んでみたら。

シリコンバレー発「会員制ビジネス起業術」という本を読んでみたら。

こんにちは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

タイトルが気になり会員制ビジネス起業術を紹介したいと思う。

日本人が知らない定期収入のビジネス戦略なんてのも表紙サブコピーにあるし、新時代の成功企業が取り入れている「囲い込みビジネス」の最前線というのが知りたくなったから。

 

セールスページから見出しを拾って見た。

なぜ多くの人は継続収入を得られないのか?
(…そしてどうすれば成功できるのか!?)

・どんなサービスを提供すべきか?
・価格設定はいくらにすべきか?
・どんなビジネスモデルにすべきか?

・どうやって会員を増やせばいいのか?
・どうやって会員に継続してもらえばいいのか?
・「会員数ゼロ」の状態から、短期間で毎月安定収入が得られるようになるには何からはじめればいいのか?

といった、いくつかのコツを知らないからです。
ここ※
だから本書を読めって勧めているけど、2980円(税抜き)の
本を読んだくらいで簡単に起業できるものでは無い。

 

 

 

小規模だからこそできる!
ゼロからの会員制ビジネスの作り方

「小規模だからこその利点」を活かした会員制ビジネスの成功のコツと事例を紹介しています。もしあなたが、毎月1000万円の追加の安定収入が欲しい場合、それを1つの会員制ビジネスで達成する方法もあれば、10個のビジネスで(毎月100万円 × 10個)達成する方法もあるわけです。(結果は同じですが、そっちの方が簡単です。)
ここ※
毎月100万円の会員制ビジネスがどうやって?
そんなに簡単にできるわけ無いじゃんとの思いで半信半疑で読む。

 

 

 

豊富な資金は必要ありません

会員制ビジネスをスタートするのに、たくさんのお金は必要ありません。もちろん資金がたくさんあることで、できることは増えます。でも資金がたくさんあることそのものは、成功のための絶対必要条件ではありません。実際、大金があっても失敗した会員制ビジネスは山ほどあります。
ここ※
フザケているよね、このコピー書いた人。
何も分かっていない人?それとも翻訳者の翻訳が悪かった?
でも読む。

 

 

 
大きなリスクを負う必要はありません

これは確実に利益が取れることを確認してから、それを広げていくことができる方法です。つまり「足元を固めながら」会員制ビジネスを組み立てていくため、うまくいくかいかないか、よくわからないものに大金を使うことはありません。利益の出る会員制ビジネスを作ること。これに重きをおいています。
ここ※
リスクなくして何が出来るの?
時間というリスクは対象外なのかな?
確かに金銭的なリスクは少なくてすむが、それはノウハウがある人の場合だけ。
でも読む。

 

 

 
天才的なアイディアやひらめきは必要ありません

本書には6つのビジネスモデルと豊富な成功事例、失敗事例が載っています。そのためあなたはそのアイディアを参考に「少しアレンジ」して使うだけでOKです。

このように、、、
もしあなたが定期収入型のビジネスを持ちたいなら、本書はたくさんのヒントを与えてくれるでしょう。

ここ※
ビジネスモデルと成功事例や失敗事例が豊富にあるから、そのアイデアを参考にして「少しアレンジ」だって、ヘソで茶を沸かす?

ここで最大のショックを受けた。

でも読む。

 

 

 

 
もう少しだけセールスページを見てみることにする。
目次・章立てをだ。

Foreword
所属はパワーである

Introduction
新・産業革命

 

 

Part1
メンバーシップ・エコノミーとは何か
一度きりの取引を基盤としたモデルは絶滅に向かいつつある

No.1 勃興
あなたの会社の事業に取り入れるには

No.2 転換点
所有よりもつながりが重要になっている

No.3 現在進行形のモデル
技術革新が産んだ未来につなげる新概念

 

 

Part2
戦略と戦術
メンバーシップ・エコノミーの土台となる7つの概要

No.4 カルチャーの構築
マーケティングと革新を再優先する

No.5 見込み客取得ファネル
ボトルアップからの構築が効果的

No.6 スーパーユーザーの創出
新規加入会員の定着プロセスを最適化する

No.7 正しい価格設定
シンプルに構築し、柔軟性の余地を残す

No.8 無料のパワー
戦略でなく戦術として組み込む

No.9 テクノロジー活用
適切な技術を利用して適切なデータを追跡する

No.10 会員を保持する
および退会を許可すべきとき

 

 

