元税務署長の税理士さんの友人と話して感じたこと。

元税務署長の税理士さんの友人と話して感じたこと。

 

こんにちは、ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまです。

 

昨日、中学時代の同級生、元税務署長の税理士さんの友人と話して
感じたことを書きます。

一昨日に手紙で長年のご無沙汰を詫ながら近況報告を書いた。

が、印刷しようとしたら「シアン」を取り替えろと指示がでる。

たまたまこの在庫が無かったからドンキに走る。

 

そして、シアンを取替えて印刷するも白紙のまま出てきた。

おかしいなと思いノズル掃除や考えられることをしたが駄目。

 

試し印刷をするとカラーは、出てるが「ブラック」が印字されない。

まだ満タン近く入ってるブラックを新品に取り替える。

しかし、結果は変わらない。

 

なんじゃ、これ?

 

いきなり松田優作モードになった僕がいた。

 

 

そこで、一日頭を冷やし友人には突然の電話することにした。

振り返れば丸45年くらいのご無沙汰である。

 

良く覚えてくれたもんだ。

中学時代に机を並べ、お互いに女の子に興味を持つ年頃だったが
彼は勉強一筋、僕は遊び中心だったが成績は僕のほうが良かった。

 

以後お互いの進路は違ったが最後に会ったのが僕の水商売時代の
北九州・小倉、クラブ九州の駆け出しの黒服の頃。

 

初めての同棲生活を自慢したかったのか、税務大学校に
進学して夏休みで帰省中の彼を小倉に呼び一緒に酒を飲んだ。

そして、彼女を紹介したりもした。

 

その後、僕は青雲の志のもと「銀座」を目指した。

それからが音信不通状態に入るのである。

彼の消息は気になったので、大蔵省職員録を図書館でチェック
したりをしていたから、税務署長になったのは知っていた。

 

松江署長から広島・廿日市署長までは追跡していたが、
ふっと今年に入り思い出した時には、定年過ぎ?

 

慌ててググると広島で税理士事務所をやっているようだ。

 

この4月に電話してみると外出中と奥さんが出た。
昔馴染みの友人であることだけを伝えておいた。

 

 

そして、手紙を書いてみる。

 

 

これからが、本番だ。

電話をしたがまた外出中だと言うので、こちらの番号を伝え
折り返しをお願いする。

 

すると、掛かってきた。

声は、若い、昔と同じような感覚が蘇る。

 

長年のご無沙汰を詫び、近況報告をする。

もっぱら彼は聞き役に徹してくれる。

 

いつもの僕と立場が逆転しているようなことになる。

が、まあいいかと適度にその後を話す。

 

そして、本題の税理士の話となる。

僕がこれからやる事業でどうしても気心の知れた人が欲しい。
だから君に電話したと正直にストレートで話す。

予想外の答えは、顧客が一人もいないので仕事はしたくない。

税理士の看板は出していても休眠状態だし、やりたくないと。

 

近い将来に無くなる仕事に「弁護士」さんや「税理士」さんたち、
士業の先生も言われるようになってきているが、彼は別格。

 

自分から望んでやりたくないと。

 

仕事が無くなるとか、顧客がいないとか、集客できないとかの
そんな低次元の話をする訳では無く、やらないと言う。

 

翻って、彼のこれまでの人生を勝手に想像してみた。

税務大学校を卒業して中国管区で、一大蔵省職員として働き出した。

所詮ノンキャリアの扱いだから、精々末は署長止まり。

以後は税理士稼業というのが最初に敷かれたレールだったのだ。

 

その途中で、お見合い結婚でもして普通に子供を授かり成長させ、
その子らも独立して離れていき、今は奥さんと二人暮らし。

 

この30数年間の給料と退職金、老後は安泰の「年金」がある。

マンションと言えども家賃は掛からない、夫婦2人での年金暮らし。

 

まだ年金がきちんと貰える時代に生きている、それも大蔵省職員。
貰えないほうがおかしいほどの金額は得ているはずだ。

 

何を煩わしく人の面倒を見る必要があるのか?

人と接することさえ煩わしくなっているかも知れない。

 

因みにインターネットやってるか?

メールは?

 

全然、反応なし、何も出来ないというかやっていない。

 

ついこの前にやはり同級生と繋がり、彼とはLINEをした。
まだこの友人のほうがマシだった。

 

僕の想像では、インターネットくらいは当たり前にしてる。

顧客との対応もメールでやっていると勝手思ってた。

 

だから助平根性を出して、ホームページでも作ろうよと
見込客扱いをしていたのだ。

 

ホームページを作り、集客コンサルを別枠で二度美味しい。

 

それが、『何これ?』

 

言葉こそ優しいが、サングラスを外した松田優作ではないか。

 

 

「お前が何をしようが、役に立てない。」

 

糖尿気味なので、ウォーキングするのが楽しみだそうだ。

 

 

悲しいね、本当にオジサンは悲しい。

儚さを覚えた。

 

 

人には色々な人生がある。

島倉千代子が歌ったように『人生いろいろ』

 

 

僕には【夢】しかない。

この夢には、普通の人の人生は微塵も入っていない。

 

若い頃の水商売時代から、世の中のというか人の裏表を観察し、
表裏一体が人であることは分かっている。

 

お客様だった元総理大臣だって裏表があった。

上場企業の社長さんだってそうだ。

一流と言われる芸能人だってそうだ。

アイドルなんて、その代表選手だ。

 

みんな、夢を売るのが商売だ。

 

みんな表裏一体あるから、面白いのだ。

 

 

夢には表裏一体が無いことを願う。

 

 

 

 

