会社売買やM&Aについて、久しぶりでやる気になった。

会社売買やM&Aについて、久しぶりでやる気になった。

こんばんは、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまです。

 

昨夜22時から1時30分過ぎまで3時間半以上も弟子と色々なことを話していて、自分の愚かさに呆れてしまった。
特に自分だけが持っているビジネスの「引き出し」についてだ。

ここ数年、全然このの引き出しから何も引き出していない。

昨夜も、香港法人「JAM-INVESTMENT.CO,LTD」とBVI法人「J-PARTNER.CO,LTD」を何故作ったのかとか、共にHSBC香港に法人口座を持っていたとかの話をしていた。
僕にとっては常識の節税対策なのだが、サラリーマン経験しかない彼には???の世界の話だった。

僕に興味を持ってくれているのは良く分かる、このブログも隅から隅までチェックしたようなことも言っていた。

が、引き出しの扉の話はしても中のことは殆ど話していない。

それは、目線の違いを意識しすぎてついてこれないと勝手に解釈していたのかもしれない。

だが本当にそんなことで良いのだろうか?

ちょっとは踏み込んだ深い話も必要じゃないかと気づかされた。

 
この2つの海外法人は、最初に香港法人を作り1年後にBVI法人を作ったのだが、その頃やっていた仕事がFX自動売買ソフトの開発と販売にファンド関連だった。
FXソフトは海外のFX会社の口座開設もセットにして売っていたから、
当然のようにこのFX会社からキックバックが来る。
そのお金を何処で受け取るのか?

日本の法人じゃ面白くない。
だったら香港法人にしてよ、とばかりに作ったのだ。

グループ会社には、香港法人とマレーシアのラブアンにも法人があったが、僕の関連は僕の口座へと振り込ませるのが当然だとの理由であった。

 

 
そして、BVIはファンドでお世話になっていた日本の法人の社長がBVI法人も持っていたので、お互いに使い勝手を考えようよとの話で。

 
この2つの法人の使い方に面白みがあることは実証済みです。

 

 

少しばかし小金持ちになってくると節税対策は絶対に必要となる。

が、僕は小金持ちになる前から準備をしておく必要があると考えていたので、バブル期前の1987年にカリブ海まで飛んで「タックスヘイブン」の研究もしてきたくらいだ。

 

当時は、教材屋の時代だったが、ボスは当たり前のように「キュラソー」にペーパーカンパニーを持っていた。

使い勝手は分かっていなかったようだが、米国本社のボスに勧められて無理強いされたようでもあった。

この教材屋のグループのタックスヘイブン活用法が、僕の原点にある、GoogleだってAppleだって使っている活用法だ。
30年以上も前のことだが、立派な引き出しだから今風にアレンジするだけで風化することは無い。

 

 

 

リーマンショック後に外資系の面白いファンドを勧められたことがあるが、ここでは最初から「ルクセンブルグ」に法人を設立してからその法人の口座に入金したあとで、ファンドを購入するようにと。
これだって立派な海外節税スキームだったのだ。

このスキームを教えてくれたのは、スタンフォード大学MBAの博士号を持っている友人だ。
受け入れる会社が日本には無くて、香港が極東支社だが面白いことに香港に法人を作れとか口座を作れと言わずに、ルクセンブルグ。

 

 

金融の世界は、日本はまだ鎖国?

 
米国に対して堂々とポチ宣言をした小泉純一郎の頃から少しずつ変わってきているようだけど相変わらずのところもある。
今のポンポン痛いって勝手に辞めて復活した安倍のおぼっちゃまなんて、小泉以下だから何一つ分かっていないからね。

 

 
やっぱり横浜にいちゃいけないような気もしてくる。

自分が引き出しを引っ張り出して何か仕掛けようとすると結構なところで妨害もされそう。

 

だからこそ、こっそりと目立たないようにしなければならない。

 

なのでその景気づけに会社売買やM&Aを裏方に徹して仕掛けようかと思い立ち、昔馴染みの友人たちにこっそりと相談をした。

結論は、「大いにやんなよ」という意見が多かったからやる。

賛成が少なくても、やる気だったけどね。

 

 

だって、海外法人を絡めての会社売買やM&Aを教えている人は少数だと思うから、僕がやる意味がある。
遊ばせている「jam-investment.com」が活きてくるから。

今は手放した海外法人でも、また香港の友人に頼めばいつだってできるんだから。

 

 
一度経験したことが、一つのノウハウとして蓄積されればそれを教えるだけでコンサルタントはできる。
このコンサルタントも会員制倶楽部で「オフショア倶楽部」とすることにしました。

そのうちにサイトも作成していきます。

 

 

 

が、先立つものは「情報」だから会社売買とM&Aについての情報は積極的に集めることにしました。
この記事を読まれた方も事業承継や相続でお困りでしたら、是非とも情報を提供してくださいね。

 

 
あなたの夢を叶えるのが僕の仕事でもありますから。

 

 

 

じゃあ、またね。

 

 

 

 

 

 

会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまでした。

ハッピーリタイアメントの夢が壊れたので、仕事に熱中し節税対策をする。

ハッピーリタイアメントの夢が壊れたので、仕事に熱中し節税対策をする。

アメブロ「ハピリタ実践中@夢無限大の福だるま」のヘッダーに書いた
お金の健康!
体の健康!
心の健康!

ピンピンころりのハピリタ人生!!