Part3
哲学、戦略、ツール
あらゆる形態と規模でメンバーシップの成果を上げる

No.11 オンライン定期購入
デジタル世代の企業から学べるビジネスモデル

No.12 コミュニティの新たな形
オンラインコミュニティが可能にするもの

No.13 ポイントサービス
最も忠誠心の強い顧客に報いるシステム

No.14 先駆者
時の試練に耐えて生き残ったメンバーシップ・エコノミー企業の教訓

No.15 小規模ゆえの利点
小規模事業者とコンサルタント業者の可能性

No.16 非営利組織の挑戦
職能団体、事業者団体などによる独自の試み

Part4
組織の変容
機器や転換点を確実に乗り切る

No.17 ビックアイディア
どのようにしてビジネスの基盤を固めていったのか

No.18 組織の成熟
成長戦略に狙いを定め、追求する

No.19 オンラインへの移行
オフラインの機会損失を回避するための困難な挑戦

No.20 所有からアクセスへ
技術革新がもたらした現代のメンバーシップ・エコノミー

No.21 イノベーション
普通の事業者から破壊的な競争力ある事業者へ

 

 
Conclusion 成功への後押し
知識を行動につなげるツールの数々

毎月ゼロから売上を作っていくのは
しんどいと思いませんか?

 

 

 
もし安定した定期収入がなければ、毎月毎月、月が変わるたびに売上をゼロから積み上げていかなければいけません。その月、営業活動や販売活動がうまくいけばいいですが、そんな月ばかりではありませんよね。

もちろんビジネスですから不測の事態は日々発生します。あなたや会社のキーマンが体調を壊す。主力商品に不具合が見つかる。あるいは大きな災害などのトラブル。季節による売れ行きのバラ付き。などなど、売上を「不安定に」する要因はたくさんあります。

それに、ただ商品を売っているだけでは、売上は「積み上がって」いきません。会社を成長させていくためには、一度の仕事が長期でリターンを生む、資産ストック型のビジネスを持つのが近道です。

それが私たちがこの本を出版しようと思った理由です。

日本人が知らない、シリコンバレー発の会員制ビジネス起業術をぜひ試してみてください。

ここ※※※
確かに日本人が知らないことが書かれてのは確かだ。
だからそれを知ったからって起業出来るの?

僕は、怖くて起業しろなんて一言も言えないし言う勇気もない。
あまりにも無責任な気がする。

 

 

 

が、このシリコンバレー発「会員制ビジネス起業術」を勧めることなんかしたくないけど、90日の「満足保証」を使って読むことは否定しない。

 
本屋さんに並ぶ一般の本でも同じだけど、タイトルや目次に惹かれて買っては見たけど、アレってことはよくある。

でも、一行でも自分に響くことが書かれていれば妙に納得もする。

 

 

本を読むってのは、所詮そんなことの繰り返しだと思う。

知識として知らないことをインプットすることは良いことだし、何かの時にアウトプットする機会には役立つかもしれない。

 

 
要は、本を読もうがネットで学ぼうが、実学として先生に学ぼうが結局は自分次第ということで、何も期待するなということ。

それでも興味ある人は、こちらから。

 

 

 
じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 
会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

アメブロ集客術を少しずつ実践していきます。

アメブロ集客術を少しずつ実践していきます。

こんにちは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。
このアメブロ集客術を少しずつ実践していきますというのは、僕がこれからネットビジネスとリアルビジネスを中心に経済的な復活を遂げるためにアメブロが絶対に必要だと確信しているからです。
ネットビジネスの世界を見渡すと色々なことが語られていますよね、稼ぐ方法として。

 

アフィリエイト、せどり、転売、PPC、FX、バイナリーオプション、
メルマガなどとあるかと思います。

 
情報発信媒体としても、ブログ、Twitter、facebook、YouTube、インスタグラム、LINEなど次から次へと新しいプラットホームが増えてきていますよね。

 

 

が、僕に一番あっているのが以前からやっていたアメブロ集客法なんですね。

これが一番、リアルビジネスとの垣根が低いので相性も良いです。

何故かって言うと、しっかりと自分のビジネスを紹介できます。

 
人によっては、facebookは本名でやってるから良いんじゃないとかの意見もあるのは事実です。

でも、今の僕が重要視しているのは、自分なりに早く結果を出すのに最適なのはと考えた結果がアメブロ。

 

人それぞれに、これが良い、あれが良いという考え方があると思うので、それらを否定することでは決してありません。

あくまでも僕の主観からの選択です。

 

 

 

例えば、僕が飲食店を経営しているとします。
(30年以上前に経験済み)
このことを一番宣伝しやすいのが、アメブロなんですね。

このブログの「ヘッダー」は、お店の看板になります。
・店名(ペガサス」
・住所(横浜市中区末広町3-102)
・電話(忘れてます)
◎お店の雰囲気が分かる写真が使えます。
◎自分の顔写真も使えます。
そして、「メッセージボード」はお店の告知欄として。
・お店のメニュー
・お店のイベント
・お店の人気ブログランキング
「プロフィール」は、自分のブランディングとお店の宣伝の両方で使えますし、他のSNSより多くのことが書けます。
自分が見込み客を集めたいと思えば、「グルっぽ」というコミュニティがあります。