ファンクラブ運営コンサルタント@福だるまでした。

「夢を見ることができれば、夢は叶う」とW・ディズニーは言ったが…2017.4.1

「夢を見ることができれば、夢は叶う」とW・ディズニーは言ったが…2017.4.1

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

「夢を見ることができれば、夢は叶う」とW・ディズニーは言ったが…、僕のお師匠さんの吉田松陰先生は、

夢なき者に理想なし

理想なき者に計画なし

計画なき者に実行なし

実行なき者に成功なし

故に、夢なき者に成功なし

と、今時のアフィリエイトの未熟な先生たちのように何でも「行動」という前に、最初に「夢」が一番大事であることをディズニーさんが生まれる前から同様に教えてくれています。

 

昨日で退社したので今日からは自由人、目覚まし時計に縛られない自分の時間で仕事や生活をします。

そのためには、夢というか「目標」を紙に書き、それを毎日音読しながら潜在意識を目覚めさせることから始める。

そして、時間の有効活用を意識しての毎日の時間割というかやるべきことの時間配分をしてみた。

計画は、ここ数ヶ月かけて日々進化させてきているので、後は行動あるのみでワクワクしてる。

 

今日は4月1日、朝一番のLINEで仲間であり弟分の良ちゃんから「年度始め」の挨拶がきたので、月が替わればツキが変わるからお互いに楽しくやりましょうと返信した。

着なくなった制服を洗濯しようと思い立つが、洗剤が無い。

仕方なく雨の中を出かけることにするが、伊勢佐木町まで行くので
気分転換に冬の間伸ばし続けた髪を切ることにする。

 

早速、google先生に教えてもらう。

「QBハウス 店舗」で検索をかけると、横浜市営地下鉄「関内駅」の前にある。

関内駅も桜木町よりで石川町よりではなく、尾上町となっていた。

お店に入り、「QBCARD」を店員さんに見せるも今日は土曜日だから1080円ですよと言われて、この80円の無駄な出費に悩む。

が、折角の思い立ったが吉日の断髪式?

しぶしぶ1000円札と100円硬貨をカード発行機に入れる、20円のおつりは当然取り出す。

3席あるけど、3人のお客さんが使用中だったが一人が終われば僕の番。

「今日はどの様になさいますか?」

『3mmのバリカンで借り上げ、頭頂部10mmくらい残してスポーツ刈りでお願いします』

「かしこまりました」と復唱してやってくれる。

それこそ、ものの10分で出来上がりだ。

いい仕事をしてくれます、QBハウスさん。

 

 

僕は、QBハウスさんの新店舗やリフォームの仕事をさせていただいてたことがある。

港区南青山2丁目にある会社のダミー社長として数年間お世話になっていたから、その恩返しとしてずっと散髪はQBハウス。

毎月3~4箇所の内装工事の仕事を貰っていたので、そこそこの売上はあった。

大政奉還して義理のある社長に戻したが、未だに健在のはずだ。

そう言えば、暫く連絡をしていないけど気が向いた時にでもしてみよう、僕が金食い虫のように思われている唯一のスポンサーだった人だから、絶対に恩義は忘れない。

 

 

QBハウスをあとにして向かった先は伊勢佐木町商店街、ぷらりぷらりと「イセブラ」をしながら、福富町にも足を伸ばす。

 

何気に気になっていた「クライスラー」という老舗のバーがまだあった、ありがたいことですね、暇を見て来よう。

まだお店をやっていた30歳の頃に付き合っていた女性と思い出のところ、ジュークボックスにマリリン・モンローの「帰らざる河」をみつけ、何度も何度も掛けて彼女に無理やり付き合わせたっけ。

あのジュークボックスは、どうなったかなあ?
結構な年代物だったからね、無事だったら感激の余り涙涙かも。

 

 

で、ドンキホーテ伊勢佐木町店に行き生活物資の買いだめ。
「majica」カードを購入して、使ってみた。

部屋に帰り、スマホでカード情報と個人情報を登録。

ホリエモンが言ってたけど、電子カードの普及が日本は遅れてるらしいよね。

僕は、SUICAやpasmoしか使ったことが無かったので良く分からないけど「majica」は何となく好感が持てた。

 

一円玉の端数をおまけしてくれるサービスは、僕好みだ。
年中無休でのおまけだから尚更嬉しいよね。

毎日お買い得商品情報がアップされているらしい。

今後は、毎月一定額を入金して会員ランクを上げてみますかね。

 

 

QBハウスにゃ悪いけど、こっちの勝ち!!!

会員の囲みこみをしたいのなら、もっと斬新なことを考えなくっちゃね、QB[ハウスさん。

シニアの消費税分を割引だけじゃね、それも土日使えないなんて。

 

会員制ビジネス構築コンサルタントとして、もっと辛らつなことも書きたいけど止めときます、昔世話になった小西さんだから。

 

 

 

先月末は、WiFiの使い過ぎで7GBの定量オーバーになりインターネットがPCで使えなくなった。

言い訳だけど、ブログの更新もできなかった。

 

追加課金は絶対に嫌だ。

日記もメモ帳に何記事か書いたが、全て没にした。

 

4月は、少し考え方を変えてYモバイルのルーターと2つのスマホの容量GBを意識しながら、毎日必ず書くことにした。

折角の月が替わったのだから、毎朝の習慣にしてみますかね。

 

何て健気なことを書いてるけど、時間配分をした時には朝一番のやるべきことになっている(笑)。

 

 

じゃあ、またね。

今夜は、イイ「夢」を見てね。

いつも、読んでくれてありがとう。

 

 

ごめんなさいね、昨晩書いた記事でした。

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。