このハピリタ感が大きく崩れました。

お金の健康は大失敗、大失態した。
体の健康は唯一問題なし。
心の健康は離婚で心が折れています。
僕なりのハピリタの概念の一つに「しあわせな家庭」がありました。

昨年の「熟年離婚」で、ものの見事に崩壊。

教材屋時代に習ったことですが、アメリカの政界で有名なことわざがあります。

ホワイトハウス(政治)での成功は
ハウス(家庭)での成功には及ばない。

というのですが、ホワイトハウスという政界での成功よりも
家庭(ハウス)での成功の方が大切ということですね。

いくら仕事ができて年収が高くても家庭内がぐちゃぐちゃであれば、 決して幸せだとは言えないでしょう?
そうならない為に教材屋時代は、接待とかでどんなに遅くなっても必ず家族が住む横浜の家に帰っていました。

スカウトされた時の入社条件の一つが、「子供が小さいので必ず家に帰る」
都内でパーティーやコンテストを行い、幹部社員には会社が会場となるシティホテルに部屋を取ってくれても、僕だけはタクシーで横浜に帰っていました。

部屋の鍵は部下に使わせて。

普段の仕事人間としての日常でもタクシー代は、サラリーマンの初任給くらいを会社経費として認めていましたが、結構無駄使いをさせていてくれたものです。
ある時に社長が、平日は「西麻布に2LDKのマンションが空いたから住んでくれ」と言ってきましたが約束は頑なに守っていただいていました。

こっそり借りてた家賃18万円くらいの秘密の部屋だったようですが、他の社員とのバランスを考えると特別扱いには出来なかったのでしょうね。
あと入場券で新幹線に飛び乗り、社内精算でグリーン車に乗るとかも急な出張時にはよくありました。
何が言いたいのかというと、失った家庭のことは別にして会社は「経費」が使えるということ。
それこそプライベートジェットであろうが、豪華クルーザーであろうが、別荘や自家用車などの高額物件であっても会社が儲かっていれば税務対策になりますよ。

外資系ブックの世界の教材屋でしたが、創業者がアメリカのユダヤ人。

それはそれは税務対策に長けていました、CFOがしっかりしていたんでしょうね。
タックスヘイブンの使い方が半端じゃなく上手かったですね。

アメリカ合衆国・ジョージア州アトランタに本社を置き「管理」、

教材の生産は、オランダ領アンチレス諸島キュラソー。

それも「フリーゾーン」という租税回避ができるエリアに工場ですよ。

出来上がった「商品」は、「フリーポート」から日本に向けて出荷されます。

キュラソーに「オフショア・カンパニー」を設立し、輸出をさせます。

日本には、「輸入会社」と「販売会社」。

それも販売商品ごとに会社を仕分けしてですよ。

僕の所属は何社かある販売会社の日本法人の代表でした。
この仕組みを1987年にキュラソーまで確認に行きましたからね(笑)
最初から、グローバル企業としての仕組み化が出来上がっています。
スティーブ・ジョブス「Apple」やラリー・エリソン「Oracle Corporation」なども、草創期からタックスヘイブンを活用したことでグローバル企業になっています。
最近の日本で「資産フライト」などが話題になったりしていますが、殆どが個人資産を海外に移すだけという稚拙な節税対策が一般的です。
上場企業の創業者や経営者をみても、後手後手の資産管理しか出来ていません。

「ユニクロ」の柳井社長がオランダで資産管理会社とか、思わず笑えました。

「五菱会」の香港法人・スイスプライベートバンクと同様な面白さでした。

アフィリエイトで成功した俄か成金が、シンガポールとか香港に移住するのがブームのようですが本当に笑っちゃう話ですよ。

与沢翼なんか前の女にやらせてたダミー会社が税金が払えなくて潰したんですから、所詮最初から笑い話にすぎません。今はシンガポール在住だってさ。
日本の国税局は甘くないので、俄か成金の馬鹿な連中がやってることぐらい簡単に捕捉しています。
税金の世界の本当に経験知を持つ方は、脱税でパクられた人くらいでしょうからね。それもパクられるくらいだから大した知識がなかったかな。

また情報が表に出てこないのが当たり前なんですよ。
僕自身もFXビジネスが上手くいきそうだった時に「香港法人」と「BVI法人」の2社を設立し、海外のFX会社からのキックバックをこれらの2法人に振り込ませることを考えていました。

今も謄本は記念に取ってあるし、HSBCのカンパニーカードも2枚取ってある。

が、笑い話にしてしまいました。
「香港法人」が「福の神有限公司」なんて本当に笑えますよね。当時は福の神を名乗っていた頃だったので有頂天でしたけど。

ここら辺の話は、沢山あるので少しずつ書いていきます。
というか、会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるまがこれから募集する【ママの倶楽部】の会員さんだけにこっそり教えていくことにします。
飲み屋のママさんは「金持ち父さん」にはなれないけど「真の投資家・金持ちママさん」になって貰うのが僕のミッションとして作り上げるコミュニティですから。
「金持ち父さん」は単なるベストセラー、ネーミングが斬新だったからに過ぎません。

著者は本当の「投資家」ではありません、タックスヘイブンや租税回避など税に関する知識を教えてくれませんから。
そんな訳で「ハピリタ実践中@夢無限大の福だるま」が「会員制ビジネス構築コンサルタント@福だるま」に脱皮することをお知らせします。

ありがとうございました。