このグルっぽでは、同じ同業者の人ともお友達になれるし、宣伝もできるんですね。
それから、「アメンバー」という積極的にお友達申請ができてコミュニケーションがとりやすくなる機能もあります。

 

 

何より強調したいのが、「読者登録」をして貰うということ。

この読者さんが、見込み客の第一歩となります。

読者さんの興味を引き、自分のことやお店のことを分かって貰えば
次の段階では、ちょっとだけ覗いてみようかとなりますよね。

 
興味を引く上では、自分の言葉で記事を書くということが大事な要素となりますけど、少しでも読者さんの役に立てるようなことや楽しんでいただけるようにすればいいんです。

 
僕が昨日書いた、横浜は面白いですよ楽しいですよってことも興味を持っていただくことに繋がっています。

それこそ、僕がやってたお店とは300mくらいのところの話題でした。

 
一部では、何だこんな記事と思われる方がいるかも知れませんが、横浜での生活に密着した有益な情報だと思ってくださる方がいるのも事実です。

 

 

ブログを書くとか、情報発信するとかは、そんなに難しいことじゃないから、まずはやってみることですね。
何事も行動しないことには、何ら結果が出ませんから。

 

 

それと、この「読者登録」は自分から読者になることは1000人という上限がありますが、相手から登録していただくには上限がありません。

よく芸能人ブログで何万人という読者を持っているタレントさんなどがいますが、一般の人でも1万人を超えている人もいますよ。

 

 

でも、お店のことを考えれば、あなたのお店は何人の見込み客がいれば良いですか?

お客様候補生としてですが。

 

 

まあ、お店の規模にもよるでしょうが僕のショットバーはカウンター10席、ボックス4人・4人・2人の20席しかありませんでした。

1日3回転したとしても、上限は60名しか入れません。
現実は、カウンター中心でしかなかったのでボックスは待合室のような役割でしかなかった。

いいとこ1日30人が目標のようなものでした。

これを1ヶ月、仮に毎日違うお客様としても300人ですよ。

2ヶ月に一度の来店だと600人、3ヶ月に一度でも900人。

こう単純に考えただけで、1000名ものお客様候補生を見つけられれば御の字です。

 

 
そう考えれば、自分から読者登録していく人たちの属性を絞って、きちんと読者管理していけば、そんなに難しくないことなんです。

 
僕が最初にSNSをやったのがmixiでしたが、このmixiも良いですよ。

小規模店舗の場合には、アメブロと甲乙つけがたい場合もありますが、残念ながら会員全体の絶対数が少ない。

 
ここの利点は、「グルっぽ」より「コミュニティ」がしっかりと出来ているところです。

この「コミュニティ」は、商売人からすれば一番使い勝手が良いです。

 
一時期ですが、鹿児島からとか北海道の小樽からとかわざわざ僕に会いに上京してきてくれたマイミクさんもいました。

東京近郊は言わずもがなでしたが、100人くらいの方とはお会いしましたよ。
そうだ、香港から帰国したその足で訪ねて来てくれた人もいました。
弟子入り志願者だけでも10数人はいました。

 

 

 

要は何が言いたいかといえば、人間同士、きちんとコミュニケーションができれば、距離の差は無いに等しいということ。
しっかりと自信を持って「お店」を経営していれば、この距離の差を感じさせずにお客様は来てくださるという事です。

 
アメブロの読者さんも結構な方たちが、会いに来てくださいましたが、僕の仕事の都合でお断りしたことが多かったですね。

 

 

 

これからは、女性経営者の方とはお会いします。

色々なアドバイスもさせていただきます。

 
が、男性はお断り、僕には残された時間がありません。

 

自分の夢に近づくためには、女性との関わりしか必要としていませんので申し訳ございません。

 

 

 

 
僕の夢は、【ママの倶楽部】を成功させること。

日本全国で100人限定のママさんのコミュニティを作ります。

人口120万人に一人の割合のエリア制、東京だと10名のママさん。

このママさんたちに最初に教えるのが、「アメブロ集客術」。

 

まずは、お店の売上を安定させて、次のステップに行きましょうと
小さなお店からスタートした僕がオフショアを使って面白いビジネスをしようとしてたことを段階的に教えていきます。

 
金持ち父さんにはなれないけど、金持ちママさんになりましょう!

 

 

 

ママの倶楽部の正式スタートは、6月7日僕の67歳の誕生日から募集開始をしていきますから、徐々に概要をご紹介します。

 

 

 

 

何故、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまを名乗っているかは、このママの倶楽部を成功させるためにです。

 

 

 

 

 

 

 

 
ありがとうございました。